Create issue ticket

考えれる29県の原因 cmt2

結果を表示する: English

  • ニューロパチー

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] 20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2CMT2CMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org] CMT1CMT1は遺伝性ニューロパチーで最も多い。脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT1とCMT2の比は約2対1である。通常は20歳代までに下肢遠位の筋力低下を示すが、もっと遅い時期まで無症候無症候の症例も認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] 20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2CMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org] CMT1 CMT1は遺伝性ニューロパチーで最も多い。脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT1とCMT2の比は約2対1である。通常は20歳代までに下肢遠位の筋力低下を示すが、もっと遅い時期まで無症候無症候の症例も認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 正中神経障害

    CMTの分類で以前から用いられているものは、正中神経の伝導速度が38メートル/秒より遅くなる人を脱髄型(CMT1)とし、それより遅い人を軸索型(CMT2)としています。 同じ神経線維上で現れた、波形の高さや幅は波形を測定するところから離れるほど変化し、徐々に波形は平坦になり幅が広くなります。[j-cmt.org]

  • 幼児の神経軸索ジストロフィー 

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] 20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2CMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org] CMT1 CMT1は遺伝性ニューロパチーで最も多い。脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT1とCMT2の比は約2対1である。通常は20歳代までに下肢遠位の筋力低下を示すが、もっと遅い時期まで無症候無症候の症例も認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 尺骨神経絞扼

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] 20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2CMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org] CMT1 CMT1は遺伝性ニューロパチーで最も多い。脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT1とCMT2の比は約2対1である。通常は20歳代までに下肢遠位の筋力低下を示すが、もっと遅い時期まで無症候無症候の症例も認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性アミロイド筋症

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] 20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2CMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org] CMT1 CMT1は遺伝性ニューロパチーで最も多い。脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT1とCMT2の比は約2対1である。通常は20歳代までに下肢遠位の筋力低下を示すが、もっと遅い時期まで無症候無症候の症例も認められる。[ja.wikipedia.org]

  • ラフォラ病

    CMT1A、CMT3、CIDPで認められる。 Small onion bulb 軸索を取り巻く構造が1〜2層程度のものである。CMT1BやCIDP、MMN、IgMパラプロテインを伴うニューロパチー、糖尿病性ニューロパチー、Krabbe病などで認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] 20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2CMT2CMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org] CMT1CMT1は遺伝性ニューロパチーで最も多い。脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT1とCMT2の比は約2対1である。通常は20歳代までに下肢遠位の筋力低下を示すが、もっと遅い時期まで無症候無症候の症例も認められる。[ja.wikipedia.org]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    例えば、CMT1は、CMT1A、1B、1C、1D、1E、1F/2E、1Xに細分される。[astamuse.com] CMTは、 慢性 の 運動性 及び 感覚性 多発ニューロパチー を特徴とする遺伝性ニューロパチー障害の群を指す。CMTの異なる型は、CMT1、CMT2CMT4、CMTX及びデジェ リン ・ソッタス病等と同定された。CMT サブタイプ は、主に 分子遺伝学 的所見で更に細分することができる。[astamuse.com]

  • 有毒性多発神経障害

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] 20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2CMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org] CMT1 CMT1は遺伝性ニューロパチーで最も多い。脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT1とCMT2の比は約2対1である。通常は20歳代までに下肢遠位の筋力低下を示すが、もっと遅い時期まで無症候無症候の症例も認められる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状