Create issue ticket

考えれる1,072県の原因 ca8

  • Transient global amnesia

    血液検査:WBC12800、Hb14.4g/dl、Plt19.6、TP7.5g/dl、AST18、ALT18、TB0.9、BUN24、Crt0.6、Na144、Cl106、K4.0、Ca9.6、CK117、CRP0.8。心電図検査:W.N.L.。[e-doctor.ne.jp]

  • ペンタゾシン

    […] hexahydro-2,6-methano-3-benzazocin-8-ol or 2-dimethylallyl-5,9-dimethyl-2'-hydroxybenzomorphan 臨床データ 胎児危険度分類 AU : C US : C or D (if used near to term) 法的規制 AU : Controlled (S8)[ja.wikipedia.org] CA : Schedule I DE : Anlage III JP : 麻薬及び向精神薬取締法 US : スケジュールIV Schedule III (international) 投与方法 内服、筋注、静注 薬物動態 データ 生物学的利用能 -20% 経口摂取の場合 代謝 肝代謝 作用発現 15分 [1] 半減期 2-3時間 排泄 腎排泄[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄小脳失調症12型

    最後に、CA8結合領域に変異のある変異体(S1478D、V1538M)とIP 3 受容体I型を制御する CA8 [9] というタンパク質との相互作用について解析しました。その結果、IP 3 受容体I型のV1538M変異により、CA8との結合が阻害され、CA8による制御が正常に行われなくなることが分かりました( 図4 )。[riken.jp] さらに、CA8は運動失調や精神遅滞を症状とする遺伝性疾患の原因遺伝子であることが最近報告されていますが、CA8の点突然変異により、IP 3 受容体I型の制御機能が失われることを解明しました。[riken.jp] (中・下段)IP 3 受容体I型のV1538M変異がCA8による制御に及ぼす影響を、IP 3 受容体欠損細胞を用いたカルシウムイメージングで解析。野生型のIP 3 受容体I型はCA8によりカルシウム放出活性が抑制された(中段)。一方、IP 3 受容体I型V1538M変異体はCA8により抑制されなかった(下段)。 このページのトップへ[riken.jp]

  • 先天性赤血球増殖性貧血3型

    8.0mg/dl 研修医A 体重の激減から悪性腫瘍を疑います。[igaku-shoin.co.jp] 56.0,Eo 3.0,Ly 37.0,Mo3.0%),RBC 308万/μl,Hb 12.1g/dl,Ht 35.2%,MCV 114.2fl,MCH 39.3pg,PLT19.4万/μl (生化学)TP 6.6g/dl,Alb4.3g/dl,Cr 0.67mg/dl,T-Bil 1.4mg/dl,AST 27IU/l,ALT31IU/l,Ca[igaku-shoin.co.jp]

  • 放射線誘発性白内障

    (1)骨障害 骨や歯に摂取されやすい核種は 3 2P、4 5Ca8 5Sr、 2 2 6Raなど数多く、向骨性核種(bone seeker)と呼ばれる。骨は比較的放射線に対して鈍感であると考えられているが、吸収率が高いので著しい作用を受ける。骨髄被曝による造血障害や骨萎縮、骨壊死、骨肉腫が発生する。[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 低カルシウム血症

    概要 検査・所見のポイント: 低カルシウム(Ca)血症は、補正Ca濃度あるいはイオン化Ca濃度が基準値を下回る場合を指し、それぞれの基準値は補正Ca濃度が8.5 10mg/dL程度、イオン化Ca濃度が1.15 1.3mmol/L程度とされている。[clinicalsup.jp] また我が国の維持透析患者レジストリーデータにおいて、血清Ca値と予後の関連を見た解析結果 2) では、時間平均モデルでの解析においてのみ、Ca8.51-9.0mg/dLの患者の死亡リスクを1としたとき、Ca8.5mg/dL以下では有意に死亡リスクが高くなる関連が見いだせることを報告している。[jinzou.net] Ca剤内服増量、ビタミンD製剤追加し、グルコン酸Caを注射。Ca値をモニタリングしつつ補充量を調節し、8.2mg/dlで安定するまで59日を要した。 同剤は、「成人には6カ月に1回、60mgを皮下注射」と投与頻度が少ないため、長期間の治療継続が期待されました。[min-iren.gr.jp]

  • 高カルシウム血症

    人体におけるカルシウムの調節 [ 編集 ] 血清のCa濃度は8.4〜10.2mg/dl程度の範囲に保たれている。正常値を10mg/dlとすると、そのうち4mg/dlはアルブミンと結合しており、1mg/dlはリンなど他のイオンと結合しており、5mg/dlがカルシウムイオンとして存在する。[ja.wikipedia.org] 概要 検査・所見のポイント: 高カルシウム(Ca)血症は、補正Ca濃度あるいはイオン化Ca濃度が基準値を超過する場合を指し、それぞれの基準値は補正Ca濃度が8.5 10mg/dl程度、イオン化Ca濃度が1.15 1.3mmol/l程度とされている。重篤になると、思考力低下、記銘力障害、意識障害などの症状を来すことがある。[clinicalsup.jp]

  • 脊髄小脳失調症1型

    最後に、CA8結合領域に変異のある変異体(S1478D、V1538M)とIP 3 受容体I型を制御する CA8 [9] というタンパク質との相互作用について解析しました。その結果、IP 3 受容体I型のV1538M変異により、CA8との結合が阻害され、CA8による制御が正常に行われなくなることが分かりました( 図4 )。[riken.jp] さらに、CA8は運動失調や精神遅滞を症状とする遺伝性疾患の原因遺伝子であることが最近報告されていますが、CA8の点突然変異により、IP 3 受容体I型の制御機能が失われることを解明しました。[riken.jp] (中・下段)IP 3 受容体I型のV1538M変異がCA8による制御に及ぼす影響を、IP 3 受容体欠損細胞を用いたカルシウムイメージングで解析。野生型のIP 3 受容体I型はCA8によりカルシウム放出活性が抑制された(中段)。一方、IP 3 受容体I型V1538M変異体はCA8により抑制されなかった(下段)。 このページのトップへ[riken.jp]

  • 脾臓炎

    8.4mg/dl、免疫学所見:CRP 11.38mg/dl 尿中肺炎球菌抗原検査:陽性 胸部レントゲン検査:明らかな異常なし 初療室入室後、SBP 60mmHgの状態であり、感染巣不明の敗血症性ショックの診断でただちに輸液療法を開始し、血液、喀痰、尿培養を提出した。[niid.go.jp] […] ml 血液生化学所見:空腹時血糖 59mg/dl、TP 6.1g/dl、尿素窒素 27.4mg/dl、Cr 2.17mg/dl、直接ビリルビン 2.1mg/dl、AST 595 IU/l、ALT 264 IU/l、LDH 804 IU/l、CK 43 IU/l、Na 145 mEq/l、K 3.2 mEq/l、Cl 101 mEq/l、Ca[niid.go.jp]

  • 低リン酸血症

    血清リン値1.2mg/dl(基準 値:2.5-4.5mg/dl)、Ca8.8mg/dl。これまでのフェジン総投与量は5760mgであった。 中止5日後カルシウム、リン酸補充のためリン酸水素カルシウム(R)3g、ディーアルファカプセル(R)0.5μg開始。中止17日後、リン摂取目的に てエレンタールP(R)頓用追加。[min-iren.gr.jp] 入院時血液検査所見(血液透析後) :WBC 1,950/mm3,RBC 320 104/mm3,Hb 10.4g/dL,Plt 8.3 104/mm3,Na 143mEq/L,K 3.7mEq/L,Cl 108mEq/L,Ca 9.4mg/dL,P 2.1mg/dL,UN 23mg/dL,Cr 6.47mg/dL,TP 5.9g/dL,Alb[igaku-shoin.co.jp] 日本における腎性骨症のガイドライン 血清リン濃度 3.5  6.0 g/dl 血清補正Ca濃度 8.4   10.0 mg/dl intact PTH 60 180 pg/m l 血清リンを低下させる方法としては、食事中のリンを制限することと充分な透析が基本です。充分な透析を行うための最大の条件は、血流の良いシャントです。[mishimaclinic.jp]

さらなる症状