Create issue ticket

考えれる10県の原因 cd36cd36

  • 腸間膜静脈血栓症

    CD36 participates in a signaling pathway that regulates ROS formation in murine VSMCs. J Clin Invest. 120, 3996-4006 (2010).[jove.com] Platelet CD36 mediates interactions with endothelial cell-derived microparticles and contributes to thrombosis in mice. J Clin Invest. 118, 1934-1943 (2008).[jove.com] A specific CD36-dependent signaling pathway is required for platelet activation by oxidized low-density lipoprotein. Circ Res. 102, 1512-1519 (2008). Kurz, K.[jove.com]

  • 腸間膜動脈血栓症

    CD36 participates in a signaling pathway that regulates ROS formation in murine VSMCs. J Clin Invest. 120, 3996-4006 (2010).[jove.com] Platelet CD36 mediates interactions with endothelial cell-derived microparticles and contributes to thrombosis in mice. J Clin Invest. 118, 1934-1943 (2008).[jove.com] A specific CD36-dependent signaling pathway is required for platelet activation by oxidized low-density lipoprotein. Circ Res. 102, 1512-1519 (2008). Kurz, K.[jove.com]

  • 先天性葉酸吸収不良

    CD36 欠損症はアジア、アフリカで比較的高頻度で存在する。全身の CD36 が欠損しているタイプ I 欠損と血小板 CD36 のみが欠損しているタイプ II 欠損がある。[kegg.jp] (glycoprotein IV, GPIV) 欠損症 CD36(別名血小板膜糖タンパク GPIV)欠損症は動脈硬化、インスリン抵抗性、心筋症との関連が示唆されており、メタボリックシンドロームを呈することがある。[kegg.jp] […] hsa03320 PPAR signaling pathway hsa04145 Phagosome hs a049 20 Adipocytokine signaling pathway hs a049 75 Fat digestion and absorption CD36 [HSA: 948 ] [KO: K06259 ] H01143[kegg.jp]

  • トランスコバラミン 1 欠乏

    CD36 欠損症はアジア、アフリカで比較的高頻度で存在する。全身の CD36 が欠損しているタイプ I 欠損と血小板 CD36 のみが欠損しているタイプ II 欠損がある。[kegg.jp] (glycoprotein IV, GPIV) 欠損症 CD36(別名血小板膜糖タンパク GPIV)欠損症は動脈硬化、インスリン抵抗性、心筋症との関連が示唆されており、メタボリックシンドロームを呈することがある。[kegg.jp] […] hsa03320 PPAR signaling pathway hsa04145 Phagosome hs a049 20 Adipocytokine signaling pathway hs a049 75 Fat digestion and absorption CD36 [HSA: 948 ] [KO: K06259 ] H01143[kegg.jp]

  • 原発性高シュウ酸尿症

    実施可能な遺伝学的検査一覧 (連絡先: [email protected] ) 疾患分類 疾患名 Unigene名 その他の情報 内分泌・代謝疾患 CD36欠損症 CD36 内分泌・代謝疾患 Gitelman症候群 SLC12A3 内分泌・代謝疾患 Kallman症候群 KAL 内分泌・代謝疾患 MEN1 MEN1[med.nihon-u.ac.jp]

  • 先天性スクラーゼ ・ イソマルターゼ欠損症

    実施可能な遺伝学的検査一覧 (連絡先: [email protected] ) 疾患分類 疾患名 Unigene名 その他の情報 内分泌・代謝疾患 CD36欠損症 CD36 内分泌・代謝疾患 Gitelman症候群 SLC12A3 内分泌・代謝疾患 Kallman症候群 KAL 内分泌・代謝疾患 MEN1 MEN1[med.nihon-u.ac.jp]

  • ピルビン酸キナーゼ欠乏

    CD36 欠損症はアジア、アフリカで比較的高頻度で存在する。全身の CD36 が欠損しているタイプ I 欠損と血小板 CD36 のみが欠損しているタイプ II 欠損がある。[kegg.jp] (glycoprotein IV, GPIV) 欠損症 CD36(別名血小板膜糖タンパク GPIV)欠損症は動脈硬化、インスリン抵抗性、心筋症との関連が示唆されており、メタボリックシンドロームを呈することがある。[kegg.jp] […] hsa03320 PPAR signaling pathway hsa04145 Phagosome hsa04920 Adipocytokine signaling pathway hsa04975 Fat digestion and absorption CD36 [HSA: 948 ] [KO: K06259 ] H01109 慢性皮膚粘膜[kegg.jp]

  • エゼチミブ

    増田氏らは、高脂肪・高蛋白食餌下で飼育した野生型マウス(WT)とCD36ノックアウトマウス(CD36KO)の2種類の高脂血症モデルを使用した。[medical.nikkeibp.co.jp] WTは生理的条件下で生じる食後高脂血症モデルで、遺伝的な要因をもつCD36KOは、通常食餌下でメタボリックシンドローム様の変化を伴う高TG血症を呈し、実際の食後高脂血症の病態をよりよく反映するモデル。[medical.nikkeibp.co.jp] その結果、脂質負荷3時間後の血清TG値は、いずれのマウスにおいても負荷前より著明に上昇していたが、エゼチミブを投与されたマウスでは、未投与のマウスに比べてTG上昇が有意に抑制されていた(WT:375mg/dLから252mg/dLへ、CD36KO:457mg/dLから383mg/dLへ)。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • ホスホグリセリン酸キナーゼ欠乏

    CD36 欠損症はアジア、アフリカで比較的高頻度で存在する。全身の CD36 が欠損しているタイプ I 欠損と血小板 CD36 のみが欠損しているタイプ II 欠損がある。[kegg.jp] (glycoprotein IV, GPIV) 欠損症 CD36(別名血小板膜糖タンパク GPIV)欠損症は動脈硬化、インスリン抵抗性、心筋症との関連が示唆されており、メタボリックシンドロームを呈することがある。[kegg.jp] […] hsa03320 PPAR signaling pathway hsa04145 Phagosome hsa04920 Adipocytokine signaling pathway hsa04975 Fat digestion and absorption CD36 [HSA: 948 ] [KO: K06259 ] H01109 慢性皮膚粘膜[kegg.jp]

  • アレファセプト

    27,38,263 CD40L(CD40リガンド) 27,40 CD49d 52,54 CD52 66,78 CD54 25,56 CD58 25,60 CD80 34,36,250,269 CD86 34,36,250,269 CD106 58 CD127 102 CD132 102 CD134 27,42 CD152 25,36 CD154[rnavi.ndl.go.jp] 】山本一彦 【BAFF/APRIL LFA-3】田中良哉 「概論」 治療標的としての細胞表面機能分子 24 「用語」 CD3 30 CD22 32 CD28 34 CD152 36 CD40 38 CD40L 40 CD134 42 CD252 44 BAFF/APRIL 46 S1P受容体 48 LFA-1 50 VLA-4 52 α 4[rnavi.ndl.go.jp] 当館請求記号:SC151-L11 目次 免疫・アレルギー疾患の分子標的と治療薬事典 生物学的製剤,低分子化合物のターゲット分子と作用機序,薬効のすベベて Contents 序 総論 免疫・アレルギー疾患の薬物治療の歴史と展望 小池隆夫 14 第1部 免疫・アレルギー疾患の分子標的と治療的用語 1章 細胞表面機能分子 【概論,CD3 CD252[rnavi.ndl.go.jp]

さらなる症状