Create issue ticket

考えれる32県の原因 creb

結果を表示する: English

  • 角膜炎

    平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職 平成25年5月 当院常勤医師就任 主な研究発表 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino) “Axonal protection by brain‐ derived neurotrophic factor associated with CREB[ikec.jp]

  • ローリー・ウッド症候群

    7人の試料において、Harumら [2001] は、IQとリンパ芽球における RPS6KA3 を介したCREBペプチドのリン酸化反応の減衰の程度との間に相関があることを示した。[grj.umin.jp] RPS6KA3 は、さらにCREB(CRE結合性タンパク質)を活性化させることが示され、それは、神経細胞の生存と、短期記憶から長期記憶への転換に関係している[ Harum et al 2001 ]。[grj.umin.jp] CLS患者の細胞は、S6、H3 Sassone-Corsi et al 1999 ]とCREB [ Harum et al 2001 ]の不完全なEGF刺激リン酸化を示した。そして、これらの経路の1つまたはそれ以上は、CLSの症状発現のいくつか の原因の役割を果たしているかもしれない。[grj.umin.jp]

  • 鼻中隔偏位

    2.原因 16p13.3に座位する CREB-binding protein 遺伝子( CREBBP or CBP )が責任遺伝子と判明したが、ほとんどが散発例。原因遺伝子の CREBBP はヒストンアセチルトランスフェラーゼであり、ルビンシュタイン・テイビ症候群はヒストンアセチル化異常症と考えられる。[nanbyou.or.jp]

  • 卵巣淡明細胞腫瘍

    病理診断 としては、明細胞肉腫(淡明細胞肉腫)の90%以上で染色体転座による融合遺伝子EWSR1-ATF1やEWSR1-CREB1の形成がみられることが特徴的です。これは一般的に皮膚や粘膜に発生する悪性黒色腫ではみられないため、融合遺伝子の有無が 悪性黒色腫 との区別の決め手となることがあります。[ncc.go.jp]

  • ぶどう膜炎

    平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職 平成25年6月 当院常勤医師就任 主な研究発表 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino) “Axonal protection by brain‐ derived neurotrophic factor associated with CREB[ikec.jp]

  • サイトメガロウイルス網膜炎

    平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職 平成25年5月 当院常勤医師就任 主な研究発表 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino) “Axonal protection by brain‐ derived neurotrophic factor associated with CREB[ikec.jp]

  • コフィン・ローリー症候群

    7人の試料において、Harumら [2001] は、IQとリンパ芽球における RPS6KA3 を介したCREBペプチドのリン酸化反応の減衰の程度との間に相関があることを示した。[grj.umin.jp] ルビンシュタイン・テイビー症候群 ルビンシュタイン・テイビー症候群(Rubinstein-Taybi syndrome)とは、 16番染色体短腕の13.3に位置するCREB -binding protein遺伝子 (CREBBP遺伝子またはCBP遺伝子)の異常または欠損することで発生する 先天性の遺伝子疾患です。[ichiranya.com] RPS6KA3 は、さらにCREB(CRE結合性タンパク質)を活性化させることが示され、それは、神経細胞の生存と、短期記憶から長期記憶への転換に関係している[ Harum et al 2001 ]。[grj.umin.jp]

  • 網膜静脈分枝閉塞症

    平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職 平成25年5月 当院常勤医師就任 主な研究発表 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino) “Axonal protection by brain‐ derived neurotrophic factor associated with CREB[ikec.jp]

  • 星状硝子体症

    平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職 平成25年5月 当院常勤医師就任 主な研究発表 「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino) “Axonal protection by brain‐ derived neurotrophic factor associated with CREB[ikec.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    他方、プラズマローゲンは神経炎症を制御するのみならず、タンパクリン酸化酵素(AKT, ERK)の活性化を介してcAMP応答配列結合タンパク(CREB)を活性化し学習と記憶に関与したり、たとえば脳由来神経栄養因子(BDNF)の産生を促して神経細胞の発達、修復、再生に貢献したり、ミトコンドリア依存性経路による神経細胞死(アポトーシス)を抑制するといった[okamoto-oc.com]

さらなる症状