Create issue ticket

考えれる119県の原因 cfd

結果を表示する: Deutsch

  • C3異常を伴う非定型溶血性尿毒症症候群

    活性化因子として代表的なものはCFB,CFD,properdinであり,制御因子としてはCFIとCFHがある。さらに細胞膜上の制御因子としてMCP(CD46),decay accelerating factor(DAF),THBDなどが知られている。[myschedule.jp] C3の分解によって生成したC3bはCFBと結合し,続いてCFDにより分解されることでC3bBb(C3 convertase)を形成する。C3 convertaseはC3の分解を促進させ,生じたC3bとさらに結合してC5 convertase(C3bBbC3b)を形成する。[myschedule.jp]

  • 抗因子H抗体がある非定型溶血性尿毒症症候群

    活性化因子として代表的なものはCFB,CFD,properdinであり,制御因子としてはCFIとCFHがある。さらに細胞膜上の制御因子としてMCP(CD46),decay accelerating factor(DAF),THBDなどが知られている。[myschedule.jp] C3の分解によって生成したC3bはCFBと結合し,続いてCFDにより分解されることでC3bBb(C3 convertase)を形成する。C3 convertaseはC3の分解を促進させ,生じたC3bとさらに結合してC5 convertase(C3bBbC3b)を形成する。[myschedule.jp]

  • マンドレイク

    2018-01-10 10:19:36 CFD @CFD03779721 @YahooNewsTopics 人の形した植物だよね?[togetter.com]

  • リンパ球減少性無ガンマグロブリン血症 - 短肢小人症症候群

    C1QB 、 C1QC )、C1r欠損症( C1R )、C1s欠損症( C1S )、C4欠損症( C4A 、 C4B )、C2欠損症( C2 )、C3欠損症( C3 )、C5欠損症( C5A 、 C5B )、C6欠損症( C6 )、C7欠損症( C7 )、C8欠損症( C8A 、 C8B )、C9欠損症( C9 )、Factor D欠損症( CFD[nanbyou.or.jp]

  • CD3ゼータによるT-B +重症複合免疫不全

    C1QB 、 C1QC )、C1r欠損症( C1R )、C1s欠損症( C1S )、C4欠損症( C4A 、 C4B )、C2欠損症( C2 )、C3欠損症( C3 )、C5欠損症( C5A 、 C5B )、C6欠損症( C6 )、C7欠損症( C7 )、C8欠損症( C8A 、 C8B )、C9欠損症( C9 )、Factor D欠損症( CFD[nanbyou.or.jp]

  • ZAP70欠乏による重症複合免疫不全

    C1QB 、 C1QC )、C1r欠損症( C1R )、C1s欠損症( C1S )、C4欠損症( C4A 、 C4B )、C2欠損症( C2 )、C3欠損症( C3 )、C5欠損症( C5A 、 C5B )、C6欠損症( C6 )、C7欠損症( C7 )、C8欠損症( C8A 、 C8B )、C9欠損症( C9 )、Factor D欠損症( CFD[nanbyou.or.jp]

  • 原発性免疫不全症

    C1QB 、 C1QC )、C1r欠損症( C1R )、C1s欠損症( C1S )、C4欠損症( C4A 、 C4B )、C2欠損症( C2 )、C3欠損症( C3 )、C5欠損症( C5A 、 C5B )、C6欠損症( C6 )、C7欠損症( C7 )、C8欠損症( C8A 、 C8B )、C9欠損症( C9 )、Factor D欠損症( CFD[nanbyou.or.jp]

  • Itch欠乏による症候群の多系統自己免疫疾患

    C1QB 、 C1QC )、C1r欠損症( C1R )、C1s欠損症( C1S )、C4欠損症( C4A 、 C4B )、C2欠損症( C2 )、C3欠損症( C3 )、C5欠損症( C5A 、 C5B )、C6欠損症( C6 )、C7欠損症( C7 )、C8欠損症( C8A 、 C8B )、C9欠損症( C9 )、Factor D欠損症( CFD[nanbyou.or.jp]

  • 心房二相

    高濃度固気二相流のDEM-CFDシミュレーション技術 大阪大学 大学院工学研究科機械工学専攻 教授 田中 敏嗣 先生 粒子間接触相互作用を含む個々の粒子運動を追跡する離散要素法(DEM)と数値流体力学(CFD)をカップリングし、粒子ー流体間相互作用を含む高濃度の流れの数値シミュレーションを可能にするDEM-CFDモデルは本講師らにより開発されました[prometech-sc.com] 本講演では、DEM-CFDモデリングの発展と今後の課題について講述します。 粒子法の計算時間を短縮する可変解像度手法と応用 東京大学 大学院工学系研究科システム創成学専攻 准教授 柴田 和也 先生 粒子法で高解像度の計算を行う際に、計算時間が長くなる問題があります。[prometech-sc.com] MPS法を用いたマルチフィジックスCFDシミュレーション -着氷、デポジション、津波抑制- 電気通信大学 情報理工学研究科 知能機械工学専攻 准教授 守 裕也 先生 流体の数値計算において、流体をラグランジュ的に取り扱う粒子法は、界面取り扱いが容易であることや数値拡散の原因となる対流項を扱わないなどの特徴を有し、スケール間で大きく影響を及ぼしあう[prometech-sc.com]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    C1QB 、 C1QC )、C1r欠損症( C1R )、C1s欠損症( C1S )、C4欠損症( C4A 、 C4B )、C2欠損症( C2 )、C3欠損症( C3 )、C5欠損症( C5A 、 C5B )、C6欠損症( C6 )、C7欠損症( C7 )、C8欠損症( C8A 、 C8B )、C9欠損症( C9 )、Factor D欠損症( CFD[nanbyou.or.jp]

さらなる症状