Create issue ticket

考えれる471県の原因 cd4 t

結果を表示する: English

  • 口腔カンジダ症

    慢性型のカンジダ症の場合、細胞性免疫が重要な役割を果たすとされており、そのためCD4陽性T細胞の減少によってAIDS患者への発症が多い。 ほとんどは新生児の時期に基礎疾患をもたない生理反応として生じる。周囲の炎症症状を欠く淡雪状白苔を付着した偽膜性病変を特徴とする。[ja.wikipedia.org] 慢性型のカンジダ症の場合、細胞性免疫が重要な役割を果たすとされており、そのためCD4陽性T細胞の減少によってAIDS患者への発症が多い [2] 。 ほとんどは新生児の時期に基礎疾患をもたない生理反応として生じる。周囲の炎症症状を欠く淡雪状白苔を付着した 偽膜 性病変を特徴とする。[ja.wikipedia.org]

  • 種痘様水疱症様リンパ腫

    我々は、この病態を明らかにするため、蚊刺過敏症患者6症例について、蚊唾液腺抽出抗原を用いた免疫学的検討を試み、蚊抗原に反応する細胞はEBV感染NK細胞ではなくCD4 T細胞であることをみいだした。[kaken.nii.ac.jp] これまでの研究でEBV感染T/NK細胞がNOGマウスに生着し増殖するためには非感染CD4 T細胞の存在が必須であることが明らかとなった。非感染CD4 細胞を標的とした感染TおよびNK細胞制御の可能性が示されている。[myschedule.jp] 陽性進行性表皮向性細胞傷害性T細胞リンパ腫 (primary cutaneous CD8 aggressive epidermotropic cytotoxic T-cell lymphoma) 34.原発性皮膚CD4陽性小・中細胞型T細胞リンパ腫(primary cutaneous CD4 small/medium T-cell lymphoma[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    実施例5で測定した細菌感染を伴う肺炎患者およびウイルス性の肺炎患者の血中sCD-S濃度の分布を示した図である。縦軸は血中sCD-S濃度を表す。 実施例6で測定した、sCD1-STを静脈内投与した場合の血中sCD-S濃度の推移を示した図である。横軸は投与後の時間、縦軸は血中sCD-S濃度を表す。[patents.google.com] すると、日本人小児において血清可溶性CD14(sCD14)量と有意に関係するCD14 (-550)C/TのCC型は、RSV細気管支炎の発症と有意に関係していた 4) 。[niid.go.jp] 以上のことから細菌感染が存在する肺炎患者では血中sCD-S濃度が高値を示すこと、治療による症状の改善と血中sCD-S濃度の低下が相関することが明らかになった。[patents.google.com]

  • HIV感染症

    HIVはヘルパー型T細胞上のCD4を感染レセプターとしており、感染レセプターであるCD4分子を介して、CD4陽性T細胞に感染し、これを破壊して免疫系のヘルパー機能を傷害し、最終的には宿主の免疫機構全体までも廃絶して宿主の死をもたらす。[med.kyushu-u.ac.jp] 未治療の場合、HIVが複製して、進行性のCD4 T細胞減少および広範な免疫学的異常が起こり、感染合併症と腫瘍合併症のリスク上昇につながる。HIV感染症は心血管疾患、骨疾患、腎機能障害、肝機能障害およびその他のいくつかの一般的な疾患にも影響する。[natureasia.com] HIV病原検査が陽性 血清免疫グロブリンの高値に加え、リンパ球数の減少、CD4陽性Tリンパ球数の減少、CD4陽性Tリンパ球数/CD8陽性Tリンパ球数比の減少という免疫学的検査所見のいずれかを有する II AIDSの診断 Iの基準を満たし、IIIの指標疾患(Indicator Disease)の1つ以上が明らかに認められる場合にAIDSと診断[acc.ncgm.go.jp]

  • ニューモシスチス肺炎

    CD4陽性T細胞が機能不全の状態ではCD8陽性T細胞が肺障害に関与すると考えられる。この動物実験は臨床的にも再現されている。たとえば AIDS 患者でPCPの治療が不十分なまま抗レトロウイルス療法を開始すると、免疫機能の回復とともに、遺残していた病原体に対する激しい炎症反応が起こる 免疫再構築症候群 が知られている。[ja.wikipedia.org] 動物実験ではCD4陽性Tリンパ球を選択的に欠損させたマウスではPCPを発症しやすく、低酸素血症や肺コンプライアンスの低下など重症化を認める。しかしCD8陽性Tリンパ球も欠損させると肺内の菌量はかわらないものの、炎症や酸素化障害は軽減する。また重症複合免疫不全マウスは晩期まで呼吸障害を起こさないが。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性免疫不全症候群

    この間に、 ウイルス は T細胞 やマクロファージに感染して徐々に免疫不全に至る。この宿主の免疫低下の進行は、CD4陽性 T細胞 の数や、 T細胞 のCD4/CD8の比によってモニターすることができる。[pharm.or.jp] [1] HIV病原検査が陽性 [2] 血清免疫グロブリンの高値に加え、リンパ球数の減少、CD陽性リンパ球数の減少、CD陽性リンパ球数/CD8陽性Tリンパ球数比の減少という免疫学的検査所見のいずれかを有する。[mhlw.go.jp] また、免疫担当細胞であるCD4陽性T細胞がそれに見合うだけ作られ、ウイルスがCD4陽性T細胞に感染し破壊するプロセスが繰り返されるため、見かけ上の血中ウイルス濃度が低く抑えられているという動的な平衡状態にある。無症候期を通じてCD4陽性T細胞数は徐々に減少していってしまう。無症候期にある感染者は無症候性キャリア(AC)とも呼ばれる。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚筋炎

    血管周囲にと横紋筋周囲にリンパ球主体の細胞浸潤、特にCD8T細胞の浸潤があり、CD8T細胞はマクロファージに伴って筋線維に侵入する。CD8T細胞近傍にはCD4T細胞があり浸潤細胞は主に細胞障害性T細胞(CTL)でパーフォリンとグランザイムにより標的筋細胞を破壊する。CTLはHLAに向けられていると考えられている。[ja.wikipedia.org] 浸潤細胞は、T、Bリンパ球、マクロファージなどである。かつて、多発性筋炎では浸潤細胞にCD8陽性Tリンパ球が多く、皮膚筋炎ではCD4陽性Tリンパ球が多い上、筋血管内皮細胞に補体沈着が認められたことから、前者はキラーCD8陽性Tリンパ球による筋組織傷害、後者は抗体による筋血管障害が原因であるとの説が唱えられた。[nanbyou.or.jp] ヒト筋炎研究も同時進行 前述のように多発性筋炎は筋細胞がCD8Tリンパ球の標的となり組織破壊が生じていると考えられます。 一方で、CD8Tリンパ球は、CD4Tリンパ球と異なり、標的組織ではなくリンパ節で抗原提示を受けて増殖し、末梢血を経由して標的組織に移ることが知られています。 また、非特異的刺激でも増殖し易い。[tmd.ac.jp]

  • ケル同種免疫がある新生児の溶血性疾患

    事例で、三郎君は末梢血のCD4陽性T細胞数が多いこと、しかしCD4陽性CD25陽性のT細胞は欠損していることが気付かれます。[med.kindai.ac.jp] 末梢血では通常CD4陽性T細胞とCD8陽性T細胞のどちらが多いの? CD4陽性T細胞数の正常範囲は? CD4陽性T細胞とCD8陽性T細胞の機能の違いは? CD25とはどのような分子だろう? 一つの細胞でCD4とCD25を同時に検出する方法は? 三郎君の病態と、亡くなったお兄さんの組織病変の関係は?[med.kindai.ac.jp] マウスでもヒトでも、末梢リンパ組織中のCD4陽性T細胞のうち、5 10%がCD4陽性CD25陽性T細胞 です。[med.kindai.ac.jp]

  • 筋炎

    血管周囲にと横紋筋周囲にリンパ球主体の細胞浸潤、特にCD8T細胞の浸潤があり、CD8T細胞はマクロファージに伴って筋線維に侵入する。CD8T細胞近傍にはCD4T細胞があり浸潤細胞は主に細胞障害性T細胞(CTL)で パーフォリン と グランザイム により標的筋細胞を破壊する。CTLはHLAに向けられていると考えられている。[ja.wikipedia.org] ヒト筋炎研究も同時進行 前述のように多発性筋炎は筋細胞がCD8Tリンパ球の標的となり組織破壊が生じていると考えられます。 一方で、CD8Tリンパ球は、CD4Tリンパ球と異なり、標的組織ではなくリンパ節で抗原提示を受けて増殖し、末梢血を経由して標的組織に移ることが知られています。 また、非特異的刺激でも増殖し易い。[tmd.ac.jp] 皮膚筋炎では、筋線維束の辺縁部に位置する筋線維の萎縮が特徴的で、筋線維束周辺の間質、特に血管周囲にCD4 T細胞が比較的優位な浸潤を特徴とし免疫複合体などの液性因子の関与による血管炎が筋傷害に関与しているという報告がある。細血管を傷害し壊死性血管炎をみることもある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 高血圧症

    注5) ヘルパー細胞 免疫応答の調節に関わるCD陽性細胞で、Th1、Th2、Th17の3種類の細胞からなる。 注6) Th17細胞 CDを発現するヘルパー細胞の中でIL-17の発現で規定されるT細胞の分画で、ナイーブT細胞からのTh17細胞の分化にはIL-6が必要とされる。関節リウマチなど多くの自己免疫疾患の発症に関わる。[jst.go.jp]

さらなる症状