Create issue ticket

考えれる91県の原因 camp

結果を表示する: Deutsch

  • 乾癬

    乾癬患者の免疫細胞や表皮組織はPDE4発現が亢進しており、細胞内におけるサイクリックAMP(cAMP)の減少が知られている。同剤はPDE4を阻害することでcAMPを上昇させ、炎症性及び抗炎症性メディエーターのネットワークを調節し、症状を改善すると考えられている。[ja.wikipedia.org] PDE4はサイクリックAMP(cAMP)に特異的なPDE で、主に炎症性細胞に分布しています。オテズラ 錠は、PDE4を阻害することにより細胞内cAMP濃度を上昇させ、IL-17、TNF-α、IL-23及び他の炎症性サイトカインの産生を制御することにより炎症反応を抑制します。 当院でも2017年10月より使用を開始しております。[lab.toho-u.ac.jp]

  • うっ血性心不全

    (民医連新聞 第1449号 2009年4月6日) シロスタゾールはcAMPを分解するホスホジエステラーゼⅢ(PDEⅢ)を阻害することでcAMP濃度を高め、抗血小板作用、血管拡張作用を有します。シロスタゾールは強い血管拡張作用を有するため、非心原性脳梗塞再発予防や慢性動脈閉塞性疾患に用いられます。[min-iren.gr.jp] クロピドグレルとチクロピジンはアデニル酸シクラーゼ(AC)を活性化することでcAMPを増加させます。両薬剤とも作用機序は共通ですがクロピドグレルはチクロピジンでみられた重篤な副作用(肝障害、血栓性血小板減少性紫斑病など)を低減した薬剤として開発されました。[min-iren.gr.jp] 脳梗塞、心筋梗塞等予防薬として広く使用されている抗血小板薬ですが、作用メカニズムはトロンボキサンA2(TXA2)の減少、サイクリックAMP(cAMP)の増加、その他の3つに分けることが出来ます。全ての抗血小板薬に共通する副作用は出血ですが、それ以外の副作用については作用メカニズムによってそれぞれ特徴がみられます。[min-iren.gr.jp]

  • 常染色体劣性難聴 44

    非症候性難聴 遺伝性難聴の70%以上は非症候性である[ Van Camp et al 1997 ].この項は遺伝形式ごとに論じる.[grj.umin.jp] 更新履歴 Gene Review著者: Richard JH Smith, MD, Guy Van Camp, PhD 日本語訳者: 窪田美穂(ボランティア翻訳者),櫻井晃洋(信州大学医学部附属病院遺伝子診療部) Gene Review 最終更新日: 2008.12.2. [grj.umin.jp] 難聴・遺伝性難聴概説 ( Deafness and Hereditary Hearing Loss Overview ) Gene Review著者: Richard JH Smith, MD, Guy Van Camp, PhD 日本語訳者: 窪田美穂(ボランティア翻訳者),岸本 洋子(島田療育センターはちおうじ) Gene Review[grj.umin.jp]

  • 心筋疾患

    現在治療薬として用いられるβブロッカー、アンギオテンシン変換酵素阻害薬やアンギオテンシンII受容体ブロッカーは、短期的には収縮機能を高めるが長期的には有害な“細胞内cAMPとカルシウムの増加を介する”代償反応を抑えることでその破綻を遅らせているように見える。[ja.wikipedia.org] 細胞内cAMPとカルシウムの増加によらず収縮機能を改善することができる新規の強心薬であるカルシウム感受性増強薬やミオシン活性増強薬などは、このような長期的には有害な代償反応プログラムの発動を抑えてより高い有効性を示すことが期待される。 心臓移植 1967年に世界で初めてヒトからヒトへの心臓移植が行われ、現在では安定した成果を示している。[ja.wikipedia.org]

  • 橋本甲状腺炎

    TSH受容体阻害型抗体(TSBAb) 甲状腺刺激抗体(TSAb thyroid stimulating antibodies) 培養甲状腺細胞を用いて、cAMP増加を指標とし、甲状腺細胞膜上に存在するTSH受容体に対する抗体を検出する方法。バセドウ病で90%以上検出される。[senoopc.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺刺激抗体(TSAb thyroid stimulating antibodies) 患者IgGが甲状腺細胞を刺激することによって産生されるcAMP増加を指標とし、甲状腺細胞膜上に存在するTSH受容体に対する抗体を検出する方法。バセドウ病で90%以上検出される。[senoopc.jp]

  • 常染色体劣性難聴 46

    非症候性難聴 遺伝性難聴の70%以上は非症候性である[ Van Camp et al 1997 ].この項は遺伝形式ごとに論じる.[grj.umin.jp] 更新履歴 Gene Review著者: Richard JH Smith, MD, Guy Van Camp, PhD 日本語訳者: 窪田美穂(ボランティア翻訳者),櫻井晃洋(信州大学医学部附属病院遺伝子診療部) Gene Review 最終更新日: 2008.12.2. [grj.umin.jp] 難聴・遺伝性難聴概説 ( Deafness and Hereditary Hearing Loss Overview ) Gene Review著者: Richard JH Smith, MD, Guy Van Camp, PhD 日本語訳者: 窪田美穂(ボランティア翻訳者),岸本 洋子(島田療育センターはちおうじ) Gene Review[grj.umin.jp]

  • 線維性気管支炎

    CFTRタンパクは1,480アミノ酸残基より構成され、全身の上皮膜細胞の管腔膜に発現する主要なcAMP依存性陰イオンチャネルである。CFは、CFTR遺伝子の両アレルに遺伝子変異がありCFTRチャネル機能が5%以下にまで障害された場合に発症する。片方のアレルのみに変異がある保因者(キャリア)はCFを発症しない。[ped-hbpd.jp]

  • 血液量減少症

    また、高血圧でβブロッカー(まれにαブロッカーやACE阻害薬でも)を服用している患者ではアドレナリンが効かないことがあるので、この場合は グルカゴン 1〜5mgが効果があり使用される( 交感神経 を介さず、 cAMP を増やすことで効果が出る)。[ja.wikipedia.org]

  • リステリア症

    この溶血は黄色ブドウ球菌によるCAMP試験によって増強され、これらが本菌種を同定する上で重要である。この溶血性は溶血素(ヘモリジン)の一種であるリステリオリジンOによる。 リステリアは、感染した宿主の細胞内と細胞外の両方で増殖することが可能な、細胞内寄生体(通性細胞内寄生菌)の一種である。[ja.wikipedia.org] 確認試験のCAMP試験は、簡易法であるβ-リジンディスク法(*6)で代替可能である。 また、リステリアの型別としては血清型別やPFGE法等の遺伝子型別を行うことができ、特にPFGE法はパルスネットによる情報の共有化が構築されている。[foodsafety-bikyo.com] リステリア・モノサイトゲネスの確認試験として、炭水化物分解試験、CAMP試験を行います。これらの結果から、以下の式にてリステリア・モノサイトゲネスの菌数を算出します。[mac.or.jp]

さらなる症状