Create issue ticket

考えれる102県の原因 ca8

結果を表示する: Deutsch

  • 高カルシウム血症

    血清のCa濃度は8.4〜10.2mg/dl程度の範囲に保たれている。正常値を10mg/dlとすると、そのうち4mg/dlはアルブミンと結合しており、1mg/dlはリンなど他のイオンと結合しており、5mg/dlがカルシウムイオンとして存在する。即ち、低アルブミン血症では見かけ上カルシウム濃度が低値になるため、補正した値をだす。[ja.wikipedia.org] 概要 検査・所見のポイント: 高カルシウム(Ca)血症は、補正Ca濃度あるいはイオン化Ca濃度が基準値を超過する場合を指し、それぞれの基準値は補正Ca濃度が8.5 10mg/dl程度、イオン化Ca濃度が1.15 1.3mmol/l程度とされている。重篤になると、思考力低下、記銘力障害、意識障害などの症状を来すことがある。[clinicalsup.jp] 人体におけるカルシウムの調節 [ 編集 ] 血清のCa濃度は8.4〜10.2mg/dl程度の範囲に保たれている。正常値を10mg/dlとすると、そのうち4mg/dlはアルブミンと結合しており、1mg/dlはリンなど他のイオンと結合しており、5mg/dlがカルシウムイオンとして存在する。[ja.wikipedia.org]

  • 腎機能障害

    第9号(2012年2月) 2012/9/11更新 【閲覧可能です】 オキサロール 軟膏投与患者では血清Caと血清クレアチニン値の定期的モニターを忘れずに! 第8号(2012年1月) アセトアミノフェンに腎障害はある?ない?[jsnp.org]

  • 低カルシウム血症

    概要 検査・所見のポイント: 低カルシウム(Ca)血症は、補正Ca濃度あるいはイオン化Ca濃度が基準値を下回る場合を指し、それぞれの基準値は補正Ca濃度が8.5 10mg/dL程度、イオン化Ca濃度が1.15 1.3mmol/L程度とされている。[clinicalsup.jp] Ca剤内服増量、ビタミンD製剤追加し、グルコン酸Caを注射。Ca値をモニタリングしつつ補充量を調節し、8.2mg/dlで安定するまで59日を要した。 同剤は、「成人には6カ月に1回、60mgを皮下注射」と投与頻度が少ないため、長期間の治療継続が期待されました。[min-iren.gr.jp] Ca血症は1例(投与前から腎機能低下)であった。また5回の採血(投与前, day4,8,15,28)で血清補正Ca値に有意差は認められなかった。規定変更後の3回採血群21例においても低Ca血症は認められなかった。高Ca血症は1例(投与前から腎機能低下)であった。[archive.jsco.or.jp]

  • コクサッキー ウイルス感染症

    その後、2000年6 8月に兵庫県で脳炎による死亡例を含むHFMDの流行がみられ、EV71が検出されている2)。 病原体 CA16、EV71、さらにCA6などのエンテロウイルス(A群エンテロウイルス, Enterovirus A)が病因となる。[niid.go.jp]

  • 乳癌

    この時期の腫瘍マーカーCEAは2.3 ng/ml、Ca15-3は24.8 IU/mlと共に基準値以下となっております。 また、この時、患者様のご希望(経済的な理由)により、医薬品1種類、食品1種類まで削減し、連日投与から隔日投与まで減量しました。[orient-ct.ne.jp] 2014年8月(54.5か月後)の腫瘍マーカーCEAは3.1ng/mlで基準値以下でしたが、CA15-3は29.3IU/mlと基準値を上回りました。 また、新免疫療法中断中にアロマシン:1錠/日 リュープリン:1回/3ヶ月 ゾメタ:1回/3ヶ月は継続していたとのことでした。[orient-ct.ne.jp] 腫瘍マーカーCEA(基準値5.0以下)は6.2 ng/ml、Ca15-3(基準値25以下)は44 U/mlと異常値を示しておりました。免疫の状態を示すサイトカインのIL-12(7.8以上が良好)は7.8 pg/ml以下で、IFNγ(10以上が良好)は11.8 IU/mlとなっており、免疫能力は十分ではない状態でした。[orient-ct.ne.jp]

  • 転移性卵巣上皮がん

    AICS法( アミノインデックス ) 血漿中アミノ酸濃度(PFAA)のバランスの違いを解析 [7] [8] CA125 [9] 漿液性嚢胞腺癌、類内膜腺癌、移行上皮癌 CEA 粘液性嚢胞腺癌、クルーケンベルグ腫瘍 エストロゲン 顆粒膜細胞腫、莢膜細胞種 アンドロゲン セルトリ間質細胞腫、ライディッヒ細胞腫 AFP 卵黄嚢腫瘍、胎児性癌 hCG[ja.wikipedia.org]

  • 上皮性卵巣癌

    AICS法( アミノインデックス ) 血漿中アミノ酸濃度(PFAA)のバランスの違いを解析 [7] [8] CA125 [9] 漿液性嚢胞腺癌、類内膜腺癌、移行上皮癌 CEA 粘液性嚢胞腺癌、クルーケンベルグ腫瘍 エストロゲン 顆粒膜細胞腫、莢膜細胞種 アンドロゲン セルトリ間質細胞腫、ライディッヒ細胞腫 AFP 卵黄嚢腫瘍、胎児性癌 hCG[ja.wikipedia.org]

  • 卵巣の脂質細胞腫瘍

    AICS法( アミノインデックス ) 血漿中アミノ酸濃度(PFAA)のバランスの違いを解析 [7] [8] CA125 [9] 漿液性嚢胞腺癌、類内膜腺癌、移行上皮癌 CEA 粘液性嚢胞腺癌、クルーケンベルグ腫瘍 エストロゲン 顆粒膜細胞腫、莢膜細胞種 アンドロゲン セルトリ間質細胞腫、ライディッヒ細胞腫 AFP 卵黄嚢腫瘍、胎児性癌 hCG[ja.wikipedia.org]

  • 高血圧性心疾患

    )2剤の使用として、RA系阻害薬(ACE阻害薬/ARB) Ca拮抗薬、RA系阻害薬 利尿薬、Ca拮抗薬 利尿薬が推奨される。 9)配合剤により処方を単純化することは、アドヒアランスを改善し、血圧コントロールの改善につながる。[gakuju.com]

  • 卵巣嚢胞腺腫

    AICS法( アミノインデックス ) 血漿中アミノ酸濃度(PFAA)のバランスの違いを解析 [7] [8] CA125 [9] 漿液性嚢胞腺癌、類内膜腺癌、移行上皮癌 CEA 粘液性嚢胞腺癌、クルーケンベルグ腫瘍 エストロゲン 顆粒膜細胞腫、莢膜細胞種 アンドロゲン セルトリ間質細胞腫、ライディッヒ細胞腫 AFP 卵黄嚢腫瘍、胎児性癌 hCG[ja.wikipedia.org]

さらなる症状