Create issue ticket

考えれる40県の原因 cmap

結果を表示する: English

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    MGではCMAP振幅の低下はないがLEMSではCMAP振幅が著明に低下する。運動や高頻度刺激、数分間の低頻度刺激では筋の疲労がみられCMAPの漸増がみられる。低頻度刺激ではwaning現象が観察されるがMGのwaningと異なり1発目から10発目まで徐々に漸減する。MGの場合は4、5発目で以降で漸増することが大きい。[ja.wikipedia.org] さらに抗P/Q型VGCC抗体陽性患者のほうが陰性患者よりもCMAP振幅が低く、waxingが大きい。 抗P/Q型VGCC抗体 長崎大学第一内科で測定可能である。 塩化エドロホニウム試験 LEMS患者ではMG患者と比較してLEMS症状が劇的に改善する場合は少ないが注意深い観察を行うと殆どの例で改善が認められる。[ja.wikipedia.org] さらに抗P/Q型VGCC抗体陽性患者のほうが陰性患者よりもCMAP振幅が低く、waxingが大きい。 抗P/Q型VGCC抗体長崎大学第一内科で測定可能である。 塩化エドロホニウム試験LEMS患者ではMG患者と比較してLEMS症状が劇的に改善する場合は少ないが注意深い観察を行うと殆どの例で改善が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    (逆行性測定法) SNAPはCMAPと異なり神経そのものの電位なので、神経筋接合部や筋収縮時間は含まれない。従って刺激部位はMCVと同じでよいが2点刺激でなくても1点刺激で検査は可能である。[naraamt.or.jp] 進行すると腓腹神経のSNAP振幅の低下、さらに進行すると脛骨神経と腓骨神経のCMAP振幅の低下が起こる。その後腓腹神経のSNAPが誘発されなくなり、最終的には脛骨神経のCMAPも誘発されないようになる。 診断 [ 編集 ] サンアントニオ合意基準とその後開発されたNIS(LL) 7testsがゴールドスタンダードである。[ja.wikipedia.org] 運動神経伝導速度:MCV(motor nerve conduction velocity) 近位部と遠位部の運動神経を経皮的に刺激し、支配筋より活動電位(M波又はCMAP)を記録する。そして、それぞれ導出した波形の潜時差で2点間の距離を割り速度(m/s)を求める。[naraamt.or.jp]

  • 凹足

    対して、軸索障害型ニューロパチーを示す患者では、複合筋活動電位(compound muscle action potential: CMAP)の低下が見られ、神経伝導速度は正常もしくはやや低下する程度である。[ja.wikipedia.org] 発症前の小児期からNCVの低下があるが症状とNCVは相関せず、CMAP振幅の低下が筋力低下と相関する。 病理検査 [ 編集 ] シャルコー・マリー・トゥース病の末梢神経病理は病型によって異なる。PMP22/CMT1Aが最も多く、MPZ/CMT1B、Cx32/CMTXが多くみられるためこれを中心に述べる。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性自律神経障害

    進行すると腓腹神経のSNAP振幅の低下、さらに進行すると脛骨神経と腓骨神経のCMAP振幅の低下が起こる。その後腓腹神経のSNAPが誘発されなくなり、最終的には脛骨神経のCMAPも誘発されないようになる。 診断 [ 編集 ] サンアントニオ合意基準とその後開発されたNIS(LL) 7testsがゴールドスタンダードである。[ja.wikipedia.org]

  • 正中神経障害

    (「神経伝導検査と筋電図を学ぶ人のために」第2版医学書院より) 尺骨神経 運動線維49 54m/s 感覚線維44 54m/s 正中神経 運動線維38 51m/s 感覚線維47 53m/s 腓骨神経 運動線維40m/s 軸索変性疾患の場合、最大神経伝導速度の低下はあまり見られない(70% 80%に減少することは少ない)一方で、複合活動電位(CMAP[kotsujiko-law.net]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    遠位部神経終末の評価として重要なのが遠位部刺激によるCMAPである。 典型的CIDPとは異なり遠位部CMAPが正常であり、本来BNBが機能している神経幹に局所性伝導ブロックが多巣性に生じる一群が存在する。その代表例が非対称性CIDP、すなわちMADSAMと多巣性運動運動ニューロパチーである。[ja.wikipedia.org] また長期経過中にワーラー変性のために遠位部CMAP振幅の低下がみられることがあるがその場合にも遠位型脱髄と異なり遠位潜時の延長や遠位部CMAP持続時間の延長も認められない。日本では1990年に目崎らがLewis-Sumner症候群(LSS)という名称を提唱した影響でLSSと呼ばれることもあるが世界的にはMADSAMが定着している。[ja.wikipedia.org] 神経幹中間部の脱髄遠位刺激のCMAPは正常となる。神経幹に局所性多巣性伝導ブロックが生じる。このパターンはMADSAMやMMNで認められる。 神経全長にの多巣性、びまん性脱髄遠位部、中間部を含んで神経の長軸方向全長にわたって脱髄病変が分布する。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    その結果、健常者におけるCMAP潜時は、立ち上がり潜時約3.51 0.53ms、陰性頂点潜時が6.96 0.64msであった。また、麻痺患者の患側CMAP各潜時は、健常者および健側と比較して有意に延長して...[researchmap.jp] )潜時から顔面神経由来のCMAPとアーチファクトとの鑑別が可能かどうかについて検討した。[researchmap.jp] 左右別CMAPでは、オトガイ法は一般法に比較し約2倍の振幅が得られた。左右ともオトガイ法の方がCMAPの値が有意に大きく、オトガイ法は一般法に比べばらつきも小さかった。ENoG(左/右)の平均は、オトガイ法が一般法に比べ100%に近い値であっ...[researchmap.jp]

  • 慢性中耳炎

    和田晋一、萩森伸一、高巻京子、金沢敦子、野中隆三郎、竹中 洋, 健常人の口輪筋CMAP測定における左右差と再現性―正中法と一般法の比較、特に各被検者内の差について-, Facial N Res Jpn, 128:85-87, 2008.[oto-osaka-med.jp] 健常人の口輪筋CMAP測定における左右差について -オトガイ法と一般法の比較-. Facial N Res Jpn 27: 153-156, 2007. Haginomori SI, Takamaki A, Ito K, Takenaka H, Kurisu Y, Tsuji M.[oto-osaka-med.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    パターンIV (ミオトニー放電は認めない、もしくはまれで、SETでCMAPの上昇がみられ、LETでCMAPの一過性上昇および後期に明らかな減少を認める)は、高カリウム性周期性四肢麻痺でよく見られる。[grj.umin.jp] 長時間運動負荷(15 45秒ごとに3 4秒の短い休息を入れながら、2 5分間の負荷)後に最初は1 2分毎、その後は5分毎に、30 45分にわたってCMAPを記録する。[nanbyou.or.jp] SETは短時間運動負荷(5-12秒)後に1分間にわたって10秒ごとに複合筋活動電位(CMAP)を記録する。 ロングエクササイズテスト(Long exercise test, LET) 。[grj.umin.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    長時間運動負荷(15 45秒ごとに3 4秒の短い休息を入れながら、2 5分間の負荷)後に最初は1 2分毎、その後は5分毎に、30 45分にわたってCMAPを記録する。[nanbyou.or.jp] パターンIV (ミオトニー放電は認めない、もしくはまれで、SETでCMAPの上昇がみられ、LETでCMAPの一過性上昇および後期に明らかな減少を認める)は、高カリウム性周期性四肢麻痺でよく見られる。[grj.umin.jp] 局所的誘発試験は、複合筋活動電位(CMAP)の測定による。2-5分の運動後に通常以上のCMAP上昇が見られた後、通常以上のCMAP振幅の緩徐な減衰が見られる。減衰は運動後の最初の20分間が最も早い。減衰が一番重要な指標である。著者らの経験では、その結果はhyperPPに特異的ではなく、変異の種類にも特異的ではない。[grj.umin.jp]

さらなる症状