Create issue ticket

考えれる321県の原因 cd4 cd8

結果を表示する: English

  • 肺炎

    洗浄液中のリンパ球が増加( 60%)し,CD4 /CD8 比が 1.0であることが,この疾患の特徴である(正常比 標準誤差 2.3 0.2);これとは対照的に,CD4 優位(比 1.0)のリンパ球増多は,よりサルコイドーシスに特徴的である。他の所見には,肥満細胞数 1%(急性曝露後)ならびに好中球および好酸球の増加などがありうる。[msdmanuals.com]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシスにおいては多くの場合、気管支肺胞洗浄液(BALF)中の総細胞数、リンパ球比率、CD4/CD8比が増加する。総細胞数やリンパ球比率の上昇は種々のびまん性肺疾患で観察されるが、CD4/CD8比の上昇が加わった場合はサルコイドーシスを疑う大きな根拠となる。[ja.wikipedia.org] リンパ球の増加により CD4 / CD8 比率は上昇し,3.5以上を呈する症例が約60%(特異度94%)に上る.[primary-care.sysmex.co.jp] 付記2.リンパ球比率は非喫煙者20%、喫煙者10%、CD4/CD8は3.5を判断の目安とする。[nanbyou.or.jp]

  • 小葉中心性肺気腫を示している肺生検

    CD4/CD8比は一般的に1.0以下となる。ただし農夫肺ではむしろ上昇する。慢性型ではリンパ球の増加は軽度で、CD4/CD8比は上昇する傾向にある。 (D'Ippolito R et al. Respir Med. 2004 Oct;98(10):977-83.)[kameda.com] 気管支肺胞洗浄 [ 編集 ] 洗浄液中のリンパ球が増加( 60%)し,CD4 /CD8 比が 1.0 である。また、肥満細胞数 1%(急性曝露後)ならびに好中球および好酸球の増加など。 病理組織学的所見 [ 編集 ] 経気管支肺生検を行うと、非乾酪性肉芽腫を認めることが多い。[ja.wikipedia.org] 洗浄液中のリンパ球が増加( 60%)し,CD4 /CD8 比が 1.0であることが,この疾患の特徴である(標準比 標準誤差 2.3 0.2);これとは対照的に,CD4 優位(比 1.0)のリンパ球増多は,よりサルコイドーシスに特徴的である。他の所見には,肥満細胞数 1%(急性曝露後)ならびに好中球および好酸球の増加などがありうる。[msdmanuals.com]

  • 肺門リンパ節腫脹

    ・血漿CD4/CD8低下。 ・高Ca血症。 【経過】 ・経過や予後は様々で、増悪・軽快を繰り返す傾向がある。 ・結節性紅斑や無症状の両側肺門リンパ節腫脹で急性発症   自然消失 ・肺病変や多臓器病変を伴う潜在性の発症 肺や他臓器の線維症へと進行。 ・5%に再発。 ・5%の患者で直接の死因となる。[trc-rad.jp] 本例は胸部CT所見もサルコイドーシスとして矛盾がなく,診断目的に気管支鏡検査を実施した.経気管支肺生検にて 非乾酪性肉芽腫 が得られ, 気管支肺胞洗浄液 では リンパ球増多 がみられ,その CD4/CD8比は高値 であり,サルコイドーシスと診断した.本例は眼サルコイドーシスおよび心サルコイドーシスの合併は認めなかった.若年発症のサルコイドーシス[yodosha.co.jp] サルコイドーシスにおいては多くの場合、気管支肺胞洗浄液(BALF)中の総細胞数、リンパ球比率、CD4/CD8比が増加する。総細胞数やリンパ球比率の上昇は種々のびまん性肺疾患で観察されるが、CD4/CD8比の上昇が加わった場合はサルコイドーシスを疑う大きな根拠となる。[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性下気道感染症

    例えば、国際公開第200/0005号または国際公開第2005/1029号に開示されているsCD14-STを特異的に検出する免疫測定系を用いることができる。[patents.google.com] (実施例6)血中sCD-STの半減期 sCD14-STの血中からの消失速度を確認した。イヌ(雄性ビーグル犬、7またはカ月齢、3頭、北山ラベス株式会社)に、組換え体sCD-ST(国際公開第2005/10429号に記載のrsCD14-ST)を10μg/kgの用量で静脈内投与し、投与後24時間までの血液を経時的に採取した。[patents.google.com] […] sCD1-STは詳細には国際公開第2005/1029号に開示されている。本明細書中においてsCD14-STは、特に断りのない限りヒトsCD14-STを意味する。 血液検体中のsCD14-STの測定は公知の手法により行うことができる。[patents.google.com]

  • 外因性アレルギー性肺胞炎

    抄録 4人家族のうち夫婦2人が,入居後2ヵ月の比較的短期間の同時期に夏型過敏性肺炎を発症した.症例は45歳男性と43歳女性.2症例ともに2003年6月より,発熱,湿性咳嗽の症状で発症し,胸部X線写真にてびまん性のスリガラス陰影を認めたため当科紹介となった.両症例ともトリコスポロン抗体陽性で,気管支鏡検査で気管支肺胞洗浄液中のリンパ球の増加とCD4[doi.org] (感度92.3%, 特異度92.8%) 白血球、C反応性蛋白(CRP)、血沈の著明な上昇は認められない例がある。 洗浄液中のリンパ球が増加( 60%)し,CD4 /CD8 比が 1.0 である。また、肥満細胞数 1%(急性曝露後)ならびに好中球および好酸球の増加など。 経気管支肺生検を行うと、非乾酪性肉芽腫を認めることが多い。[ja.wikipedia.org] 洗浄液中のリンパ球が増加( 60%)し,CD4 /CD8 比が 1.0であることが,この疾患の特徴である(正常比 標準誤差 2.3 0.2);これとは対照的に,CD4 優位(比 1.0)のリンパ球増多は,よりサルコイドーシスに特徴的である。他の所見には,肥満細胞数 1%(急性曝露後)ならびに好中球および好酸球の増加などがありうる。[msdmanuals.com]

  • 保持された胎盤断片

    例えば、白血球亜集団を分析するために、抗MOを使用CD45、Ly6G、F4 / 80、CD11cの、CD49b、B220、CD3、CD4、およびCD8( 表1): 以下の白血球の細胞表面マーカーと反応する抗体を使用しています。[jove.com] Tak1は胸腺細胞発生に必須であり、TAK1の活性化や欠搊によりCD4CD8を呈するシングルポジティブな胸腺細胞の成熟が阻止される。 TAK1を欠搊した胸腺細胞では NfκB やJNKの活性化が行えず、刺激を受けた際にアポトーシスを起こしやすい。[shiga-med.ac.jp] 実際に、有益な違いはマクロファージにおいて、細胞外のマーカーの発現が見出されている(のCD11b F4 / 80 細胞)、好中球(のCD11b Ly6G 細胞)、NKT細胞(CD3 CD49b 細胞)、T細胞(CD3 細胞)およびB CD4CD8CD69、CD25、CD40L、PD1、CD44、CD62L、およびCTLA4を含む細胞(B220[jove.com]

  • 種痘様水疱症様リンパ腫

    筆者らは,PBMCから①CD19ビーズでB細胞分離②残りの細胞からCD4ビーズでT細胞分離③さらに残りの細胞からCD8ビーズでT細胞分離④さらに残りの細胞からCD56ビーズNK細胞分離⑤さらに残りの細胞からCD14ビーズで単球細胞分離⑥さらに残りの細胞からCD3ビーズでγδ-T細胞分離⑦残った細胞はCD19 - /CD4 - /CD8[myschedule.jp] また、これらの患者ではCD3 CD4 - CD8 - TCRγδ T細胞にEBVが感染していた(図8 10)。このように、本願発明の方法がEBV関連疾患の診断のみならず発症病理の解明に役立つことが示された。[patents.google.com] ) 原発性皮膚CD4陽性小型/中型T細胞増殖症 9) 原発性皮膚末端型CD8陽性T細胞リンパ腫 10) 種痘様水疱症様リンパ増殖異常症 11) 節外性NK/T細胞リンパ腫・鼻型 12) EBV関連 T/NKリンパ増殖性疾患 13) 末梢性T細胞リンパ腫・非特定型 14) 皮膚外原発T細胞リンパ腫の皮膚浸潤 2 皮膚B細胞リンパ腫 1)[shinryobunko.co.jp]

  • リンパ球心筋炎

    ,CD8)、asialo GM_1 細胞、マクロファージが浸潤する。[kaken.nii.ac.jp] 付記2.リンパ球比率は非喫煙者20%、喫煙者10%、CD4/CD8は3.5を判断の目安とする。[nanbyou.or.jp] […] killer cell / In situ hybridization / Electron microscopy / ウイルス遺伝子 / コクサッキ-B_3ウイルス / 心筋培養 / インサイチュハイブリダイゼ-ション 研究概要 [1]モデル動物における研究:マウスのcoxsackie B3 virus性心筋炎の心筋病巣では多数のT細胞(CD4[kaken.nii.ac.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    T細胞: (CD1) CD2 CD3 CD4 CD5 CD7 CD8 TCR CD1aはランゲルハンス細胞でも陽性, CD4は単球・組織球でも陽性, CD5は一部のB細胞で陽性 CD8は脾臓血管内皮で陽性 B細胞: CD19, CD20, CD22, CD23, cyCD79a, Sm-IgA, Sm- IgG, Sm- IgM, Sm-[kuhp.kyoto-u.ac.jp] 免疫学的マーカ ーとしてはCD4陽性例がCD8陽性例よりも多く見られますが、CD4/CD8二重陽性例も認 められます。また高頻度にCD5、CD7、CD52およびCD4/CD8両陰性例も見られます。T 細胞受容体(TCR)のβ鎖(βF1)は通常発現しております。[med.osaka-cu.ac.jp] T細胞、NK細胞、T細胞性腫瘍 CD4 ヘルパーT細胞、マクロファージ、末梢性T細胞リンパ腫 CD5 T細胞 CD8 キラーT細胞、末梢性T細胞リンパ腫 CD10 胚中心B細胞、腸管上皮、Burkitt、濾胞性リンパ腫 CD15(Leu M1) 顆粒球、CMV感染細胞、ホジキン病、ki-1リンパ腫、腺癌 CD20(L-26) B細胞、B細胞性[skk-soshiki.jp]

さらなる症状