Create issue ticket

考えれる2,672県の原因 ct

結果を表示する: English

  • 低血糖症

    上記の処置を行っても回復せず、副腎不全や脳浮腫が疑われる場合は頭部CTスキャンをとり、以下の処置を行う。ヒドロコルチゾンを100 250mg静注またはデキサメタゾン10mg静注および20%マンニトール200ml点滴静注する。[ja.wikipedia.org] 意識障害患者には、血糖を確認することなく時間のかかるCT検査などをすることは禁忌である。つまり意識障害の原因が低血糖ではないことを先に除外することが基本とされている。 胃切除後、ダンピング症候群などでみられる。[ja.wikipedia.org]

  • イレウス

    基本的にX線やCTといった画像検査を第一に行う。 X線 腸管のガスの貯留、鏡面像(air-fluid level, niveau;二ボー)の形成(基本的には立位で撮影する。無理な場合はfree airをみるため、左側臥位)。小腸のケルクリング皺襞。 CT 副作用に問題無ければ造影CT検査が原則行われる。[ja.wikipedia.org] 男性.潰瘍性大腸炎(UC)に対して5-アミノサリチル酸製剤,プレドニゾロン,白血球除去療法,アザチオプリンにて治療するも寛解導入できず,当院を紹介され入院となった.Rachmilewits Clinical Activety Indexは9点であり,重症度は中等症であった.タクロリムス(Tac)を導入するも,数日後に心窩部痛が出現.腹部造影CT[doi.org] 造影CTは両者の鑑別に有用であり,イレウスの原因疾患が示唆されることがある。 治療 イレウスの治療として,持続的経鼻胃管吸引,絶食状態,輸液および電解質の静脈内投与,必要最小限の鎮静薬投与,オピオイドおよび抗コリン薬の回避を行う。十分な血清カリウム値(4mEq/L超[4mmol/L超 ])の維持は特に重要である。[msdmanuals.com]

  • 頸動脈狭窄症

    神経症状や意識障害が重篤であること、すでにCT/MRI上で大きな梗塞巣が出現していること、虚血部に出血性病変があること、全身麻酔上、手術に不向きである(全米麻酔分類gradeⅤ)か80歳以上の高齢であることなどである。[ja.wikipedia.org] […] perfusion CTによる血流評価もおこわなわれる。 動脈硬化の進展には炎症反応が大きく寄与していることに注目し、FDG-PETを用いて炎症細胞の集積を評価しよりactiveなプラークを検出することが可能となった。 SPECT検査はアテローム血栓性脳梗塞における血行力学的脳虚血の重症度を評価することができる。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸炎

    近年ではCTによる仮想内視鏡も普及しつつある。 悪性腫瘍を疑う場合には基本的に造影CTを行う。特に肝臓癌では早期相・遅延相と各時相での撮影を行う。 以前は三次元再構成ができず、平面的にしか画像診断ができなかった。[ja.wikipedia.org] CT同様、消化管を除く消化器ではしばしば施行される。 肝臓癌ではGd-EOB-DTPA-MRIによる造影MRIが現在主流となりつつある。 X線膵管・胆管造影の代わりに、MRCPが検査に用いられることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 副鼻腔炎

    CT写真の白い部分は骨、黒い部分は空気です。 手術の前は鼻と副鼻腔に灰色の部分(鼻水、はれた粘膜、鼻茸)がつまっていましたが、手術をおこなった後、きれいになりました。 当院では年間80名程度の患者さんがこの手術を受けています。[hokuto7.or.jp] 画像診断には単純レントゲンやCTスキャンなどを用いますが、病変の部位、程度、骨構造を的確に診断するにはCTスキャンが最適と思われます。CTにて副鼻腔や固有鼻腔に高度の粘膜肥厚が認められた時には副鼻腔炎の可能性が高くなります。当センターでは3次元撮影も可能なCTを備えており受診当日にCTの撮影、診断ができます。[iwano-jibika.or.jp] 副鼻腔炎の診断 鼻の中を診察し、副鼻腔のレントゲン CT MRIなどで診断します。過去に撮影した脳のCTやMRIがあれば参考にさせていただきます。 副鼻腔炎の治療 副鼻腔炎の多くは薬と処置で改善しますが、長期化したり反復する場合手術を行います。 副鼻腔真菌症は有効な薬がありませんので、手術が必要です。[gifu-med.jrc.or.jp]

  • メタボリックシンドローム

    内臓脂肪面積の臨床的有用性が確立していないにもかかわらず、メタボリック症候群診断基準検討委員会が、CT等による内臓脂肪面積の測定を研究目的以外で奨励したことは倫理的に問題と考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • 頭部外傷

    CT検査が必要と判断する基準については、欧米ではいくつか提唱されています(図)。 しかし、このような基準を用いても頭蓋骨や脳の損傷は完全に否定できませんし、また、初回のCTで異常がなくても、その後に出血が起こることもありえます。 ですから、CT検査を受ける、受けないにかかわらず、お子さんをしっかり経過観察することが重要です。[saiseikai-toyama.jp] 有名なものは、NICEガイドラインや、カナダ頭部CTルール、ニューオリンズ基準などです。[kachigawanouge.com] 急性硬膜外血腫の画像 CT画像1[kantounouge.com]

  • 胆石症

    診断 体に負担のかからない検査として、エコー検査やCT検査、MRI検査が有用です。他の画像診断で疑わしい場合、直接造影剤を注入し行なう内視鏡的膵胆道造影(ERCP)も有用です。 治療 胆管結石は胆管炎や膵炎、黄疸、肝障害などを起こすことがあり、なかには命にかかわることもあるので早急な治療を要します。[murayama-hosp.jp] これらの治療法は結石の種類、大きさ、数および胆嚢機能などにより適・不適があり、超音波検査、CT検査、MRCP、胆嚢造影検査を行い、どの胆石であるかをよく調べて治療方針をたてることが必要です。[ims-itabashi.jp] その他、レントゲン検査、採血検査、CTスキャンなどの検査が行われる場合があります。 胆石症の治療は? 胆石発生の原因となる胆のうを切り取ってしまう手術、「胆のう摘出術」が治療法です。当科では患者さんへの負担が少ない腹腔鏡手術を行っています。現在ではキズがひとつだけの単孔式手術にも取り組んでいます。[osakacity-hp.or.jp]

  • 胆石疝痛

    実際には、他の疾患のためエコーやCT、MRIなどの検査をされ、偶然発見された胆石は17年間のフォローアップ中、その8%にしか胆石関連疾患(胆のう炎や胆石嵌頓)を生じなかった。 胆石のできる場所によって正式には以下の通り称される。[ja.wikipedia.org] 胆石は腹部超音波検査(腹部エコー)やコンピューター断層撮影(CT)で診断される。 一般的な治療として、絶食や点滴で炎症を抑えてから胆石に対する治療を行なう事がほとんどである。胆石の種類によっては薬で溶かしたり、手術以外に対外衝撃波結石破砕療法といって衝撃波を結石に当てて砕いてしまう方法がある。[ja.wikipedia.org] コンピュータ断層撮影(CT)胆管・胆嚢の結石の有無を構造的に描出する。微小の結石に関しては診断困難なこともある。核磁気共鳴画像法(MRI)・MRCP胆嚢・胆管結石の有無を3D立体構築画像として診断できる検査として汎用されている。内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)主に胆石の治療において行われる検査・処置。[ja.wikipedia.org]

  • 膵炎

    腹部CT マクロアミラーゼ血症 アミラーゼが複合体を形成し、腎臓から排出されなくなるため血中アミラーゼ値が高くなることが知られている。臨床症状は存在しない。尿中アミラーゼは低く、アミラーゼクリアランス/クレアチニンクリアランスは1%未満となる。 消化器学 日本膵臓学会 膵炎の基礎知識 メルクマニュアル 家庭版[ja.wikipedia.org]

さらなる症状