Create issue ticket

考えれる47県の原因 cd8a

  • アルツハイマー病

    比較的再現性をもって検出される関連遺伝子候補にはCR1、BIN1、CLU、PICALM、MS4A4/MS4A6E、CD2AP、CD33、EPHA1、ABCA7があげられる。特に第8染色体上のCLU(ApoJ)遺伝子、第1染色体上のCR1遺伝子、第11染色体上のPICALM遺伝子が特に再現性が高いといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 線維肉腫

    その結果免疫細胞の含有量は予後の良いクラスターAで多く、クラスターAにおける細胞種の割合はCD8陽性T細胞が多いという結果が得られました(図5d)。[ncc.go.jp] データとの比較で、免疫細胞の含有量は予後の良いクラスターAで多く、クラスターAにおける細胞種の割合はCD8陽性T細胞が多かった 用語解説 ドライバー遺伝子 がん遺伝子・がん抑制遺伝子といった、がんの発生・進展において直接的に重要な役割を果たす遺伝子。[ncc.go.jp] 図5 メチル化プロファイルと統合解析 (a) DNAメチル化のパターンから粘液線維肉腫は3つのサブグル―プ(クラスター)に分類できた (b) メチル化クラスターはゲノム異常と密接に関連していた (c) メチル化クラスターは予後と密接に関連しており、クラスターAでは生命予後が良好であったが、クラスターCでは生命予後が不良であった (d) 発現[ncc.go.jp]

  • 小児クローン病

    Cochrane Database Syst Rev (8): CD002913. doi : 10.1002/14651858.CD002913.pub3. PMID 25141071. MacDonald JK, Nguyen TM, Khanna R, Timmer A (November 2016).[ja.wikipedia.org] Kuenzig ME, Rezaie A, Seow CH, Otley AR, Steinhart AH, Griffiths AM, Kaplan GG, Benchimol EI (August 2014). “Budesonide for maintenance of remission in Crohn's disease”.[ja.wikipedia.org]

  • 舌扁桃炎

    1:十分な問診(発熱期間、随伴症状、家族歴、出生地等) 2:咽頭培養検査 3:血液検査 a) 血算、白血球分画 b) 生化学一般、赤沈 c)CRP、血清アミロイドA d)免疫機能(IgG、A、M、D、CD4/8) e)補対価 f)抗核抗体・各種自己抗体 g) プロカルシトニン h)各種サイトカイン i)血清亜鉛 4:ウイルス検査(EBウイルス[autoinflammatory-family.org]

  • セリアック病

    1.調製例 (1)CD300 Fc融合タンパク質、MFG EおよびD9E MFG Eの調製 (1 1) ヒトIgGのFc部位を有するCD300の融合タンパク質(CD300a Fc)を、下記文献25に記載されているように、マウスまたはヒトCD300aの細胞外ドメイン全体をコードする遺伝子のcDNAとヒトIgG1Fcをコードする遺伝子[biosciencedbc.jp] 次いで、該メンブレンを、マウスCD300 Fc(1.5μg/mL)を含む塩化カルシウム(1mM)及びBSを加えたTBST緩衝液(pH .0)中に20 で2時間浸漬した。[biosciencedbc.jp] (ii)結合阻止アッセイ 細胞を、マウスCD300に対するモノクローナル抗体(TX41)、コントロール用アイソタイプの抗体またはMFG Eとともに、30分間プレインキュベートした後、上記結合アッセイのように、CD300 Fcで染色した。[biosciencedbc.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    比較的再現性をもって検出される関連遺伝子候補にはCR1、BIN1、CLU、PICALM、MS4A4/MS4A6E、CD2AP、CD33、EPHA1、ABCA7があげられる。特に第8染色体上のCLU(ApoJ)遺伝子、第1染色体上のCR1遺伝子、第11染色体上のPICALM遺伝子が特に再現性が高いといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 脳血管性認知症

    比較的再現性をもって検出される関連遺伝子候補にはCR1、BIN1、CLU、PICALM、MS4A4/MS4A6E、CD2AP、CD33、EPHA1、ABCA7があげられる。特に第8染色体上のCLU(ApoJ)遺伝子、第1染色体上のCR1遺伝子、第11染色体上のPICALM遺伝子が特に再現性が高いといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • アフタ性口内炎

    1:十分な問診(発熱期間、随伴症状、家族歴、出生地等) 2:咽頭培養検査 3:血液検査 a) 血算、白血球分画 b) 生化学一般、赤沈 c)CRP、血清アミロイドA d)免疫機能(IgG、A、M、D、CD4/8) e)補対価 f)抗核抗体・各種自己抗体 g) プロカルシトニン h)各種サイトカイン i)血清亜鉛 4:ウイルス検査(EBウイルス[autoinflammatory-family.org]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    【 図6ACDhcを安定して発現するHEK293細胞に結合する抗CDhc抗体のフローサイトメトリー解析である。各ヒストグラムにおいて、対照抗体(第2のb PE)は、左端のピークに対応し、抗CDhc抗体は、右端のピークに対応する。[ipforce.jp] BBBにおけるCD98hcの高発現が、大分子輸送を可能にするかどうかを決定するために、2つのCDhc抗体(抗CDhc 及び抗CDhc B )を生成した。[ipforce.jp] 単一放射標識微小用量のI 125 対照IgG、I 125 抗TfR 、I 125 抗CDhc 、またはI 125 抗CDhc B を、野生型マウスに静脈内注入した。[ipforce.jp]

  • クラツキン腫瘍

    CDP Gly SN 3(ポリ CD PEG Gly SN 38、スキームIX)を以下の通りに合成した:CDP(270mg、0.056mmol)、TFA Gly SN 38(70mg、0.12mmol)、N ヒドロキシ スクシンイミド(14mg、0.12mmol)および1 エチル 3 (3 ジメチルアミノプロピル)カルボジイミド(EDCI[biosciencedbc.jp] ESI/MS予測値449.4;実測値471.66(M N)。[biosciencedbc.jp]

さらなる症状