Create issue ticket

考えれる248県の原因 cd8

結果を表示する: English

  • 肺炎

    洗浄液中のリンパ球が増加( 60%)し,CD4 /CD8 比が 1.0であることが,この疾患の特徴である(正常比 標準誤差 2.3 0.2);これとは対照的に,CD4 優位(比 1.0)のリンパ球増多は,よりサルコイドーシスに特徴的である。他の所見には,肥満細胞数 1%(急性曝露後)ならびに好中球および好酸球の増加などがありうる。[msdmanuals.com]

  • 過敏症

    IVc型 CD8 T細胞による反応であり接触性皮膚炎が含まれる。 IVd型 T細胞と好中球による反応でありベーチェット病などが含まれる。 受容体に対する自己抗体が産生され、その自己抗体がリガンドと同様に受容体を刺激することで、細胞から物質が分泌され続けるために起こるアレルギー。[ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシスにおいては多くの場合、気管支肺胞洗浄液(BALF)中の総細胞数、リンパ球比率、CD4/CD8比が増加する。総細胞数やリンパ球比率の上昇は種々のびまん性肺疾患で観察されるが、CD4/CD8比の上昇が加わった場合はサルコイドーシスを疑う大きな根拠となる。[ja.wikipedia.org] 付記2.リンパ球比率は非喫煙者20%、喫煙者10%、CD4/CD8は3.5を判断の目安とする。[nanbyou.or.jp] 「3.全身反応を示す検査所見」は、1)両側肺門リンパ節腫脹 、2)血液検査でACE(アンギオテンシン転換酵素)活性の高値、(3)ツベルクリン反応陰性、4)ガリウムシンチグラフィーにおける著明な集積所見 、5)気管支肺胞洗浄検査でリンパ球増加または割合の異常(CD4/CD8比高値)、 6)血清あるいは尿中カルシウム高値 の6項目からなり、このうち[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 限局性筋炎

    一見正常にみえる壊死していない、MHCクラスI抗原を発現する筋線維に、CD8陽性T細胞が攻撃する像が確認されます。(正常筋線維はこの抗原を発現しません。) MHCの発現およびCD8陽性T細胞(MHC-CD8複合体と呼ばれる)浸潤の所見は、いくつかの筋ジストロフィーにみられるような非免疫性炎症を伴う障害の除外診断に有用です。[utanohosp.jp] CD8-MHCクラスI複合体は、多発性筋炎および封入体筋炎の組織学的所見において特徴的であり、診断の確認に有用です。CD8陽性T細胞は、その細胞内に含有するパーフォリンを筋線維表面に向けて放出し、壊死を引き起こします。[utanohosp.jp] 封入体筋炎では、CD8-MHC複合体を含む、多発筋炎の炎症性の特徴をすべて有していますが、さらに、結合組織の増生および筋線維の大小不同を伴う、慢性的な筋障害変化がみられます。[utanohosp.jp]

  • 皮膚筋炎

    血管周囲にと横紋筋周囲にリンパ球主体の細胞浸潤、特にCD8T細胞の浸潤があり、CD8T細胞はマクロファージに伴って筋線維に侵入する。CD8T細胞近傍にはCD4T細胞があり浸潤細胞は主に細胞障害性T細胞(CTL)でパーフォリンとグランザイムにより標的筋細胞を破壊する。CTLはHLAに向けられていると考えられている。[ja.wikipedia.org] それ故、末梢血には健常人でもウイルスなどの外敵を殺すCD8Tリンパ球が多くあります。 私たちは、このようなCD8Tリンパ球の特性を考慮し、多発性筋炎患者さんの末梢血には健常者よりも高頻度にCD8Tリンパ球のクローン性増多があると推定しました。[tmd.ac.jp] 一見正常にみえる壊死していない、MHCクラスI抗原を発現する筋線維に、CD8陽性T細胞が攻撃する像が確認されます。(正常筋線維はこの抗原を発現しません。) MHCの発現およびCD8陽性T細胞(MHC-CD8複合体と呼ばれる)浸潤の所見は、いくつかの筋ジストロフィーにみられるような非免疫性炎症を伴う障害の除外診断に有用です。[utanohosp.jp]

  • 口腔カンジダ症

    これはCD8陽性リンパ球の唾液腺などへの浸潤や、HIVの緩徐な増殖による。 口腔乾燥に対しては、シュガーレスキャンディーをなめたり、チューインガムを噛むなど唾液分泌刺激療法を行ったり、人工唾液を用いたりする。ピロカルピン刺激(5mgを1日3回)により症状が改善する場合もある。フッ化物による洗口が歯牙の齲蝕進行を予防する上で大切である。[aids-chushi.or.jp]

  • 筋炎

    それ故、末梢血には健常人でもウイルスなどの外敵を殺すCD8Tリンパ球が多くあります。 私たちは、このようなCD8Tリンパ球の特性を考慮し、多発性筋炎患者さんの末梢血には健常者よりも高頻度にCD8Tリンパ球のクローン性増多があると推定しました。[tmd.ac.jp] 一見正常にみえる壊死していない、MHCクラスI抗原を発現する筋線維に、CD8陽性T細胞が攻撃する像が確認されます。(正常筋線維はこの抗原を発現しません。) MHCの発現およびCD8陽性T細胞(MHC-CD8複合体と呼ばれる)浸潤の所見は、いくつかの筋ジストロフィーにみられるような非免疫性炎症を伴う障害の除外診断に有用です。[utanohosp.jp] リンパ球の浸潤は、多発性筋炎では筋内膜付近にCD8陽性の細胞障害性T細胞が多くみられ、非壊死筋線維を取り囲む、もしくは侵入する像を呈します。細胞障害性T細胞はMHC class Iを発現する非壊死線維に浸潤する組織像を示します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 多発性硬化症

    このペンダーの仮説は、遺伝等の原因によってEBウイルスに対するCD8 T細胞応答に何らかの不全が起き、EBウイルスに感染した自己反応性の記憶B細胞が抗原提示細胞として働き、通常は禁止された自己抗原のT細胞認識が可能となり、自己免疫応答が生ずるというものである。[ja.wikipedia.org]

  • 血小板減少症

    慢性リンパ性白血病などのリンパ球増殖性疾患の治療薬 として開発されしたが、CD4、CD8 T細胞の長期間にわたる抑制が認められたことより 同種造血幹細胞移植を始めとする移植後あるいは自己免疫疾患に使用されておりま す。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 間擦疹

    末梢血、組織の T 細胞と CD8 細胞は、治療後に減少した。治療後には単核細胞数は増加しツ反、 PHA は増強した。血沈 ( 20例 ) 、接着因子( ICAM-1,VCAM-1,ELAM-1 )( 6 例)インターロイキンー6は減少した。 6 症例の 2 次性リンパ浮腫では高い血清ヒアルロン酸は治療後に減少した。[chuoms.co.jp]

さらなる症状