Create issue ticket

考えれる6県の原因 cholangitides gaisbock 総胆管嚢胞, スピロヘータ病 icterohemorrhagica

つまり: cholangitides gaisbock, 総胆管嚢胞, スピロヘータ病 icterohemorrhagica

  • 総胆管嚢胞
    不足: スピロヘータ病 icterohemorrhagica
  • 胆管炎

    胆管炎(たんかんえん、英:Cholangitis)とは、胆管の炎症のことをいう。最も一般的な原因は、細菌による感染であり、問題になるのは上行性胆管炎である。いずれにせよ、そのほかの原因もある。尿路感染症、肺炎とならぶ高齢者の発熱の原因の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: スピロヘータ病 icterohemorrhagica
  • 回帰熱

    (ダニ熱,recurrent fever,またはfamine fever) 執筆者: Larry M. Bush, MD, Affiliate Professor of Clinical Biomedical Sciences, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University; Affiliate Associate Professor of Medicine, University of Miami-Miller School of Medicine Maria T. Perez, MD, Associate Pathologist,[…][msdmanuals.com]

    不足: スピロヘータ病 icterohemorrhagica
  • 腹膜炎

    腹膜炎(ふくまくえん、英: Peritonitis)は、腹膜の炎症を指す。 急性のものは、胃・腸・虫垂・胆嚢・膵炎などの炎症・穿孔などにより、腹膜が細菌に感染する。 慢性のものは、結核が原因のことが多い。 急性腹部の疼痛。時間の経過と共にだんだんと痛む部分が広がっていく。 ブルンベルグ徴候(腹部を圧迫した手を急に離すことで周囲に痛みが響く)のような現象を生じる。 筋性防御(腹筋部分が板のように硬くなる)という現象が生じる。 発熱・悪寒・嘔吐・頻脈などが起こる。 症状が重くなると意識を失い死亡する事もある。慢性症状は緩やかに経過するが、放置すると蛙の腹のようにふくれ、癌になることがある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: スピロヘータ病 icterohemorrhagica
  • 腹水

    腹水 (ふくすい) は、医学における症状、病態で、腹腔内に異常に多量の液体が貯留した状態ないしはその液体をいう。 腹腔内には正常な状態でもごく少量の液体があるが、 血漿蛋白の減少による膠質浸透圧の低下 門脈圧亢進 腹膜炎、悪性腫瘍の腹膜播種、肝癌の破裂といった原因により、多量の漏出液や滲出液が見られるようになる。肝硬変ではアルブミン合成能低下及び門脈圧亢進により前者のタイプ、腹膜の炎症や癌では後者のタイプが見られる。 女性の場合は卵巣ガンなどの可能性がある。 症状・所見[…][ja.wikipedia.org]

    不足: スピロヘータ病 icterohemorrhagica
  • 黄疸

    黄疸(おうだん、英: jaundice)とは、病気や疾患に伴う症状の1つ。身体にビリルビンが過剰にあることで眼球や皮膚といった組織や体液が黄染した(黄色く染まる)状態。 脾臓中のマクロファージにより、循環中の古くなったり損傷を受けた赤血球が取り除かれる。赤血球中のヘモグロビンはヘムとグロビンに分解される。ヘムの分解は、マクロファージによって開始される。ヘムのポルフィリン環は、ヘムオキシゲナーゼ (HMOX) により緑色のビリベルジンに分解される。2番目の反応として、ビリベルジンがビリベルジンレダクターゼ (BVR) により黄色のビリルビンに還元される。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: スピロヘータ病 icterohemorrhagica

さらなる症状