Create issue ticket

考えれる75県の原因 cdc6

結果を表示する: English

  • インフルエンザ

    フェーズ6の指定は、地球規模のパンデミックが起きていることを示すものである。 CDCはインフルエンザ・パンデミック重度指数 (Pandemic severity index, PSI) を作成し、以下のカテゴリー分けが行われている。 「インフルエンザ」の語は16世紀のイタリアで名付けられた。[ja.wikipedia.org]

  • 神経症性障害

    米国疾病予防管理センター(CDC)による診断基準は以下のようです。(概要) 1. 医学的に説明がつかない、持続性または再発性の疲労が6カ月以上続き、以下の条件をすべて満たす場合。[kokorotokarada.net]

  • トキソプラズマ感染症

    米国疾病予防管理センター(CDC)ホームページ(外部サイト) 図1 トキソプラズマのライフ・サイクル 2000年11月24日初掲載 2001年2月19日増補 2004年6月22日図改訂[city.yokohama.lg.jp]

  • 慢性疲労症候群

    2016年度よりNational Institutes of Health(NIH、米国)はNIHクリニカルセンターを活用してME/CFSの病因・病態の解明、診断法の確立を目指した臨床試験を開始することを発表しているが、ここで検討するものは感染後に発病し、発病後6か月から5年以内の患者であり、かつCFS診断基準(CDC基準、1994年)とカナダ[fuksi-kagk-u.ac.jp]

  • 髄膜脳炎

    2007年、米国で例のPAMがCDCに報告され、全例死亡した。 アリゾナ州の症例 :2007年9月16日、14歳の少年が髄膜炎疑いで入院した。症状は9月14日にひどい頭痛、頚部硬直、発熱で始まった。 N. fowleri が髄液から検出された。9月17日に死亡した。彼は9月8日にアリゾナ北部の湖で泳いでいた。[idsc.nih.go.jp] 1937 2007年の症例検討 :2007年の例のPAM症例の報告を受け、CDCと各州の衛生当局はPAM症例数が増加しているかを検証するために、1937 2007年に米国で報告のあったPAMの症例を検討した。分析は進行中であるが、中間報告では1937 2007年に121例が発生していた。2007年の6例は過去6番目に多かった。[idsc.nih.go.jp]

  • 身体表現性障害

    米国疾病予防管理センター(CDC)による診断基準は以下のようです。(概要) 1. 医学的に説明がつかない、持続性または再発性の疲労が6カ月以上続き、以下の条件をすべて満たす場合。[kokorotokarada.net]

  • 人獣共通感染症

    第28回 種痘200年を迎えて 第27回 牛海綿状脳症(BSE)とクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)・第回の補足 第26回 牛海綿状脳症とクロイツフェルト・ヤコブ病の関連:英国での最近の動向 第25回 米国における狂犬病の新しい様相 第24回 エマージング・ウイルスと獣医学 第23回 ボルナ病の最近の進展 第22回 馬モービリウイルス[jsvetsci.jp] BSE)の現状(米国農務省の調査報告) 第33回 牛海綿状脳症と公衆衛生:英国議会での声明 第32回 コーヒーブレーク 第31回 トランスジェニック動物の産業利用における安全評価 第30回 エボラウイルスに関する2つの話題 第29回 米国訪問を終えて:動物工場での医薬品製造、National Symposium on Biosafety 、CDC[jsvetsci.jp]

  • 慢性的な不安

    米国疾病予防管理センター(CDC)による診断基準は以下のようです。(概要) 1. 医学的に説明がつかない、持続性または再発性の疲労が6カ月以上続き、以下の条件をすべて満たす場合。[kokorotokarada.net]

  • オピオイド中毒

    米疾病対策センター(CDC)によれば、中毒患者数はざっと200万人、過剰摂取による死者は2016年だけで6万4000人に達している。[blog.goo.ne.jp]

  • 髄膜転移

    当該研究所の動物の血清80検体をCDCで検査した結果、5検体(%)が抗体もしくはウイルスが陽性であった。この5検体はすべて担癌動物由来であった。このうち2検体はBalb/C由来で、IgG抗体が陽性であったが、ウイルス分離は陰性であった。残り3検体中少なくとも2検体はヌードマウスから採取した材料でウイルス分離陽性であった。[med.nagasaki-u.ac.jp]

さらなる症状