Create issue ticket

考えれる2,371県の原因 c ii

結果を表示する: Română

  • 急性胃腸炎

    Department of Virology II, National Institute of Infectious Diseases, Tokyo, Japan d Infectious Disease Surveillance Center, National Institute of Infectious Diseases, Tokyo[kobe-u.ac.jp] Diseases, Institute of Tropical Disease, Airlangga University, Surabaya, Indonesia b Center for Infectious Diseases, Kobe University Graduate School of Medicine, Kobe, Japan c[kobe-u.ac.jp]

  • 先端巨大症

    獅子の巻 』(ダイアプレス、2016年)p75 a b c d e 「週刊プロレス アルバムシリーズ55 アンドレ・ザ・ジャイアント 大巨人ヒストリーII」、『 週刊プロレス 』No.1790、 ベースボール・マガジン社 、平成27年5月13日/5月20日合併号(4月28日発行)、64-65頁、2015年。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性アポリポタンパク質c-ii欠乏症

    は高脂血症などの脂質代謝異常の診断に有用です。 アポリポ蛋白C郡には、C-I、C-IIC-IIIが知られており、いずれも肝臓で合成されます。C-IIC-IIIはTGリッチリポ蛋白の代謝に重要な役割を持っていますが、C-Iの役割は不明です。リポ蛋白C-IIは、リポ蛋白リパーゼ(LPL)活性化作用があり、ApoC-II欠損症ではLPL欠損症[sms.co.jp] 脂肪組織,心筋,骨格筋など末梢組織に広く分布している.糖タンパク質で,分子量は約67,000.細胞内で作られ,末梢血管壁にヘパラン硫酸を介して結合している.アポC-IIはこの酵素を活性化する.CMやVLDLにはアポC-IIが含まれていることに注意.[shibayagi.co.jp] アポリポ蛋白C-II欠損症の場合には、LPL欠損症に比べると発症年齢も遅く、血中のトリグリセリド値も低めと言われています。しかし、アポリポ蛋白C-II欠損症では、LPL欠損症よりも、逆に膵炎の発症率は高いと言われています。[nanbyou.or.jp]

  • ロサルタン

    循環器系 C09 レニン・アンジオテンシン系作用薬 C09C アンジオテンシン II 受容体遮断薬(ARBs)、単剤 C09CA アンジオテンシン II 受容体遮断薬、単剤 C09CA01 ロサルタン D08146 ロサルタン 医療用医薬品のUSP分類 [BR: jp08302 ] 心血管治療薬 アンジオテンシンII受容体拮抗薬 ロサルタン[genome.jp] II受容体拮抗薬 代謝酵素基質薬 DG01642 CYP2C9基質薬 コード 同一コード: C07072 ATCコード: C09CA01 化学構造グループ: DG00348 商品 (DG00348): D00357 JP / US 効能 血圧降下薬, アンジオテンシンII受容体拮抗薬 ターゲット AGTR1 [HSA: 185 ] [KO:[genome.jp] エントリ D08146 Drug 一般名 ロサルタン; Losartan (INN) 組成式 C22H23ClN6O 質量 422.1622 分子量 422.9106 構造式 Simcomp クラス 循環器系用薬 DG01495 アンジオテンシンII受容体拮抗薬 DG01925 レニン-アンジオテンシン系阻害薬 DG01495 アンジオテンシン[genome.jp]

  • 高リポタンパク血症4型

    アポリポ蛋白 -II (アポ C-II) が存在 3). 高脂肪食で TG が著しく増加、炭水化物では TG が著しく増加しない 診断基準:1) があれば確診、2) かつ 3) のみなら疑診 B. アポ C-II 欠損症 1). 血漿アポ -II の欠損を証明 2).[ibaraisikai.or.jp] リスク別脂質管理目標値 (表3) 治療方針の原則 カテゴリー 脂質管理目標値 (mg/dL) LDL-C以外の 主要危険因子 * LDL-C HDL-C TG 一次予防 まず生活習慣の改善を行った後,薬物治療の適応を考慮する I (低リスク群) 0 160 40 150 II (中リスク群) 1-2 140 III (高リスク群) 3以上[srl.info] に対する介入試験 長尾 元嗣 257 c) HDLコレステロールに対する介入試験 児玉 暁 264 c 我が国における大規模臨床介入試験とその評価 深井 志保 270 3) 原発性高脂血症の病型分類と病因・臨床徴候・管理法 a 原発性高カイロミクロン血症 a) 家族性リポ蛋白リパーゼ(LPL)欠損症 塚本 和久 275 b) アポリポ蛋白C-II[nippon-rinsho.co.jp]

  • プロプラノロール

    エントリ D08443 Drug 一般名 プロプラノロール; Propranolol (INN) 組成式 C16H21NO2 質量 259.1572 分子量 259.3434 構造式 Simcomp クラス 循環器系用薬 DG01653 抗不整脈薬 DG01806 クラスII抗不整脈薬 DG01466 アドレナリン受容体拮抗薬 DG01464[genome.jp] 化学構造グループ: DG00305 商品 (DG00305): D00483 JP / US 効能 抗不整脈薬, 血圧降下薬, β遮断薬 コメント クラスII抗不整脈薬 プロプラノロール誘導体 ターゲット ADRB [HSA: 153 154 155 ] [KO: K04141 K04142 K04143 ] パスウェイ hsa04080[genome.jp] アドレナリン受容体拮抗薬 DG01461 β1-アドレナリン受容体拮抗薬 DG01462 β2-アドレナリン受容体拮抗薬 DG01463 β3-アドレナリン受容体拮抗薬 代謝酵素基質薬 DG01892 CYP1A2基質薬 DG01639 CYP2C19基質薬 DG01644 CYP2D6基質薬 コード 同一コード: C07407 ATCコード: C07AA05[genome.jp]

  • クレフティング症候群を伴わない外転異所性外胚葉性異形成

    C: 大腿骨は超音波での同定に苦労するほど極端に短縮,変形している 図15.Achondrogenesis type II(軟骨無発生症II型). A: 妊娠22週,466g女児.身体所見はI型と似るが,四肢短縮はやや軽い傾向がある.TDと同じように四肢は伸展しているが,つま先が内側を向いている. [plaza.umin.ac.jp] C: II型はTDとの鑑別が難しいことがあるが,両下肢の形に注目すると明らかであり,下腿から下の発達が悪くつま先が内側を向いて位置している (4)骨形成不全症II型,III型(Osteogenesis imperfecta; OI) type II, type III 易骨折性,青色強膜,難聴を三主徴とする全身結合織の遺伝性疾患群を骨形成不全症[plaza.umin.ac.jp] では下腿から下の発達が悪く,つま先が内側を向いて位置している(図15C)のに対し,TDの肢位はあやつり人形様と表現され,つま先は通常のように外側を向いている(図12D).[plaza.umin.ac.jp]

  • 腓骨形成不全 - 脛骨カンポメリア - 乏突起症候群

    C: 大腿骨は超音波での同定に苦労するほど極端に短縮,変形している 図15.Achondrogenesis type II(軟骨無発生症II型). A: 妊娠22週,466g女児.身体所見はI型と似るが,四肢短縮はやや軽い傾向がある.TDと同じように四肢は伸展しているが,つま先が内側を向いている. [plaza.umin.ac.jp] C: II型はTDとの鑑別が難しいことがあるが,両下肢の形に注目すると明らかであり,下腿から下の発達が悪くつま先が内側を向いて位置している (4)骨形成不全症II型,III型(Osteogenesis imperfecta; OI) type II, type III 易骨折性,青色強膜,難聴を三主徴とする全身結合織の遺伝性疾患群を骨形成不全症[plaza.umin.ac.jp] では下腿から下の発達が悪く,つま先が内側を向いて位置している(図15C)のに対し,TDの肢位はあやつり人形様と表現され,つま先は通常のように外側を向いている(図12D).[plaza.umin.ac.jp]

  • フルニトラゼパム

    シンガポールでは、フルニトラゼパムは薬物乱用法にてクラスC(スケジュールII)規制薬物であり、処方箋なしに所有することは違法である。 オーストラリアでは、フルニトラゼパムはスケジュール8規制物質であり、これはアンフェタミンや麻薬と同等の扱いである。無許可で一定量以上の物質を保持することは1985年薬物乱用・取引法により罰せられる。[ja.wikipedia.org]

  • 脂質異常症

    一時期(米国ATP-IIのころ)、その心血管疾患との関連が疑問視されたが、現在ではやはり関連はあると考える人が多い。RLP-C (Remnant-like lipoprotein particles-cholesterol) の高TG血症における動脈硬化発症への関与が示唆されている。[ja.wikipedia.org] I型家族性脂質異常症 末梢組織が血液中を循環するリポタンパク質から脂肪酸を受け取る際に使われるリポタンパク質リパーゼ、あるいはそれを活性化するアポ蛋白である apo C-II の機能不全により、血液中の脂肪が末梢に行き渡らず、血液中に増えるために起こる。血中キロミクロン濃度の増加が見られる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状