Create issue ticket

考えれる3県の原因 csf3r

結果を表示する: English

  • ロザイ・ドルフマン病

    幾つかの実施態様では、本発明は、個体におけるIL 4のCSFへの結合及びCSF 1のCSFへの結合を阻害する方法であって、個体へと、有効量の二重特異性抗IL 4/CSF 1抗体を投与して、IL 4のCSFへの結合及びCSF 1のCSFへの結合を阻害することを含む方法における使用のための二重特異性抗IL 4/CSF[ipforce.jp] 幾つかの実施態様では、本発明は、個体におけるIL 4のCSFへの結合及びCSF 1のCSFへの結合を阻害する方法であって、個体へと、有効量の抗IL 4抗体を、抗CSF 1抗体と共に投与して、IL 4のCSFへの結合及びCSF 1のCSFへの結合を阻害することを含む方法における使用のための抗IL 4抗体及び抗CSF[ipforce.jp] 幾つかの実施態様では、本発明は、個体におけるIL 4のCSFへの結合を阻害する方法であって、有効量の抗IL 4抗体又は抗CSF抗体を個体へと投与して、IL 4のCSFへの結合を阻害することを含む方法における使用のための抗IL 4抗体又は抗CSF抗体を提供する。[ipforce.jp]

  • リー・フラウメニ症候群

    (IL-1F3)、腫瘍壊死因子α(TNF-α)、トランスフォーミング増殖因子β(TGF-β)、コロニー刺激因子(CSF)、例えば顆粒球(G)-CSFもしくは顆粒球マクロファージ(GM)-CSF、補体成分5a(C5a)、Groα(CXCL1)、sICAM-1(CD54)、IP-10(CXCL10)、I-TAC(CXCL11)、MCP-1(CCL2[biosciencedbc.jp] インターフェロン(IFN)は特に有用な免疫エフェクター分子であるが、それ以外にも、特に有用な免疫エフェクター分子、例えばインターロイキン(IL)、例えばIL-2、IL-4、IL-6、IL-6(CXCL8)、IL-10、IL-12、IL-13、IL-16(LCF)もしくはIL-17、IL-1α(IL-1F1)、IL-1β(IL-1F2)、IL-1rα[biosciencedbc.jp]

  • タウオパチー

    CSF 総タウおよびCSF ホスホタウ(181)には、AD群( 0.9、p 0.0001)および対照群(r 0.72、p 0.01)で正の相関関係がある(図10)。[biosciencedbc.jp] CTによって測定した限りでの梗塞の大きさと、CSF 総タウの最高レベルとの間には、正の相関関係があった( 0.72;p 0.01)が、CSF ホスホタウ(181)との相関は、有意ではなかった( 0.49)。[biosciencedbc.jp] 卒中群では、この相関関係は、0〜1日(r 0.63、p 0.001)および3ヶ月後(r 0.80)の方が、2〜3日( 0.54)、7〜9日( 0.58)、特に週間後( 0.15)より強かった。[biosciencedbc.jp]

さらなる症状