Create issue ticket

考えれる90県の原因 C 反応性蛋白増加

  • 上気道感染症

    「子どもに多い症状と病気」へ戻る かぜという病名ほど小児科医と母親との会話の中でよく使われている言葉はありません。極端な場合には、はじめから「かぜです」と自己診断をして来院するお母さんもいます。この場合の「かぜです」は、「どうも具合が悪いのです」と同じ意味に受けとったほうが、その後の診療がスムーズにいきます。 実際、熱っぽかったり、頭が痛かったりして、かぜのような症状であったものが、意外にほかの病気の始まりであったりすることがあるからです。 お母さんは漠然とかぜと言っていますが、かぜとはどういうものなのか、医学的にもいまひとつはっきりしていません。[…][women.benesse.ne.jp]

  • 変形性関節症

    肩は、膝関節や股関節のような常に体重がかかる関節ではないため、 変形性肩関節症(へんけいせいかたかんせつしょう) を発症する割合は高くはありません。しかし、 腱板損傷(けんばんそんしょう) や 脱臼(だっきゅう) などにより 関節軟骨(かんせつなんこつ) や 靭帯(じんたい) が傷つくと 変形性肩関節症 を引き起こす危険性があります。 変形性肩関節症 では、軟骨がすり減ったり骨が変形した結果、関節内やその周辺に痛みを感じるようになります。残念ながら、傷んだ軟骨は再生しないため、腕や肩を使う動作が困難になり、徐々に 変形性肩関節症 が進行していきます。肩の 脱臼[…][kansetsu-life.com]

  • エンテロコッカス属

    エンテロコッカス属 に属する菌 菌の効果は研究成果であり、菌を含む製品の効果・効能ではありません。 ※医薬品、医薬部外品、特定保健用食品などの一部の製品には善玉菌による整腸作用などの保健効果がある製品があります。 ヒト由来 生きたまま腸に届く 1962年から使用される歴史ある乳酸菌。整腸作用、口内環境改善の他にも「ドライアイ」にも効果がある。プロバイオティクス。 便秘予防と解消 / お口の健康 / 歯周病予防 / 虫歯予防 / ドライアイの改善 ヒト由来 生きたまま腸に届き増える 小腸に定着性の高いフェカリス菌。ビフィズス菌やアシドフィルス菌などの増殖もサポートする。 死菌(殺菌済み)[…][zendamakinblog.com]

  • 大腸菌

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 大腸菌 だいちょうきん Escherichia coli; colif orm bacillus 腸内細菌 科に属する代表的な菌属。 ヒト および動物の腸内,特に 大腸 に多数生息し,したがって, 糞便 に汚染された外部環境にも広く存在する。 グラム 陰性の中等大の 桿菌 で,周毛により 固有運動 を行う。 ブドウ糖 のほかに 乳糖 もすみやかに分解して,酸とガスをつくる。元来,非 病原性 であるが,しばしばヒトに 病原 性を発現し, 虫垂炎 , 膀胱炎 , 腎盂炎 などを起す。 1950年以来,特に 乳幼児 の 急性腸炎[…][kotobank.jp]

  • 膝の関節炎

    検査と診断 血液検査では、白血球数の増加、赤血球沈降速度の亢進、反応蛋白(CRP)の陽性など、炎症性の変化がみられます。 初期段階のX線検査では、関節の隙間が広がっている程度ですが、進行すると次第に骨の変化が出てきます。初期ではエコー(超音波)、MRI、骨シンチグラフィなどによる画像検査が有用です。[qlife.jp]

  • 多発性関節炎

    血液検査では白血球数が増加、CRP(炎症マーカーであるC反応蛋白)が上昇していた。炎症部位を特定するためレントゲン検査およびエコー検査を実施するが著変なしで、いわゆる「不明熱」であった。※犬の不明熱の原因として様々な原因が考えられるが(詳しくは過去の記事を参照)。その中でも免疫介在性多発性関節炎が最も多いという報告がある。[tabaru.9syu.net]

  • 緑膿菌

    緑膿菌(りょくのうきん、学名、Pseudomonas aeruginosa)は、細菌に分類される、グラム陰性で好気性の桿菌の1種であり、地球上の環境中に広く分布している代表的な常在菌の1つでもある。ヒトに対しても病原性を持つものの、仮に健常者に感染しても発病させることはほとんど無い。対して、免疫力の低下した者に感染すると、日和見感染症の1つとして数えられる緑膿菌感染症の原因となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    細菌肺炎との鑑別はX線像ではまず不可能であり、血液所見 (好中球増加の有無、C反応蛋白上昇の有無、マイコプラズマIgM迅速検査など) や全身状態、気道症状の程度などが参考となる。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    英語/英訳: Vasculitis syndrome 総合監修者 髙久 史麿 - 自治医科大学学長 北村 惣一郎 - 国立循環器病研究センター名誉総長 猿田 享男 - 慶應義塾大学名誉教授 福井 次矢 - 聖路加国際病院院長 各編別監修者 膠原病と原因不明の全身疾患 三森経世 - 京都大学大学院医学研究科臨床免疫学・教授 執筆者 小林茂人 - 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院内科先任准教授 どんな病気か 治療方法 関連するQ&A 血管炎症候群とはどんな病気か 血管炎を原因とした多種多様の臨床症状ないし疾患群を総称して、血管炎症候群といいます。[…][health.goo.ne.jp]

  • 膵炎

    膵炎(すいえん、英: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。 臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。 急性膵炎(Acute pancreatitis) 慢性膵炎(Chronic pancreatitis) 要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。 アルコール性膵炎 自己免疫性膵炎(IgG4関連疾患) 遺伝性膵炎 膵胆管合流異常症 血液検査[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状