Create issue ticket

考えれる7県の原因 camptodactyly st上昇 通常乳児期に発症, シャクナゲ中毒

つまり: camptodactyly st上昇, 通常乳児期に発症, シャクナゲ中毒

  • ツツジ中毒

    コマクサ ケシ科 全草 中毒症状 サボテン類 サボテン科 刺 皮膚炎 ジギタリス ゴマノハグサ科 特に葉 中毒症状 シクラメン サクラソウ科 球茎 中毒症状 シャクナゲ類 ツツジ科 葉、花 中毒症状 シュウカイドウ シュウカイドウ科 全草 中毒症状 スイセン ヒガンバナ科 全草、特に鱗茎 中毒症状 スズラン ユリ科 全草、特に根茎 中毒症状[iph.pref.hokkaido.jp] セイヨウシャクナゲ ハクサンシャクナゲ (写真提供:磯田進) 毒性成分 有毒成分グラヤノトキシン(ロドトキシン)類により中毒を引き起こすので注意。ハクサンシャクナゲの葉のお茶としての飲用による血圧低下の急性中毒例がある。セイヨウシャクナゲなどの園芸種も有毒なので注意。海外からのお土産の蜂蜜での中毒例がある。[mhlw.go.jp] 薬効・用い方 毒成分:アンドロメドトキシン 中毒症状:嘔気、頭痛、発汗、酩酊昏睡、痙攣(けいれん)など (中毒症状は、シャクナゲ、アセビ、レンゲツツジなどと同様) 殺虫剤:ホツツジの葉を便槽に入れて蛆(うじ)殺しに用います。[e-yakusou.com]

    不足: camptodactyly st上昇 通常乳児期に発症
  • 硝酸塩中毒

    通番 / 日本語 / 英語 / 類語・備考 2-14-001 えぞゆずりはちゅうどく エゾユズリハ中毒 daphniphyllum poisoning 2-14-002 れんげつつじちゅうどく レンゲツツジ中毒 azalea poisoning 2-14-003 わらびちゅうどく ワラビ中毒 bracken fern poisoning 2[ttjsvs.org]

    不足: camptodactyly st上昇 通常乳児期に発症
  • ディフェンバキア中毒

    コマクサ ケシ科 全草 中毒症状 サボテン類 サボテン科 刺 皮膚炎 ジギタリス ゴマノハグサ科 特に葉 中毒症状 シクラメン サクラソウ科 球茎 中毒症状 シャクナゲ類 ツツジ科 葉、花 中毒症状 シュウカイドウ シュウカイドウ科 全草 中毒症状 スイセン ヒガンバナ科 全草、特に鱗茎 中毒症状 スズラン ユリ科 全草、特に根茎 中毒症状[iph.pref.hokkaido.jp] また、身近にあるアサガオ、アジサイ、シクラメン、シャクナゲ、スイセン、スズラン、チューリップ、パンジー、ポインセチア、ディフェンバキア、ホンコンカポックなどの植物の中毒では呼吸困難、神経症状、腎臓や肝臓の機能低下などの危険な状態に陥ることもあります。 ほかに、ウルシやカシなどの樹木や、セイタカアワダチソウ、レンゲなどの野草なども危険。[yamada-animalhospital.com] 毒をもつ植物による中毒 12 アサガオ(ヒルガオ科) アサガオ、アサガオの種子 13 アジサイ(ユキノシタ科 アジサイ、(アマチャ 14 アセビの仲間(ツツジ科) アセビ、レンゲツツジ、シャクナゲ 16 イヌサフラン(ユリ科) イヌサフラン、イヌサフランの鱗茎、イヌサフランの葉、ユリグルマ、ユリグルマの根、(ギョウジャニンニク)、(サフラン[schoolpress.co.jp]

    不足: camptodactyly st上昇 通常乳児期に発症
  • カルバメート中毒

    ,アセビ,ハナヒリノキ,レンゲツツジ 131.トリカブト 132.ジギタリス,強心配糖体 133.青酸配糖体 134.ヨウシュヤマゴボウ,ヤマゴボウ 6.初期治療 135.経口中毒 136.一般的処置 索引 物質名索引 事項名索引[kinokuniya.co.jp] 118.ハチ 119.クモ 120.キノコ 121.サトイモ科植物 122.アトロピン,ベラドンナアルカロイド 123.ギンナン 124.スイセン,ヒガンバナ科植物 125.ドクウツギ,ドクゼリ,シキミ 126.キツネノボタン,キンポウゲ 127.ナツメグ 128.バイケイソウ 129.ジャガイモ,ヒヨドリジョウゴ,イヌホオズキ 130.シャクナゲ[kinokuniya.co.jp]

    不足: camptodactyly st上昇 通常乳児期に発症
  • ウルシ皮膚炎

    毒をもつ植物による中毒 12 アサガオ(ヒルガオ科) アサガオ、アサガオの種子 13 アジサイ(ユキノシタ科 アジサイ、(アマチャ 14 アセビの仲間(ツツジ科) アセビ、レンゲツツジ、シャクナゲ 16 イヌサフラン(ユリ科) イヌサフラン、イヌサフランの鱗茎、イヌサフランの葉、ユリグルマ、ユリグルマの根、(ギョウジャニンニク)、(サフラン[schoolpress.co.jp]

    不足: camptodactyly st上昇 通常乳児期に発症
  • ダチュラ中毒

    公園などにあるもので有毒なもの キョウチクトウ、ダチュラ(エンジェルストランペット)、シャクナゲ、ニチニチソウ、ソテツ(実)など 野山にあるもので有毒なもの シキミ、アセビ、レンゲツツジ、ヨウシュヤマゴボウ、ヒガンバナなど 上記の植物は飲み込むと中毒症状を起こす可能性があります。[city.hiroshima.lg.jp]

    不足: camptodactyly st上昇 通常乳児期に発症
  • 植物中毒

    など) 注)ジギタリスはゴマノハグサ科,キョウチクトウはキョウチクトウ科、ドクゼリはセリ科 5.もし,毒草,毒キノコによる中毒が疑われる場合,食べた可能性のあるものをメモし(出来れば採集場所も),食べ残しを処分しないでおく(原因の特定が迅速になり,的確な治療が出来る)。[asahi-net.or.jp] 毒をもつ植物による中毒 12 アサガオ(ヒルガオ科) アサガオ、アサガオの種子 13 アジサイ(ユキノシタ科 アジサイ、(アマチャ 14 アセビの仲間(ツツジ科) アセビ、レンゲツツジ、シャクナゲ 16 イヌサフラン(ユリ科) イヌサフラン、イヌサフランの鱗茎、イヌサフランの葉、ユリグルマ、ユリグルマの根、(ギョウジャニンニク)、(サフラン[schoolpress.co.jp] ,キンポウゲ,フクジュソウなど) ケシ科 (園芸用のケシ類,タケニグサ,ムラサキケマンなど) ナス科 (ハシリドコロ,ヨウシュチョウセンアサガオ,イヌホオズキなど) ヒガンバナ科 (ヒガンバナ,スイセン,キツネノカミソリなど) トウダイグサ科 (トウダイグサ,ネコノメソウなど) ユリ科 (スズラン,イヌサフランなど) ツツジ科 (アセビ,シャクナゲ[asahi-net.or.jp]

    不足: camptodactyly st上昇 通常乳児期に発症

さらなる症状

類似した症状