Create issue ticket

考えれる328県の原因 cd8 t

結果を表示する: English

  • 限局性筋炎

    一見正常にみえる壊死していない、MHCクラスI抗原を発現する筋線維に、CD8陽性T細胞が攻撃する像が確認されます。(正常筋線維はこの抗原を発現しません。) MHCの発現およびCD8陽性T細胞(MHC-CD8複合体と呼ばれる)浸潤の所見は、いくつかの筋ジストロフィーにみられるような非免疫性炎症を伴う障害の除外診断に有用です。[utanohosp.jp] CD8-MHCクラスI複合体は、多発性筋炎および封入体筋炎の組織学的所見において特徴的であり、診断の確認に有用です。CD8陽性T細胞は、その細胞内に含有するパーフォリンを筋線維表面に向けて放出し、壊死を引き起こします。[utanohosp.jp] 多発筋炎および封入体筋炎 CD8陽性細胞傷害性T細胞が、一見健康にみえる非壊死性筋線維を取り囲み、侵入します。しかし、その筋線維は、MHCクラスIの異常発現がみられます。MHCクラスIの発現は、正常の筋線維の筋鞘に存在しませんが、活性化されたT細胞によって分泌されるサイトカインにより誘導されると考えられます。[utanohosp.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    その結果、血中sCD14-S濃度は、細菌感染を伴う肺炎患者では205 160pg/mL(中央値612pg/mL)ウイルス性の肺炎患者では149 379pg/mL(中央値264pg/mL)であった。[patents.google.com] […] sCD14-STの血中半減期は投与1時間以内では25分であり、それ以後では5分であり、2相性を示した。また、血中sCD14-S濃度は投与120分後には投与5分後の約6%にまで低下し、24時間後には完全に血中から消失していた。[patents.google.com] イヌ(雄性ビーグル犬、7または8カ月齢、3頭、北山ラベス株式会社)に、組換え体sCD14-ST(国際公開第2005/10429号に記載のrsCD14-S)を10μg/kgの用量で静脈内投与し、投与後24時間までの血液を経時的に採取した。血中のsCD14-ST濃度を実施例1に記載のサンドイッチEIA系を用いて測定した。[patents.google.com]

  • 筋炎

    血管周囲にと横紋筋周囲にリンパ球主体の細胞浸潤、特にCD8T細胞の浸潤があり、CD8T細胞はマクロファージに伴って筋線維に侵入する。CD8T細胞近傍にはCD4T細胞があり浸潤細胞は主に細胞障害性T細胞(CTL)で パーフォリン と グランザイム により標的筋細胞を破壊する。CTLはHLAに向けられていると考えられている。[ja.wikipedia.org] 陽性T細胞が取り囲み侵入する像(CD8/MHC-Ⅰ complex)が筋病理診断のための必要条件である ASSでは線維束周囲性壊死やMHCクラスⅡの筋束辺縁部優位の高発現が特徴的である IMNMでは,壊死・再生線維やC5b-9の筋線維膜上での沈着が観察される。[jmedj.co.jp] それ故、末梢血には健常人でもウイルスなどの外敵を殺すCD8Tリンパ球が多くあります。 私たちは、このようなCD8Tリンパ球の特性を考慮し、多発性筋炎患者さんの末梢血には健常者よりも高頻度にCD8Tリンパ球のクローン性増多があると推定しました。[tmd.ac.jp]

  • 過敏症

    IVc型 CD8 T細胞による反応であり接触性皮膚炎が含まれる。 IVd型 T細胞と好中球による反応でありベーチェット病などが含まれる。 受容体に対する自己抗体が産生され、その自己抗体がリガンドと同様に受容体を刺激することで、細胞から物質が分泌され続けるために起こるアレルギー。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚筋炎

    血管周囲にと横紋筋周囲にリンパ球主体の細胞浸潤、特にCD8T細胞の浸潤があり、CD8T細胞はマクロファージに伴って筋線維に侵入する。CD8T細胞近傍にはCD4T細胞があり浸潤細胞は主に細胞障害性T細胞(CTL)でパーフォリンとグランザイムにより標的筋細胞を破壊する。CTLはHLAに向けられていると考えられている。[ja.wikipedia.org] 浸潤細胞は、T、Bリンパ球、マクロファージなどである。かつて、多発性筋炎では浸潤細胞にCD8陽性Tリンパ球が多く、皮膚筋炎ではCD4陽性Tリンパ球が多い上、筋血管内皮細胞に補体沈着が認められたことから、前者はキラーCD8陽性Tリンパ球による筋組織傷害、後者は抗体による筋血管障害が原因であるとの説が唱えられた。[nanbyou.or.jp] 多発性筋炎では、主に筋線維束の個々の筋線維周囲にCD8 T細胞優位な細胞浸潤とMHC class Iの発現亢進がみられ、筋線維表面の抗原を細胞傷害性T細胞が認識していると考えられている。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 多発性筋炎

    多発性筋炎 は,皮膚筋炎や封入体性筋炎とともに炎症性筋疾患に含まれ,発症組織ではCD陽性 T細胞 が浸潤し,筋壊死を誘導し,進行性の筋力低下を惹起する.[pharm.or.jp] 浸潤細胞は、T、Bリンパ球、マクロファージなどである。かつて、多発性筋炎では浸潤細胞にCD8陽性Tリンパ球が多く、皮膚筋炎ではCD4陽性Tリンパ球が多い上、筋血管内皮細胞に補体沈着が認められたことから、前者はキラーCD8陽性Tリンパ球による筋組織傷害、後者は抗体による筋血管障害が原因であるとの説が唱えられた。[nanbyou.or.jp] それ故、末梢血には健常人でもウイルスなどの外敵を殺すCD8Tリンパ球が多くあります。 私たちは、このようなCD8Tリンパ球の特性を考慮し、多発性筋炎患者さんの末梢血には健常者よりも高頻度にCD8Tリンパ球のクローン性増多があると推定しました。[tmd.ac.jp]

  • 伝染性単核球症

    形態学的に異常な(異型)リンパ球が,感染症に反応するCD8陽性T細胞から主に発生する。 初感染後には,EBVは宿主内の主にB細胞に終生残存し,症状を伴わないまま中咽頭から間欠的に排出される。このウイルスは,EBV血清反応陽性の健康成人の15 25%で中咽頭分泌物中に検出される。[msdmanuals.com] 原因 B細胞を標的とする EBV が、CD8 陽性 T 細胞もしくは NK 細胞に感染し増殖することに端を発し、高サイトカイン血症の結果、マクロファージを初めとするリンパ網内系の異常活性化、様々な臓器障害を来す。東アジアからの報告が多いため、何らかの遺伝的背景が推測されるものの、明確な知見には乏しい。[med.nagoya-u.ac.jp] 伝染性単核球症は感染したB細胞の増殖に惹起された NK細胞および細胞傷害性T細胞の増殖・活性化による全身炎症が主体となります ( Ref )。一方、EBV-HPSはB細胞のみならずCD8陽性T細胞にEBウイルスが感染、増殖 ( Ref )するためにEBV特異的な細胞傷害性Tリンパ球が十分産生されずEBV感染を制 御できません。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 多発性硬化症

    このペンダーの仮説は、遺伝等の原因によってEBウイルスに対するCD8 T細胞応答に何らかの不全が起き、EBウイルスに感染した自己反応性の記憶B細胞が抗原提示細胞として働き、通常は禁止された自己抗原のT細胞認識が可能となり、自己免疫応答が生ずるというものである。[ja.wikipedia.org]

  • ニューモシスチス肺炎

    しかしCD8陽性Tリンパ球も欠損させると肺内の菌量はかわらないものの、炎症や酸素化障害は軽減する。また重症複合免疫不全マウスは晩期まで呼吸障害を起こさないが。このマウスに野生型マウスの脾細胞を投与して細胞性免疫を構築すると急激な酸素化障害がおこる。CD4陽性T細胞が機能不全の状態ではCD8陽性T細胞が肺障害に関与すると考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    特に、インターフェロンガンマとCD8陽性T細胞の働きが重要である。トキソプラズマに対する抗体の効果については議論の余地があるものの、細胞外に存在するトキソプラズマに反応して、その体内伝播を阻止することが推測されている。 妊娠時の感染は、母体特有の免疫応答により、流産や垂直感染を引き起こす。[patents.google.com] Fukasawa et al. 1998 Liposome oligomannose‐coated with neoglycolipid, a new candidate for a safe adjuvant for induction of CD8 cytotoxic T lymphocytes US20140193459A1 ( en[patents.google.com] T cells to sites of CD4 T cell–dendritic cell interaction Astronomo et al. 2010 Carbohydrate vaccines: developing sweet solutions to sticky situations?[patents.google.com]

さらなる症状