Create issue ticket

考えれる333県の原因 cd3 t

結果を表示する: English

  • 上気道感染症

    Cochrane Database Syst Rev. 2005 Jul 20;(3): CD000247. 2 Fahey T, Stocks N, Thomas T. Systematic review of the treatment of upper respiratory tract infection.[igaku-shoin.co.jp] 重要文献 1 Arroll B, Kenealy T. Antibiotics for the common cold and acute purulent rhinitis.[igaku-shoin.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    ウイルス性の肺炎患者の血中sCD14-S濃度は、健常人平均値以下であり、抗生剤投与が必要な、細菌感染を伴う肺炎患者の血中sCD14-S濃度より明らかに低かった(図)。血液検体中のsCD14-STを測定することにより、細菌感染を伴う呼吸器感染症をウイルス性の呼吸器感染症と鑑別することが可能であることが示された。[patents.google.com] 1.sCD14-S sCD14-ST(別名:プレセプシン(presepsin))は可溶性CD14の分子種の一つであり、非還元条件下SDS-PAGEにおいて分子量1 2kDaに泳動されることを特徴とし、CD14のN端部を保持しているものである。[patents.google.com] その結果、血中sCD14-ST濃度は、細菌感染を伴う肺炎患者では205 1680pg/mL(中央値612pg/mL)ウイルス性の肺炎患者では149 79pg/mL(中央値264pg/mL)であった。[patents.google.com]

  • ウイルス性上気道感染症

    Cochrane Database Syst Rev. 2005 Jul 20;(3): CD000247. 2 Fahey T, Stocks N, Thomas T. Systematic review of the treatment of upper respiratory tract infection.[igaku-shoin.co.jp] 重要文献 1 Arroll B, Kenealy T. Antibiotics for the common cold and acute purulent rhinitis.[igaku-shoin.co.jp]

  • 高血圧症

    注5) ヘルパー細胞 免疫応答の調節に関わるCD4陽性細胞で、Th1、Th2、Th17の種類の細胞からなる。 注6) Th17細胞 CD4を発現するヘルパー細胞の中でIL-17の発現で規定されるT細胞の分画で、ナイーブT細胞からのTh17細胞の分化にはIL-6が必要とされる。関節リウマチなど多くの自己免疫疾患の発症に関わる。[jst.go.jp]

  • 原発性免疫不全症

    III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ球数が正常又は増加している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 検査成績 易感染性の存在より免疫不全症が疑われたときに行なう検査として、白血球数(好中球、リンパ球)、 血清免疫グロブリン値(IgG、IgA、IgM)、T細胞数(CD3陽性リンパ球数)、B細胞数(CD19/CD20陽性リンパ球数)、 PHA(phytohemagglutinin)刺激に対するリンパ球増殖反応、遅延型皮膚過敏反応、血清補体価([pidj.rcai.riken.jp] 2.通常末梢血リンパ球、T細胞は正常だが、CD8陽性細胞は欠損または著減(0 5%) .PHA幼若化反応が正常の10%未満 4. ZAP-70 遺伝子の異常による。 ZAP-70 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    また、炎症モデルマウスと増悪モデルマウスで肺に集積した炎症細胞を詳しく調べたところ、増悪モデルマウスでは細胞を傷害する能力をもった CD8 [3] 陽性の Tリンパ球 [4] が劇的に増加していました( 図2 )。[riken.jp] 図2 リポ多糖投与3日後に肺へ集積した細胞の解析結果 増悪モデルマウスではリポ多糖を投与してから3日後に肺へ集積する炎症細胞が、ほかに比べて最も多く(左)、中でもCD8陽性Tリンパ球の数は炎症モデルマウスに比べ増加していた(右)。[riken.jp] 3 エラスターゼ投与3週間後、12週間後の気腫モデルマウスと増悪モデルマウスの肺 黄色が気腫化部分、数値は気腫の程度を示す。CT解析により、増悪モデルマウスでは気腫化の進行が確認できた。 このページのトップへ[riken.jp]

  • クレブシエラ属

    (注3)TH1細胞 CD4陽性のヘルパーT細胞の一種で、主にインターフェロンガンマ(IFN-γ)を産出する。IFN-γはマクロファージを活性化し、その殺菌作用を強化する。主に細胞内寄生細菌の感染防御に重要な役割を担っているが、過剰な活性化は自己免疫疾患の発症につながるため適切な制御が必要である。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    細胞表面 CD3 ( sCD3 , FCMで測定) 陰性,細胞質内 CD3 ( cyCD3 , IHCで染色) 陽性も,腫瘍パターン. CD4/8比ではT細胞性腫瘍を判定できない (e.g.[kuhp.kyoto-u.ac.jp] T細胞、NK細胞、T細胞性腫瘍 CD4 ヘルパーT細胞、マクロファージ、末梢性T細胞リンパ腫 CD5 T細胞 CD8 キラーT細胞、末梢性T細胞リンパ腫 CD10 胚中心B細胞、腸管上皮、Burkitt、濾胞性リンパ腫 CD15(Leu M1) 顆粒球、CMV感染細胞、ホジキン病、ki-1リンパ腫、腺癌 CD20(L-26) B細胞、B細胞性[skk-soshiki.jp] 2) 多様な癌を標的とするための複数の作用機序:非常に低いCD3結合性が、T細胞による殺傷に加えてADCC / CDCの「安全な併存」を可能にする。この二重特異性抗体は、リツキシマブと比較して癌の再発を遅らせることができる。[gemseki.com]

  • 非ホジキンリンパ腫

    リンパ腫 その他および詳細不明の細胞リンパ腫 種痘様水疱症様リンパ腫 皮下脂肪織炎様細胞リンパ腫 皮膚原発性CD0陽性細胞リンパ増殖性疾患 皮膚原発性γδT細胞リンパ腫 皮膚原発性未分化大細胞リンパ腫 CCR4陽性皮膚T細胞リンパ腫 皮膚T細胞リンパ腫 B細胞リンパ腫,詳細不明 B細胞リンパ腫 MALTリンパ腫 胃MALTリンパ腫[scuel.me] , C.A.White, T.E.Witzig et al Clin.[rada.or.jp] リンパ腫のその他の型 原発性滲出性リンパ腫 リンパ形質細胞性リンパ腫 びまん性非ホジキン non-Hodgkin リンパ腫,詳細不明 Tゾーン T-zone リンパ腫 Tゾーンリンパ腫 末梢性T細胞リンパ腫 末梢性T細胞リンパ腫 ALK陰性未分化大細胞リンパ腫 血管免疫芽球性T細胞リンパ腫 末梢性T細胞リンパ腫・詳細不明 CCR4陽性末梢性細胞[scuel.me]

  • 上皮性卵巣癌

    腫瘍 186 個中 102 個(54.8%)に,CD3 腫瘍浸潤性 T 細胞が腫瘍細胞島内に検出された;腫瘍 72 個(38.7%)では,CD3 腫瘍浸潤性 T 細胞は検出されず,残りの腫瘍 12 個(6.5%)は評価できなかった.腫瘍内 T 細胞の有無による,無進行生存と全生存の分布には有意差がみられた(両比較で P 0.001).腫瘍に[nejm.jp]

さらなる症状