Create issue ticket

考えれる54県の原因 CD8+ T細胞増加

  • 慢性閉塞性肺疾患

    また、炎症モデルマウスと増悪モデルマウスで肺に集積した炎症細胞を詳しく調べたところ、増悪モデルマウスでは細胞を傷害する能力をもった CD8 [3] 陽性の Tリンパ球 [4] が劇的に増加していました( 図2 )。[riken.jp] 図2 リポ多糖投与3日後に肺へ集積した細胞の解析結果 増悪モデルマウスではリポ多糖を投与してから3日後に肺へ集積する炎症細胞が、ほかに比べて最も多く(左)、中でもCD8陽性Tリンパ球の数は炎症モデルマウスに比べ増加していた(右)。[riken.jp]

  • 間擦疹

    末梢血、組織の T 細胞CD8 細胞は、治療後に減少した。治療後には単核細胞数は増加しツ反、 PHA は増強した。血沈 ( 20例 ) 、接着因子( ICAM-1,VCAM-1,ELAM-1 )( 6 例)インターロイキンー6は減少した。 6 症例の 2 次性リンパ浮腫では高い血清ヒアルロン酸は治療後に減少した。[chuoms.co.jp]

  • アスピリン喘息

    CD8 が優性),好中球の増加が認められる.[saishin-igaku.co.jp] ,完全に可逆的でない気流制限を特徴とし,気管支喘息とともに慢性の閉塞性肺疾患であるが,両者の病態には大きな違いがある.喘息の気道炎症は肺胞系を除く中枢から末梢気道までの好酸球,T細胞(Th2),マスト細胞の浸潤が特徴的であるが,COPD では,中枢から肺胞まで及ぶ,気道,実質,肺血管構造の全体にわたる慢性炎症が特徴であり,マクロファージ,細胞[saishin-igaku.co.jp]

  • IgE型骨髄腫

    III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ球数が正常又は増加している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp]

  • 二次性肺間質性線維症

    BAL液所見では、総細胞数の増加がみられ、細胞分画ではリンパ球比率の上昇(平均30 60%)が認められる。また、CD8陽性T細胞優位のリンパ球増加、リンパ球CD4/CD8比の低下、さらに、好中球、好酸球比率の軽度上昇も認められる。IPFと比較すると、NSIPでは好中球比率が低く、リンパ球比率が高いことが特徴である。[boehringerplus.jp] 病変局所のマクロファージと活性化Tリンパ球の集積が特徴である。BALF中には、総細胞数の増加、リンパ球比率の増加、CD4/CD8比の上昇が認められる。[sagamigaoka-ac.com]

  • 剥離性間質性肺炎

    BAL液所見では、総細胞数の増加がみられ、細胞分画ではリンパ球比率の上昇(平均30 60%)が認められる。また、CD8陽性T細胞優位のリンパ球増加、リンパ球CD4/CD8比の低下、さらに、好中球、好酸球比率の軽度上昇も認められる。IPFと比較すると、NSIPでは好中球比率が低く、リンパ球比率が高いことが特徴である。[boehringerplus.jp] 病変局所のマクロファージと活性化Tリンパ球の集積が特徴である。BALF中には、総細胞数の増加、リンパ球比率の増加、CD4/CD8比の上昇が認められる。[sagamigaoka-ac.com]

  • 不全対麻痺

    ウイルスは血液および髄液中のT細胞に感染する。CD4陽性のメモリーT細胞CD8陽性の細胞傷害性T細胞,およびマクロファージが血管周囲領域と脊髄実質に浸潤し,星細胞増加症が生じる。神経症状の発症後数年かけて,脊髄の灰白質および白質の炎症が進行し,側索および後索を中心に変性が生じる。脊髄前索のミエリンおよび軸索も脱失する。[msdmanuals.com]

  • 特発性器質化肺炎

    病変局所のマクロファージと活性化Tリンパ球の集積が特徴である。BALF中には、総細胞数の増加、リンパ球比率の増加、CD4/CD8比の上昇が認められる。[sagamigaoka-ac.com]

  • B 細胞リンパ腫

    はαβT細胞である CD4 陽性T細胞CD8 陽性T細胞がB細胞特異的LMP1コンディショナルトランスジェニックマウスの骨髄において増加および活性化していたことから,αβT細胞がLMP1陽性B細胞の免疫監視に重要であることが予想された.このことを確認する目的で,このコンディショナルトランスジェニックマウスとT細胞受容体β鎖のノックアウトマウス[first.lifesciencedb.jp] し,死にいたることがわかった.LMP1陽性B細胞は活性化マーカーを発現して活発に分裂し,NF-κBシグナル伝達系, ERK シグナル伝達系, JNK シグナル伝達系などの恒常的な活性化が観察された.また,B細胞における遺伝子変異の導入に重要である AID の発現が誘導されていることがわかった. 4.LMP1陽性B細胞を免疫監視する中心的な細胞[first.lifesciencedb.jp]

  • 原発性免疫不全症

    III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ球数が正常又は増加している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp]

さらなる症状