Create issue ticket

考えれる344県の原因 cd34

結果を表示する: English

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    CD13 (CD15) CD33 CD65(顆粒球) CD117(マスト細胞) CD123 (pDCs) 未熟な骨髄球性細胞 CD34 CD117 赤芽球 (CD71, 赤芽球) CD235a(赤血球も) 巨核球 CD41 CD42b CD61 【異常細胞群 (ACP) 腫瘍,の判定】 1) kappa: lambda 比の異常 1つのB[kuhp.kyoto-u.ac.jp] 図2 骨髄スメア 血球貪食をしている多数のマクロファージとリンパ腫様細胞を認めた 図3 骨髄clot section 大型で核小体が目立つリンパ腫様の腫瘍細胞を認め,腫瘍細胞はCD34で示される血管内皮に沿って小胞巣状ないし索状に増殖している.CD20陽性であり,intravascular large B-cell lymphomaが疑われる[igaku-shoin.co.jp] KLF1発現iPS細胞由来のマクロファージをヒト臍帯血CD34陽性細胞およびiPS細胞由来の赤芽球分化系とともに共培養を行うと、脱核赤血球の数の有意な増加が見られた。同赤血球分化促進作用は、さらにトランスウェルを用いた実験でも一部維持される事実より、赤芽球とマクロファージの直接の接触以外に分泌因子の関与も示唆された。[rh.med.tohoku.ac.jp]

  • 悪性血管内皮腫

    CD34に陽性,Calretinin,WT-1は陰性であった.以上より肺類上皮血管内皮腫と診断した.肺類上皮血管内皮腫は悪性度の低い血管内皮由来の腫瘍で,稀な疾患である.胸膜肥厚を呈する症例にて悪性胸膜中皮腫と並び鑑別診断に含まれるべきである.[journal.kyorin.co.jp] 免疫組織化学的にCD34陽性。特異的染色体転 座t(17;22)(q22;q13)および余剰環状染色体;キメラ遺伝子COL1A1- PDGFB。 2. 巨細胞性線維芽細胞腫 Giant cell fibroblastoma 隆起性皮膚線維肉腫の早期病変ないし小児型。類洞様間隙、巨細胞。 3.[jspk.umin.jp] CD34は50-60%の類上皮肉腫で陽性であるが 19 、癌腫では陰性であり、両者の鑑別に有用である。p63はほぼすべての扁平上皮癌で陽性である一方、類上皮肉腫では陰性のため、これもまた有用なマーカーである。 治療 広範切除術が最も推奨される治療法である。[sarcomahelp.org]

  • 甲状腺腫

    穿刺細胞診での診断率は約20% 免疫組織染色で CD31,CD34,FactorVIII 陽性 サイログロブリン 陰性 死亡率も50 90%と高い。分子標的薬の有効性も報告されています。 長崎甲状腺クリニック(大阪)は、「甲状腺癌と放射線治療」に関するセカンドオピニオンはお断りしております。[nagasaki-clinic.com]

  • 鉄欠乏症

    Arch Pediatr Aolesc Med 1993;157:789-96 Frary CD, Johnson RK, Wang MQ.[ejim.ncgg.go.jp] J Adolesc Health 2004;34:56-63.[ PubMed abstract(英語サイト) ] CDC Recommendations to prevent and control iron deficiency in the United States.[ejim.ncgg.go.jp]

  • 骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病

    , glycophorin A / , CD34 / , HLADR / , CD13 / , CD33 / .核型は37 45,XY, 4,add(5)(q11), 7, 9, 15, 16, 19,add(19)(p13), 22, 1 3mar[cp10].骨髄塗末標本のFISH解析でdel(5q)と 7を約70%の細胞で認めた.[jstage.jst.go.jp] 細胞表面抗原分析ではCD13、CD15、CD33、CD65などの骨髄系抗 原、CD14、CD4、CD11b、CD64、CD36、CD68、CD163などの単球系抗原が陽性となり ます。CD117、CD34CD7は時に陽性を示します。染色体検査は様々な異常が認めら れ、一定の傾向はありません。[med.osaka-cu.ac.jp] Flowcytometryでは芽球の存在を示すサブセット(CD33 CD34 HLADR )の有無、そのパーセンテージをスメア上での形態による芽球のパーセンテージと対比し評価します。MDS特有のクローン性染色体異常(5q-、-7/7q-、 8、20q-など)があればMDS診断の確度は高まります。[tokushukai.or.jp]

  • 造血幹細胞移植

    CD34陽性細胞数の測定についてもう少し詳しく教えてください。 CD34(抗原)陽性細胞は、造血幹細胞に特徴的に発現していると考えられていますが、ある程度分化の方向づけられた細胞まで陽性であるため、CD34陽性細胞は造血幹細胞を含んだ様々な段階の細胞の集団です。[hyogo-cc.xsrv.jp] 造血幹細胞は「CD34」という蛋白質が陽性となります。東北大学病院では、朝の採血で必要なCD34陽性細胞数が確認できた日に血液成分採取装置を用いて、造血幹細胞を採取しています。採取後は液体窒素や-80 の冷凍庫(早期に使用する場合)に保存し、移植時まで保管します。 自家移植の方法 移植前には前処置とよばれる大量化学療法を行います。[hosp.tohoku.ac.jp] また、近年では、ミニ移植やCD34 細胞移植なども行われています。 造血幹細胞移植の種類(ドナーの種類) 〇自家移植(Autologous transplant;Auto) 骨髄破壊的前処置の後の骨髄無形成状態に、あらかじめ採取保存しておいた自己の(骨髄、末梢血)造血幹細胞を輸注して造血を再構築する方法。[hamt.or.jp]

  • 骨髄異形成

    するIDH1/2の変異が知られ,MDSの進展に重要な意義をもつことが報告されている.さらに多くのRARS(refractory anemia with ringed sideroblasts,環状鉄芽球を伴う不応性貧血)ではRNAスプライシング関連蛋白であるSF3B1の遺伝子変異が知られ,注目を集めている. 3)MDS芽球: 芽球の性状はCD34[kotobank.jp] 図4 C-CBLのがん抑制作用 C-CBLを欠失したマウス(c-Cbl -/- )では、脾臓の腫大(a)、骨髄および脾臓での造血細胞(LSK細胞やもっと未熟なCD34-LKS細胞)の増加(b)、および他の遺伝子による白血病発症の促進が認められ (c,d)、さらに、これらのマウスは全例、浸潤性の悪性腫瘍を発症します(e)。[jst.go.jp] Flowcytometryでは芽球の存在を示すサブセット(CD33 CD34 HLADR )の有無、そのパーセンテージをスメア上での形態による芽球のパーセンテージと対比し評価します。MDS特有のクローン性染色体異常(5q-、-7/7q-、 8、20q-など)があればMDS診断の確度は高まります。[tokushukai.or.jp]

  • 子宮内膜間質肉腫

    また幼弱な骨髄系細胞や間葉系細胞、および血管内皮細胞に認められるCD34も陰性で、solitary fibrous tumor などの未分化な間葉系腫瘍も否定されます。上皮細胞のマーカーであるEMAも陰性でした。[medic-grp.co.jp]

  • 空腸憩室

    病理組織診断はGastrointestinal stromal tumor, myogenic type, multiple nodule, recurrent, up to 80mm in size, c-kit( ), CD34( ), vimentin( ), SMA( ), desmin( ), S-100(-)で前回と同様な組織からなる[shokaki-koushinetsu.e-doctor.info] )・S-100蛋白( )・CD34(-)とされる。[medical.nikkeibp.co.jp] 消化管間葉系腫瘍の免疫組織化学的鑑別では、間葉系腫瘍ではKIT、デスミン、S-100蛋白が同時に発現することはなく、GISTではKIT( )・デスミン(-)・S-100蛋白(-)で、GISTの60-70%にCD34( )、平滑筋肉腫ではKIT(-)・デスミン( )・S-100蛋白(-)・CD34(-)、神経鞘腫ではKIT(-)・デスミン(-[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 消化管腫瘍

    病理 [ 編集 ] 免疫染色 を行ってKIT蛋白、およびCD34( 血管内皮 や幼弱な 造血幹細胞 と共通する 表面抗原 )の存在を確認することにより、 平滑筋 組織や末梢 神経 由来の腫瘍と鑑別する。なお、消化管筋層内にある正常細胞の中でCD34とKITの両方を発現している細胞は、ICCだけである。[ja.wikipedia.org] KIT陽性であればGISTと診断されますが、KIT陰性の場合でもDOG1あるいはCD34は陽性、もしくは、KIT、DOG1、CD34、desmin、s-100タンパクのすべてが陰性の腫瘍では、遺伝子解析が有用となります。[ganjoho.jp] 「それ以外の腫瘍」の中で、 受容体型チロシンキナーゼ の一種であるKIT蛋白(別名:幹細胞因子受容体)を合成する遺伝子 c-kit に 変異 があって過剰発現しているもの、あるいはそのような腫瘍と区別できないもの(例えば、KIT蛋白の存在は証明できないが、平滑筋や神経鞘への分化も証明できず、かつCD34(後述)等の特異的抗原が認められるもの[ja.wikipedia.org]

さらなる症状