Create issue ticket

考えれる33県の原因 cmt cmt2m

結果を表示する: English

  • ニューロパチー

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] CMT2の臨床像はCMTとかなり重複するが,一般にCMT1患者と比べて,CMT2患者の機能障害の程度は軽く,感覚障害も軽度である.CMT1とCMT2の鑑別には,運動神経伝達速度の平均値38 m/秒を閾値として用いることが多い. CMTX1では,軸索優位の障害を認めることがあり,CMT2と混同されることがある.[grj.umin.jp] 50 m/秒である.[grj.umin.jp]

  • 末梢神経障害

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org]

  • 凹足

    シャルコー・マリー・トゥース病の神経伝導速度検査で最も重要なのは遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであるCMT1と軸索感覚性ニューロパチーであるCMT2の鑑別である。便宜上、上肢の正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりも速いとされている。[ja.wikipedia.org] 神経伝導速度は平均15-20m/s。 CMT type 1D -CMT1DはEGR2 Gene(10q21.1-q22.1)が原因遺伝子である。神経伝導速度は平均15-20m/s。 CMT type 1E -CMT1EはPMP22遺伝子(17p11.2)の点突然変異によって生じる。[ja.wikipedia.org] CMT Type 2 (CMT2) [ 編集 ] 常染色体優性遺伝。軸索変性を主体とし、神経伝導速度は正常よりはやや低下するが38m/sを下回らない。 CMT type 2A - CMT2A ( OMIM 118210 ) - KIF 1B( 廣川信隆 らのグループによって発見された)が原因遺伝子である。[ja.wikipedia.org]

  • 幼児の神経軸索ジストロフィー 

    シャルコー・マリー・トゥース病の神経伝導速度検査で最も重要なのは遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであるCMT1と軸索感覚性ニューロパチーであるCMT2の鑑別である。便宜上、上肢の正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりも速いとされている。[ja.wikipedia.org] CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org] 神経伝導速度は平均15-20m/s。 CMT type 1D -CMT1DはEGR2 Gene(10q21.1-q22.1)が原因遺伝子である。神経伝導速度は平均15-20m/s。 CMT type 1E -CMT1EはPMP22遺伝子(17p11.2)の点突然変異によって生じる。[ja.wikipedia.org]

  • 尺骨神経絞扼

    CMT1は遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであり、CMT2は軸索感覚性ニューロパチである。正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりもはやい。多くの場合CMT1では20 25m/sである。CMT1とCMT2は通常は小児期か成人早期に発症するが、特にCMT2ではより遅い時期に発症もある。[ja.wikipedia.org]

  • 感染症による貧血

    3種のヘモプラズマに関する陽性率は、Mycoplasma haemofelis (Mhf)が 90頭(5.1%)、‘Candidatus M. haemominutum’ (CMhm)が372頭(21.0%)、‘Candidatus M. turicensis’ (CMt)が118頭(6.7%)であった(図5)。[jabfid.jp] Mhf、CMhm、およびCMtに単独感染している猫はそれぞれ、42 頭(2.4%)、 280頭(15.8%)、48頭(2.7%)で、さらに混合感染している猫は98頭確認され、MhfとCaMhに28頭(1.6%)、MhfとCaMtに6頭(0.3%)、CaMhとCaMtに50頭(2.8%)、3種全てに14頭(0.8%)がそれぞれ感染していることが[jabfid.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 48型

    ) JPH1 [HSA: 56704 ] [KO: K19530 ] (CMT2L) HSPB8 [HSA: 26353 ] [KO: K08879 ] (CMT2M/DIB) DNM2 [HSA: 1785 ] [KO: K01528 ] (CMT2N) AARS [HSA: 16 ] [KO: K01872 ] (CMT2O) DYNC1H1[kegg.jp] CMT2の臨床像はCMTとかなり重複するが,一般にCMT1患者と比べて,CMT2患者の機能障害の程度は軽く,感覚障害も軽度である.CMT1とCMT2の鑑別には,運動神経伝達速度の平均値38 m/秒を閾値として用いることが多い. CMTX1では,軸索優位の障害を認めることがあり,CMT2と混同されることがある.[grj.umin.jp] CMT2C) TRPV4 [HSA: 59341 ] [KO: K04973 ] (CMT2D) GARS [HSA: 2617 ] [KO: K01880 ] (CMT2F) HSPB1 [HSA: 51668 ] [KO: K19369 ] (CMT2K/4A/RIA) GDAP1 [HSA: 54332 ] [KO: K22077 ] (CMT2K[kegg.jp]

  • ニトロフラントイン毒性

    CMT2の臨床像はCMTとかなり重複するが,一般にCMT1患者と比べて,CMT2患者の機能障害の程度は軽く,感覚障害も軽度である.CMT1とCMT2の鑑別には,運動神経伝達速度の平均値38 m/秒を閾値として用いることが多い. CMTX1では,軸索優位の障害を認めることがあり,CMT2と混同されることがある.[grj.umin.jp] 50 m/秒である.[grj.umin.jp] Saporta et al [2011] 常染色体優性中間型CMT 常染色体優性中間型CMT(DI-CMT)(表5)は,臨床的および病理学的に髄鞘と軸索双方に異常を認める比較的典型的なCMTの表現型を呈する.神経伝導速度はCMT1およびCMT2で観察される値と重複する[Nicholson & Myers 2006].運動神経伝導速度は通常25[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 55型

    ) JPH1 [HSA: 56704 ] [KO: K19530 ] (CMT2L) HSPB8 [HSA: 26353 ] [KO: K08879 ] (CMT2M/DIB) DNM2 [HSA: 1785 ] [KO: K01528 ] (CMT2N) AARS [HSA: 16 ] [KO: K01872 ] (CMT2O) DYNC1H1[kegg.jp] CMT2C) TRPV4 [HSA: 59341 ] [KO: K04973 ] (CMT2D) GARS [HSA: 2617 ] [KO: K01880 ] (CMT2F) HSPB1 [HSA: 51668 ] [KO: K19369 ] (CMT2K/4A/RIA) GDAP1 [HSA: 54332 ] [KO: K22077 ] (CMT2K[kegg.jp]

  • 遺伝性運動感覚性神経障害

    シャルコー・マリー・トゥース病の神経伝導速度検査で最も重要なのは遺伝性脱髄性感覚運動ニューロパチーであるCMT1と軸索感覚性ニューロパチーであるCMT2の鑑別である。便宜上、上肢の正中神経のMCVがCMT1では38m/sに満たず、CMT2では38m/sよりも速いとされている。[ja.wikipedia.org] CMT2の臨床像はCMTとかなり重複するが,一般にCMT1患者と比べて,CMT2患者の機能障害の程度は軽く,感覚障害も軽度である.CMT1とCMT2の鑑別には,運動神経伝達速度の平均値38 m/秒を閾値として用いることが多い. CMTX1では,軸索優位の障害を認めることがあり,CMT2と混同されることがある.[grj.umin.jp] 神経伝導速度は平均15-20m/s。 CMT type 1D -CMT1DはEGR2 Gene(10q21.1-q22.1)が原因遺伝子である。神経伝導速度は平均15-20m/s。 CMT type 1E -CMT1EはPMP22遺伝子(17p11.2)の点突然変異によって生じる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状