Create issue ticket

考えれる311県の原因 camp

結果を表示する: Deutsch

  • 脳血栓症

    抄録 Endothelin-1 (ET-1) は血管収縮機構1を介して, 脳血管障害の病態生理に密接に関与している.また, Thrombornodulin (TM) は, 内皮より逸脱した血中微量蛋白質である.慢性期脳血栓症25名を対象として, 選択的cAMP phosphodiesterase阻害剤であるCilostazol 200mgの[jstage.jst.go.jp]

  • ホモシスチン尿症cblJ型をともなうメチルマロン酸尿症

    筋 トレ ビタミン 剤 落とし方 サマンサ ユニベア " American Pie Presents:Band Camp(2005)、Naked Mile(2006)、Beta House(2007)、The Book愛(2009年)の.[smartincooufc0.weebly.com]

  • 乾癬

    乾癬患者の免疫細胞や表皮組織はPDE4発現が亢進しており、細胞内におけるサイクリックAMP(cAMP)の減少が知られている。同剤はPDE4を阻害することでcAMPを上昇させ、炎症性及び抗炎症性メディエーターのネットワークを調節し、症状を改善すると考えられている。[ja.wikipedia.org] PDE4はサイクリックAMP(cAMP)に特異的なPDE で、主に炎症性細胞に分布しています。オテズラ 錠は、PDE4を阻害することにより細胞内cAMP濃度を上昇させ、IL-17、TNF-α、IL-23及び他の炎症性サイトカインの産生を制御することにより炎症反応を抑制します。 当院でも2017年10月より使用を開始しております。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 脂肪浮腫

    HSLの活性化のためには、cAMP(サイクリックアデノシン一リン酸)依存性プロテインキナーゼによるリン酸化が必要である。従って、cAMPレベルは脂肪分解を律速する。cAMPの正味レベルは、アデニル酸シクラーゼによるアデノシン三リン酸からのcAMPの酵素合成と、ホスホジエステラーゼによるcAMPの分解との間のバランスの結果である。[biosciencedbc.jp]

  • うっ血性心不全

    (民医連新聞 第1449号 2009年4月6日) シロスタゾールはcAMPを分解するホスホジエステラーゼⅢ(PDEⅢ)を阻害することでcAMP濃度を高め、抗血小板作用、血管拡張作用を有します。シロスタゾールは強い血管拡張作用を有するため、非心原性脳梗塞再発予防や慢性動脈閉塞性疾患に用いられます。[min-iren.gr.jp] クロピドグレルとチクロピジンはアデニル酸シクラーゼ(AC)を活性化することでcAMPを増加させます。両薬剤とも作用機序は共通ですがクロピドグレルはチクロピジンでみられた重篤な副作用(肝障害、血栓性血小板減少性紫斑病など)を低減した薬剤として開発されました。[min-iren.gr.jp] 脳梗塞、心筋梗塞等予防薬として広く使用されている抗血小板薬ですが、作用メカニズムはトロンボキサンA2(TXA2)の減少、サイクリックAMP(cAMP)の増加、その他の3つに分けることが出来ます。全ての抗血小板薬に共通する副作用は出血ですが、それ以外の副作用については作用メカニズムによってそれぞれ特徴がみられます。[min-iren.gr.jp]

  • 偽性副甲状腺機能低下症 2型

    腎原性cAMPを算出する際,Ellsworth-Howard試験の際に測定する.腎性尿崩症において,ADH投与によって尿中cAMPが増加するⅡ型,増加しないⅠ型の病型診断に用いることがある. 尿中cAMPは腎尿細管由来のcAMPを多く含むことから,副甲状腺疾患の診断に有用である.[primary-care.sysmex.co.jp] アデニル酸シクラーゼはATPからcAMPと ピロリン酸 への変換を触媒する酵素である。アデニル酸シクラーゼの活性化の結果、cAMPが産出される。cAMPはプロテインキナーゼAを活性化させ、最終的に蛋白リン酸化カスケードを介して酵素活性制御を行う。[ja.wikipedia.org] )排泄増加反応の認められないI型と,尿中cAMP排泄増加反応は保たれているものの,リン酸排泄増加反応を欠如するII型の2型に大別される.すなわち,本症I型はPTH受容体〜adenylate cyclase系に異常が存在すると考えられるのに対し,II型はcAMP産生以降の障害に基づくものと考えられている.本邦では,厚生省ホルモン受容機構異常調査研究班[webview.isho.jp]

  • 心筋疾患

    現在治療薬として用いられるβブロッカー、アンギオテンシン変換酵素阻害薬やアンギオテンシンII受容体ブロッカーは、短期的には収縮機能を高めるが長期的には有害な“細胞内cAMPとカルシウムの増加を介する”代償反応を抑えることでその破綻を遅らせているように見える。[ja.wikipedia.org] 細胞内cAMPとカルシウムの増加によらず収縮機能を改善することができる新規の強心薬であるカルシウム感受性増強薬やミオシン活性増強薬などは、このような長期的には有害な代償反応プログラムの発動を抑えてより高い有効性を示すことが期待される。 心臓移植 1967年に世界で初めてヒトからヒトへの心臓移植が行われ、現在では安定した成果を示している。[ja.wikipedia.org]

  • エルゴタミン撤退

    カフェインは、細胞内のサイクリックAMP(cAMP)をその非環状形態に変換するcAMP-ホスホジエステラーゼ(cAMP-PDE)酵素の競合阻害剤であることが知られており、cAMPを細胞内に蓄積させる. サイクリックAMPは、プロテインキナーゼA(PKA)の活性化に関与し、グルコース合成に使用される特定の酵素のリン酸化を開始する.[karenwdavis.weebly.com] 抗不整脈効果は不整脈の要因の排除に起因するものです (頻脈, 交感神経系の活性の増加, 増加したcAMP, 高血圧), 洞の自発的励起と異所性ペースメーカーや減速AV伝導率の減少 (主に順行性および, もっと少なく, AV ノードを介して逆行の方向で) と追加のルートに.[omedicine.info] 低用量でブロッキングカテコールアミンによって刺激された心臓のベータアドレナリン受容体は、アデノシン三リン酸(ATP)から環状アデノシン一リン酸(cAMP)の形成を減少させる、電流は細胞内カルシウムイオン(Ca2 の)を低下させ、負の変時、dromo-、BATM及び変力作用(心臓周波数uryazhaetsyaを有します 略語)は伝導と興奮を抑制[digitaljournals.ru]

  • 橋本甲状腺炎

    TSH受容体阻害型抗体(TSBAb) 甲状腺刺激抗体(TSAb thyroid stimulating antibodies) 培養甲状腺細胞を用いて、cAMP増加を指標とし、甲状腺細胞膜上に存在するTSH受容体に対する抗体を検出する方法。バセドウ病で90%以上検出される。[senoopc.jp]

  • 高血圧を伴った常染色体優性進行性腎障害

    また、多発性嚢胞腎の嚢胞細胞ではカルシウム濃度が低いため、cAMPを分解するホスホディエステラーゼ(PDE)の作用が低下し、cAMPを産生するアデニールサイクラーゼ活性が高まり、これも嚢胞内のcAMP濃度を高めます。 こうしてcAMP濃度が高くなると、PKA(プロテイン・カイネースA)が増えます。[jpma-nanbyou.com] 「トルバプタン」は、選択的にバソプレシンV 2 -受容体を阻害することによってcAMPの産生を抑制し、腎臓の嚢胞の増殖と増大を抑え、疾患の進行を遅らせると考えられています。[otsuka.co.jp] ポリシスチン2(PC2)はカルシウム(Ca)チャネルである.両者は尿細管上皮細胞の繊毛(cilia)に局在し,PC1が尿流を感知するセンサーとしてシグナルをPC2に伝達すると,細胞内にCaが流入し,尿細管の太さ(径)が調節される.体細胞変異によりPC1あるいはPC2の機能が喪失すると,細胞内Ca濃度が減少する.その結果,サイクリックAMP(cAMP[kotobank.jp]

さらなる症状