Create issue ticket

考えれる52県の原因 cd4 cd8 t

結果を表示する: English

  • ケル同種免疫がある新生児の溶血性疾患

    末梢血では通常CD4陽性T細胞とCD8陽性T細胞のどちらが多いの? CD4陽性T細胞数の正常範囲は? CD4陽性T細胞とCD8陽性T細胞の機能の違いは? CD25とはどのような分子だろう? 一つの細胞でCD4とCD25を同時に検出する方法は? 三郎君の病態と、亡くなったお兄さんの組織病変の関係は?[med.kindai.ac.jp] 学生さんたちに挙げて貰いたかったキーワード  白血球増多  白血球分画  CD4陽性Tリンパ球  CD8陽性Tリンパ球  CD4陽性Tリンパ球の増加  CD4陽性CD25陽性細胞  膵臓へのリンパ球浸潤 学生さんたちの討論で採り上げてほしかったポイント 正常の末梢血白血球数は? 末梢血白血球に占める顆粒球・リンパ球の割合は?[med.kindai.ac.jp] CD8陽性Tリンパ球数は正常範囲内でしたが、CD4陽性Tリンパ球数は 2,300/µlと増加していました。また、CD4とCD25が共に陽性の細胞が、ほとんど全く検出されませんでした。8年前に亡くなったAさん夫妻の長男に関する剖検記録を取り寄せたところ、膵臓に多数のリンパ球が浸潤していたとの記載がありました。[med.kindai.ac.jp]

  • 血小板減少症

    慢性リンパ性白血病などのリンパ球増殖性疾患の治療薬 として開発されしたが、CD4CD8 T細胞の長期間にわたる抑制が認められたことより 同種造血幹細胞移植を始めとする移植後あるいは自己免疫疾患に使用されておりま す。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 多発性関節炎

    CD4陽性リンパ球とCD8陽性Tリンパ球による抗原認識機構の違いを説明出来る。 MHC遺伝子に多重性と多型性が存在する理由を、個体の維持と種の進化の両立の観点から説明できる。 Th1細胞とTh2細胞の産生する代表的なサイトカインを二つずつ挙げることが出来、両者の誘導する免疫反応の違いを説明出来る。[med.kindai.ac.jp]

  • 紫斑病

    慢性リンパ性白血病などのリンパ球増殖性疾患の治療薬 として開発されしたが、CD4CD8 T細胞の長期間にわたる抑制が認められたことより 同種造血幹細胞移植を始めとする移植後あるいは自己免疫疾患に使用されておりま す。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    細胞性免疫として、まずCD4(ヘルパー)T細胞がウイルス感染などをきっかけに甲状腺特異的に活性化され、次いで細胞障害性のCD8細胞が甲状腺内に呼び込まれ、 それが組織障害の原因になるといわれています。[senoopc.jp]

  • 円形脱毛症

    CD4陽性T細胞はCD8陽性細胞とともに自己抗原への反応を助ける働きをしている。組織学的には毛包周囲にswarm of bees(蜂の巣)といわれるリンパ球浸潤が見られる。自己免疫反応の結果、脱毛部分の毛根組織は萎縮し障害されるが、リンパ球反応が消失すれば元通りの毛が再生される。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性免疫不全症候群

    HIV はCD4陽性の T細胞 やマクロファージに感染する。感染6 8週目に抗 HIV 抗体 陽性となる。[pharm.or.jp] [1] HIV病原検査が陽性 [2] 血清免疫グロブリンの高値に加え、リンパ球数の減少、CD陽性リンパ球数の減少、CD陽性リンパ球数/CD陽性Tリンパ球数比の減少という免疫学的検査所見のいずれかを有する。[mhlw.go.jp] この宿主の免疫低下の進行は、CD4陽性 T細胞 の数や、 T細胞 のCD4/CD8の比によってモニターすることができる。 HIV の感染の診断は、抗 HIV 抗体 によるELISA法による予備試験と、ウエスタンブロット法や蛍光 抗体 法による確認試験による。[pharm.or.jp]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    慢性リンパ性白血病などのリンパ球増殖性疾患の治療薬 として開発されしたが、CD4CD8 T細胞の長期間にわたる抑制が認められたことより 同種造血幹細胞移植を始めとする移植後あるいは自己免疫疾患に使用されておりま す。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 強皮症

    線維芽細胞の活性化と免疫機構、T細胞の関与本症ではCD4-CD8-T細胞がクロナールに増加することが前回の研究で判明した。CD4-CD8-T細胞より分泌されるInterleukin-17の発現を末梢血より検討した。健常人末梢血単核球はPHA未刺激状態ではIL-17の遺伝子発現が見られなが、本症では未刺激状態でもその発現は認められた。[research-er.jp]

  • CAID症候群

    喘息とCOPDの特徴 喘息 COPD 発症年齢 全年齢層 中高年層 要因 アレルギー、感染 喫煙、大気汚染 アレルギー歴、家族歴 認めることがある 認めない 気道炎症細胞 好酸球、CD4Tリンパ球 マスト細胞 好中球、CD8Tリンパ球 マクロファージ 症状(咳、痰、呼吸困難) 日内変動/発作性 緩徐な進行性・持続性・労作性 気流閉塞・形態変化[satojuichi-cl.com]

さらなる症状