Create issue ticket

考えれる962県の原因 cd3

結果を表示する: English

  • 上気道感染症

    CD006895 Pub3[cochrane.org] Cochrane Database Syst Rev. 2005 Jul 20;(3): CD000247. 2 Fahey T, Stocks N, Thomas T. Systematic review of the treatment of upper respiratory tract infection.[igaku-shoin.co.jp]

  • 急性胃腸炎

    Cochrane Database Syst Rev 2010; :CD003048. (2) King CK, Glass R, Bresee JS, et al.[medi-gate.jp] MMWR Recomm Rep 2003; 52:1. (3)Thielman NM, Guerrant RL. Clinical practice. Acute infectious diarrhea. N Engl J Med 2004; 350:38. ※ドクターズマガジン2014年2月号に掲載するためにご執筆いただいたものです。[medi-gate.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    CD006821 Pub3[cochrane.org] Cochrane Database Syst Rev. 2005 Jul 20;(3): CD000247. 2 Fahey T, Stocks N, Thomas T. Systematic review of the treatment of upper respiratory tract infection.[igaku-shoin.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    1.sCD14-ST sCD14-ST(別名:プレセプシン(presepsin))は可溶性CD14の分子種の一つであり、非還元条件下SDS-PAGEにおいて分子量1 2kDaに泳動されることを特徴とし、CD14のN端部を保持しているものである。[patents.google.com] ウイルス性の肺炎患者の血中sCD14-ST濃度は、健常人平均値以下であり、抗生剤投与が必要な、細菌感染を伴う肺炎患者の血中sCD14-ST濃度より明らかに低かった(図)。血液検体中のsCD14-STを測定することにより、細菌感染を伴う呼吸器感染症をウイルス性の呼吸器感染症と鑑別することが可能であることが示された。[patents.google.com] 次に1%CD14吸収血清、0.1%BSAを含むD-PBS(pH7.4)を希釈液として0、0.015、0.01、0.063、0.125、0.25、0.5ng/mLのsCD14-ST蛋白質標準品希釈系列を調製した。sCD14―ST蛋白質標準品は、国際公開第2005/108429号に記載のrsCD14―STを用いた。[patents.google.com]

  • ビタミンD欠乏症

    CD007771 Pub3[cochrane.org] 一方で、72,719人の女性の大規模コホートでは、ビタミンD摂取が多く血液循環中の濃度が高いと考えられると、UCやCDの発生が減るという関連がわかった (214) 。最近の2つの研究で、おそらく腸の炎症を抑えることでビタミンD 3CDの患者に有益となるかどうかを調べた。[lpi.oregonstate.edu] もう一つの予備的研究では、18人のCD患者に1,000から5,000 IUまで用量を増やしながら24週間毎日ビタミンD 3 を投与して、血液循環中の25ヒドロキシビタミンD濃度が40ng/ml超になるようにした。[lpi.oregonstate.edu]

  • 膣カンジダ症

    その他、薬に関する点 体裁:A4判カラーコピー製本114頁 CD-ROM版 ※CD-ROM版には、レポート編・データ編(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。[tpc-osaka.com] 発刊日:2009年3月12日 頒 価:230,000円(税抜)[tpc-osaka.com] について 3)用法・用量について 36.市販薬を購入しなかった理由(MA) 1)全体 2)年代別 3)疾患別 37.膣炎に対するケア(MA) 1)全体 2)年代別 38.膣炎に対する今後の治療方法(SA) 39.今後使用したい剤型(SA) 40.膣炎の薬について(SA) 1)市販薬の利用および購入に関して 2)剤型の違いによる効果度について 3)[tpc-osaka.com]

  • 原発性免疫不全症

    検査成績 易感染性の存在より免疫不全症が疑われたときに行なう検査として、白血球数(好中球、リンパ球)、 血清免疫グロブリン値(IgG、IgA、IgM)、T細胞数(CD3陽性リンパ球数)、B細胞数(CD19/CD20陽性リンパ球数)、 PHA(phytohemagglutinin)刺激に対するリンパ球増殖反応、遅延型皮膚過敏反応、血清補体価([pidj.rcai.riken.jp] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ球数が正常又は増加している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] 2.通常末梢血リンパ球、T細胞は正常だが、CD8陽性細胞は欠損または著減(0 5%) .PHA幼若化反応が正常の10%未満 4. ZAP-70 遺伝子の異常による。 ZAP-70 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp]

  • 筋骨格腰痛

    Cochrane Database Syst Rev 3 : CD009169. doi : 10.1002/14651858.CD009169.pub2. PMID 24627326. Smith C, Grimmer-Somers K. (2010).[ja.wikipedia.org] J Eval Clin Pract 16 (3): 484?91. doi : 10.1111/j.1365-2753.2009.01174.x.[ja.wikipedia.org]

  • クロストリジウム感染症

    長期の保菌によってCD毒素に対する血清抗体がブーストされているのかもしれない。CDに曝露してからCDIが発症するまでの期間は短く、2 3日(中央値)であることが推定されている。[kenei-pharm.com] CDI(Clostridium difficile infection) 要点 CDIは、抗菌薬下痢症の20-30%を占め、入院患者の感染性下痢症の原因で最多 抗菌薬使用歴のある入院患者で、1日3回以上の下痢があった場合に、CDI検査する 検査:CDトキシン/GDHを行い、必要時に応じて、便培養(トキシン検査含む)を追加 治療:初回Metronidazole[kameda.com] […] l CD トキシン陽性例では下痢症状が消失して 72 時間( 3 日間)まで接触予防策を実施する。 l 接触予防策解除のための CD 検査は行わない。[kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    […] inhibitor of reactive lysis:MIRL)」が欠損することで、補体(C3/C5:CD55にて制御 C9:CD59にて制御)活性が強くでることで血管内溶血が生じてくる。[ja.wikipedia.org] グリコシルホスファチジルイノシトール(Glycosyl phosphatidylinositol:GPI)アンカーの生合成に必須な遺伝子である「PIG-A遺伝子」の変異が造血幹細胞に生じて、赤血球膜上のGPIアンカー型補体制御因子である「CD55(decay-accelerating factor:DAF)」や「CD59(membrane[ja.wikipedia.org]

さらなる症状