Create issue ticket

考えれる606県の原因 cns

結果を表示する: English

  • コアグラーゼ陰性ブドウ球菌

    これらMRSEを含むメチシリン耐性CNSのほとんどから耐性遺伝子 mecA が検出されています 9) 。[yoshida-pharm.com] 病原性は黄色ブドウ球菌が最も強く、一般的にコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)は弱いとされていますが、近年このCNSによる感染症が増加しており、留置血管内カテーテルからの感染で心内膜炎や菌血症を起こすことが問題になっています。[hk-wj.co.jp] 注1 「黄色くない」ブドウ球菌も多数あり、学術的にはコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)と呼ばれます。「コアグラーゼ」は血液を固める物質で、黄色ブドウ球菌など一部のブドウ球菌が持つ病原因子の一つです。CNSはコアグラーゼを持たないために、病気を起こしにくいと考えられます。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 中枢神経系転移

    渡邉氏らは、CNS転移のある乳癌の予後因子やCNS転移の早期発見による有用性を評価するため、転移性乳癌患者459人を対象に解析した。CNS転移のある患者は153人(33.3%)だった。[medical.nikkeibp.co.jp] 群は、対照群に比べ、新たなCNS病変によって病勢が進行した患者さんは少数でした (タグリッソ群対対照群:12%対30%) 。[astrazeneca.co.jp] CNS転移患者さんにおけるオシメルチニブの結果は、AURA3試験の被験者集団全体に関して既に報告された内容と一貫しています。これらのデータは、EGFR T790M変異陽性NSCLC患者さん集団全体と同様、CNS転移を有する病勢進行した患者さんにおいてもオシメルチニブのベネフィットを享受できる可能性があることを示唆しています」。[nikkei.com]

  • 強迫性障害

    CNS Spectr 12; 392-400, 2007. 11)Nestadt G, Bienvenu OJ, Cai G, et al. Incidence of obsessive-compulsive disorder in adults.[mhlw.go.jp] CNS Spectr : 2007, 12(5);392-400 [PubMed:17514083] [WorldCat.org] 14.0 14.1 14.2 14.3 14.4 Albina R Torres, Martin J Prince, Paul E Bebbington, Dinesh Bhugra, Traolach S Brugha[bsd.neuroinf.jp]

  • 小児急性リンパ芽球性白血病

    特定の抗がん剤、高用量の特定の抗がん剤、剤髄腔内化学療法及び脳への放射線療法はCNSまで届くため、白血病細胞を殺し、がんの再発(再起)を防ぐことができます。CNSでの白血病細胞の成長を阻止するため、CNS聖域療法はCNS予防法とも呼ばれます。[imic.or.jp] 標準用量の化学療法ではCNS中の白血病細胞に効果が及ばないことがあるため、白血病細胞はCNS内に隠れることができます。高用量で実施する全身化学療法または髄腔内化学療法(脳脊髄液中に投与)により、CNS内の白血病細胞に効果を及ぼすことができます。ときには脳に対する外照射療法が実施されることもあります。 髄腔内化学療法。[cancerinfo.tri-kobe.org] 脳や脊髄に拡がるがんを予防する場合は、中枢神経系(CNS)聖域療法またはCNS予防法と呼ばれる治療法を用います。ALLの小児は治療の一部としてCNS聖域療法を受けます。 詳しい情報については 急性リンパ芽球性白血病に対する承認薬 を参照してください。[imic.or.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    […] lupus の語は「CNSループス」「ループス腎炎」などで見られる。 男女比は女性10に対して男性が1である。また発症年齢は出産適齢期と重なる20-40歳が好発であるため、エストロゲンなどの女性ホルモンの関与を示唆する報告がある。[ja.wikipedia.org] 脳や脊髄: 中枢神経(CNS: central nervous system)ループス 痙攣、精神症状(集中力低下など)、抑うつ、頑固な頭痛などを起こします。[lab.toho-u.ac.jp] IgG index ( CNS-IgG / CNS-Alb ) / ( serum-IgG / serum-Alb ) と、アルブミン濃度との相対的比較をすれば、IgGのCNS局所での増加(CNS-IgG)は、IgG indexの増加として反映される。 正常は、 0.8で中枢神経系でのIgG増加が示唆される。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 上衣腫

    Paper presented at the annual meeting of American Association of Neurosurgeons (AANS)/Central Nervous System (CNS) Section on Pediatric Neurological Surgery; December 6-9,[ja.wikipedia.org] .: Molecular Classification of Ependymal Tumors across All CNS Compartments, Histopathological Grades, and Age Groups. Cancer Cell. 27, 2015 困ったことに,上衣下腫 SE も一緒くたの論文です。[plaza.umin.ac.jp] 表4 主な脳腫瘍の種類とグレード WHO Classification of Tumours of the Central Nervous System. 4th edition. p.13 “WHO grades of select CNS tumours” より作成 治療の選択 治療方法は、体の状態や年齢、患者さんや家族の希望なども含めて[ganjoho.jp]

  • 表皮ブドウ球菌感染症

    注1 「黄色くない」ブドウ球菌も多数あり、学術的にはコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)と呼ばれます。「コアグラーゼ」は血液を固める物質で、黄色ブドウ球菌など一部のブドウ球菌が持つ病原因子の一つです。CNSはコアグラーゼを持たないために、病気を起こしにくいと考えられます。[med.osaka-cu.ac.jp] 文献概要 1ページ目 疾患概念と病態 ブドウ球菌は,ヒトの皮膚,鼻腔,口腔,腸管,外陰部などの常在菌であり,コアグラーゼ陽性の黄色ブドウ球菌Staphylococcus aureusと,コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)である表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis,Staphylococcus saprophiticus[webview.isho.jp] CNSは莢膜多糖体を産生し、カテーテル表面に付着しやすく、バイオフィルムを形成して抗菌薬による除菌が困難となる。 〈感染対策および消毒〉 CNSは皮膚常在菌であるので、血管内留置カテーテル挿入部位の皮膚消毒やカテーテル挿入操作時の手指消毒・手袋着用が重要となる。[yoshida-pharm.com]

  • 松果体芽腫

    CNS神経芽腫 CNS 神経芽腫 は、大脳の神経 組織 、または脳や脊髄を覆っている組織層に発生する極めてまれな神経芽腫です。CNS神経芽腫は、増殖して脳や脊髄の他の部位に拡がることがあります。 CNS神経節芽細胞腫 CNS神経節芽細胞腫は、脳や脊髄の神経組織に発生するまれな腫瘍です。[cancerinfo.tri-kobe.org] CNS胚芽腫のリスク因子となる遺伝性疾患として、以下のものがあります: ほとんどの場合、CNS胚芽腫の原因は不明です。 小児CNS胚芽腫または松果体芽腫の徴候や症状は、お子さんの年齢と腫瘍の位置によって異なります。 小児CNS胚芽腫または松果体芽腫、あるいは他の 疾患 でも、こうした徴候や症状が引き起こされることがあります。[cancerinfo.tri-kobe.org] CNS胚芽腫には様々な種類があります: 脳内部の解剖図で、松果体、下垂体、視神経、脳室(青色の部分が脳脊髄液)などの脳の各部分を示しています。 以下のような様々な種類のCNS胚芽腫があります: 髄芽腫 CNS胚芽腫のほとんどが 髄芽腫 です。髄芽腫は、 小脳 の脳細胞から発生する増殖の速い腫瘍です。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 妊娠

    [333]warfarin ワーファリン錠(エーザイ) 胎児ワーファリン症候群 (骨形成障害、耳の奇形、低体重児、難聴、眼の異常、妊娠3カ月目服用のCNS欠損、背中及び腹部の奇形) 禁忌。[drugsinfo.jp]

  • 多発性硬化症

    しかし、多発性硬化症患者の脳ないしは脳脊髄液(cerebrospinal fluid;CSF)といった中枢神経系(central nervous system;CNS)における直接のEBウイルスの感染は稀であるという報告もあり、2011年時点では多発性硬化症とEBウイルスの直接の関連については議論の的となっていた。[ja.wikipedia.org] この仮説は2017年現在でも検証段階であるが、実際に多発性硬化症の患者においてはEBウイルスに対するT細胞応答の疲弊が起こっていること、またこの仮説により先ほどの様な中枢神経系(central nervous system;CNS)における直接のEBウイルスの感染は稀である、という様な現象を説明しうるということまで判明してきている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状