Create issue ticket

考えれる756県の原因 csf

結果を表示する: English

  • 大腸菌

    他にも、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)や組織プラスミノーゲン活性化因子(t-PA)などの生産も、同様の方法で行われている。大腸菌に感光性を与えて撮像素子として利用できる研究も実施される。 腸内に生息する菌であることから、この菌の存在は糞便による水の汚染を示唆し、河川、湖、海水浴場などの環境水の汚れの程度の指標として用いられる。[ja.wikipedia.org]

  • 肺胞蛋白症

    一方,ヒトでは当時は原因不明であった特発性肺胞蛋白症患者の気管支肺胞の洗浄液からGM-CSFの生物活性を阻害する抗GM-CSF抗体が99年に発見され 1) ,現在では「自己免疫性肺胞蛋白症」と分類され,血清抗GM-CSF抗体測定が診断に有用である。[jmedj.co.jp] GM-CSF 受容体β鎖のノックアウトマウスはヒトの GM-CSF 受容体α鎖あるいは GM-CSF 受容体β鎖の遺伝子変異を原因とする遺伝性肺胞蛋白症のすぐれたモデルである.[first.lifesciencedb.jp] GM-CSFやその受容体のノックアウトマウスがPAPと類似の病態をきたすことやGM-CSFの受容体を欠く先天性のPAPの存在が報告され、また中田らはIPAP患者の肺胞洗浄液および血清中にGM-CSF中和自己抗体を発見し、その抗体は疾患特異性が極めて高く、さらにGM-CSF大量皮下投与による改善例で自己抗体価が低下することを確認している。[yamaguchi-hosp.jp]

  • 白血球減少症

    G-CSF製剤(顆粒球コロニー刺激因子:グラン、ノイトロジン)やM-CSF製剤(ロイコプロール)は、ほとんどの種類の化学療法で一般的に使用されています。(Marilyn,J.D.,1998/大西和子,1998) 以下にあげたことが感染を防いだり、早期発見に役立つでしょう。[coe-cnas.jp] ・抗体複合体が好中球を障害する.③ハプテン機序:薬剤が好中球に共有結合で強固に結合し,抗体が薬剤に結合する際に好中球を障害する.ペニシリンやセフェム系抗生物質による無顆粒球症はこのタイプの機序で発症することが知られている. 2)先天性好中球減少症: a)Kostmann症候群:遺伝形式は常染色体劣性遺伝であり,顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF[kotobank.jp] ピペラシリン)または第3世代セフェム系抗生物質を用いる.⑤非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)投与は極力控える.⑥抗菌薬は培養結果で調節する.3 4日しても解熱しない場合は,注意深く再評価する.感染の潜在部位(副鼻腔,口腔内,歯肉,肛門周囲,体腔内など)を評価し,各種培養を繰り返す.これらをもとに抗菌薬の変更,抗真菌薬の投与を検討する.また,G-CSF[kotobank.jp]

  • 原発性免疫不全症

    治療としては,免疫グロブリン定期補充療法,G—CSF定期投与,IFN—γ投与,感染症に対する予防的抗微生物薬(抗菌薬,抗ウイルス薬,抗真菌薬など)投与,造血細胞移植,遺伝子治療などがあり,診断後速やかに開始する必要がある疾患もある.また,感染症発症時は通常とは異なる抗微生物薬の投与法も考えなければならない.易感染性以外に免疫調節障害を起こすこともあり[shindan.co.jp] 、 WAS 、 G6PC3 が挙げられる ・好中球エラスターゼをコードする ELANE 遺伝子の変異が約60% ・その他に、 HAX1 遺伝子や GFI1 遺伝子、G CSF受容体である CSF3R 遺伝子の変異、Wiskott-Aldrich Syndrome protein(WAS)の恒常活性型変異、先天性心疾患、静脈拡張、泌尿生殖器異常[nanbyou.or.jp] 好中球減少に対してはG-CSF製剤投与が有効である。 アデノシンデアミナーゼ(ADA)欠損症では欠損酵素の補充療法が有用なことがある。また患者リンパ球に レトロウイルスを使って正常なADA遺伝子を導入し、生体内に戻す遺伝子治療もADA欠損症に対して行われ一部では成功している。[pidj.rcai.riken.jp]

  • 先天性好中球減少症

    合併症 G-CSFを使用する症例では投与後10年くらいで約13%の症例でMDS/AMLへの進展がみられる。 特にG-CSF投与量が8 mg/kg以上の場合には約40%の症例がMDS/AMLを発症しており,投与量と発症との関係が明らかにされつつある。 6.[nanbyou.or.jp] 大多数の患者で、 CSF3R (G-CSF受容体遺伝子)の後天的変異のような悪性進行で見られる分子異常や、それに続く他の白血病関連遺伝子( RUNX1 など)の変異が認められている。診断は、臨床症状、血中好中球数、骨髄検査、遺伝子検査、および免疫学的検査に基づいて行われる。[natureasia.com] 抗菌薬等で感染症のコントロールが困難な場合や、慢性歯肉炎が悪化する症例ではG-CSFを使用して好中球数を維持する必要がある。G-CSF投与は他の疾患で使用される投与量より高用量となるので、2-5 µg/Kgから開始し、末梢血所見や臨床症状を考慮しながら増量していく。[emeneki.com]

  • 再生不良性貧血

    最近では、抗生物質、G-CSF、血小板輸血などの支持療法が発達し、免疫抑制療法や骨髄移植が発症後早期に行われるようになったため、約7割が輸血不要となるまで改善し、9割の患者が長期生存するようになっている。ただし、来院時から好中球数がゼロに近く、G-CSF投与後も好中球が増加しない例の予後は依然として不良である。[nanbyou.or.jp] ただし、好中球が0に近く、G-CSF投与後も好中球が改善しない例は予後不良である。 免疫抑制療法によって改善した例でも、約15%が骨髄異形成症候群、その一部は急性骨髄性白血病に移行し、約30%が発作性夜間ヘモグロビン尿症に移行する。[ja.wikipedia.org] 本邦においては2007年に特発性造血障害に関 する調査班が中心になって行われた成人重症再生良性貧血に対する抗ヒト胸腺細胞免 疫グロブリンとシクロスポリン療法におけるG-CSFの多施設無作為比較試験の結果で は、 (1)G-CSF投与群と非投与群の間では4年生存率、治療開始後12週間の感染症の 併発率、骨髄異形成症候群あるいは急性白血病への移行[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 骨髄異形成

    5番染色体長腕の欠損をともなうMDSにおいてCSF1Rは欠失しますので、長腕のCSF1Rに特異的なプローブ(緑)および第5染色体短腕に対するプローブ(橙)を使用します(A)。正常な細胞では染色体と遺伝子の2色がそれぞれ2個ずつ観察されますが(B)、長腕欠失が起きていると緑色のシグナルの個数の減少が観察されます(C)。[cosmobio.co.jp] 3) サイトカイン療法 好中球を増加するG-CSF製剤や赤血球を増やすエリスロポエチン(EPO)製剤の使用で造血回復が期待できます。但し、治療効果は一過性のことが多く、好中球減少期の感染症治癒を図る目的にてG-CSF製剤を使用することが実際に使用される場合の目的となることがほとんどです。[harasanshin.or.jp] 現在、JALSG MDS206GではMDS症例に対して化学療法(イダマイシン・Ara-C)にG- CSFを加えた多剤併用化学療法の研究を行っております。G-CSF単独では前述したよ うにMDSに伴う好中球減少に対しては有効ですが、長期的効果はないことが報告されて います。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 特発性好中球減少症

    治療導入,良好な反応を認めた.以後外来にてG-CSF治療としたが通院は不規則で,26歳時に経済的理由によりG-CSF治療は中止となった.以後は発熱時に受診し,抗生剤とG-CSFを一時的に投与する治療を継続していた.[jsog-k.jp] 好中球減少に対する薬剤として、ヒト顆粒球コロニー形成刺激因子(granulocyte colony stimulating factor: G-CSF)がある。G-CSFは、G-CSF受容体をもつ顆粒球系前駆細胞に作用し、分化・増殖を促進する[ 4 ]。また、血管内皮に接着している顆粒球を放出させる作用もある。[medical.nikkeibp.co.jp] 抗菌薬等で感染症のコントロールが困難な場合や、慢性歯肉炎が悪化する症例ではG-CSFを使用して好中球数を維持する必要がある。G-CSF投与は他の疾患で使用される投与量より高用量となるので、2-5 µg/Kgから開始し、末梢血所見や臨床症状を考慮しながら増量していく。[emeneki.com]

  • 骨髄異形成症候群

    5番染色体長腕の欠損をともなうMDSにおいてCSF1Rは欠失しますので、長腕のCSF1Rに特異的なプローブ(緑)および第5染色体短腕に対するプローブ(橙)を使用します(A)。正常な細胞では染色体と遺伝子の2色がそれぞれ2個ずつ観察されますが(B)、長腕欠失が起きていると緑色のシグナルの個数の減少が観察されます(C)。[cosmobio.co.jp] 3) サイトカイン療法 好中球を増加するG-CSF製剤や赤血球を増やすエリスロポエチン(EPO)製剤の使用で造血回復が期待できます。但し、治療効果は一過性のことが多く、好中球減少期の感染症治癒を図る目的にてG-CSF製剤を使用することが実際に使用される場合の目的となることがほとんどです。[harasanshin.or.jp] 現在、JALSG MDS206GではMDS症例に対して化学療法(イダマイシン・Ara-C)にG- CSFを加えた多剤併用化学療法の研究を行っております。G-CSF単独では前述したよ うにMDSに伴う好中球減少に対しては有効ですが、長期的効果はないことが報告されて います。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 若年性骨髄単球性白血病

    造血幹細胞がいろいろな血液細胞に分化・増殖して成熟していく過程で、コロニー刺激因子(CSF:colony stimulating factor)とよばれる物質がそれを助けていますが、JMMLではCSFのうち顆粒球・マクロファージ・コロニー刺激因子(GM-CSF)とよばれるものに対して造血幹細胞が過剰に反応することがわかっています。[blogs.yahoo.co.jp] 近年、約70%で骨髄系細胞の増殖に関わるGM-CSF受容体からのシグナル伝達に異常をきたす遺伝子異常が見つかっている(約20%にRAS変異、30-40%にPTPN11変異、10-20%にNF1変異)、またシグナル伝達の変異へのかかわり方は不明だが20%近くにCBL変異も見つかっている。[ja.wikipedia.org] 幹細胞移植以外にもGM-CSFが作用するのを妨げるような薬についての研究が進められていますが、まだ実用化には至っておらす、今後の研究が期待されます。[blogs.yahoo.co.jp]

さらなる症状