Create issue ticket

考えれる3,397県の原因 c

結果を表示する: English

  • 低血糖症

    薬剤性、二次性低血糖症が鑑別された後に血中インスリンと血中Cペプチドの値により鑑別を進めていく。低血糖時に血中インスリンが高値にもかかわらずCペプチド低値を認めた場合はインスリン自己免疫症候群とインスリン注射による低血糖症が疑われる。低血糖時に血中インスリン、血中Cペプチドともに高値を認めた場合、膵β細胞からの自律分泌が考えられる。[ja.wikipedia.org] 糖尿病 ヘモグロビンA1c グリコアルブミン 糖新生 糖尿病の検査 経口ブドウ糖負荷試験[ja.wikipedia.org] 二次性低血糖ではインスリン分泌に抑制がかかるため、血中インスリン値および血中Cペプチド値は低値となる。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    そのため貧血の改善に欠かせない鉄やたんぱく質、ビタミンCも不足しがちになります。無理なダイエットは貧血のもとです!! 心掛け④ 定食型の組み合わせを目指そう 貧血を解消するためには鉄だけでなく、たんぱく質やビタミンCも重要な栄養素です。[mcm-www.jwu.ac.jp] 【ポイント5】 ヘム鉄とビタミンCを一緒に摂る ビタミンCは非ヘム鉄を吸収しやすい形に換える助けになります。この作用は、梅干しに含まれるクエン酸や酢にもあります。 鉄剤 鉄剤とは、精製した鉄粉を主原料にしたもので、食事の中に含まれる鉄よりも大量の鉄を含み、吸収されやすい状態なので、効率よく鉄を摂取することができます。[sawai.co.jp] また、貧血はその起こる原因により、A)骨髄における産生の障害、B)体内における破壊の亢進、)出血、D)多因性の貧血の四つに大別することもできます。[ohta-hp.or.jp]

  • 肺炎

    著者の結論: 肺炎予防に対するビタミンCの予防投与について、肺炎への 罹患率 が高い集団、特に食事性ビタミンC摂取量が低い場合についてさらに調査が必要である。同様に、ビタミンCの 治療効果 については、特に血漿中ビタミンC量が低い患者を対象として 試験 を実施する必要がある。[cochrane.org] 肺胞性肺炎 大葉性肺炎 気管支肺炎 間質性肺炎 ビタミンCの肺炎予防と治療に対する効果の、2013年のコクランレビューは、特殊な集団における証拠があるがさらなる調査が必要とし、特にビタミンCが少ない場合にどうなるかさらなる研究を求めたが、安く安全性が高いため、血中ビタミンC濃度が低い肺炎患者への使用は妥当だとした。[ja.wikipedia.org] 現在得られているエビデンスは、一般集団での肺炎予防を目的としたビタミンCの予防投与的使用を支持するには弱いものである。しかしながら、 治療 目的のビタミンC補充療法は、 費用 が安くまたリスクが低いことから、血漿中ビタミンC量が低い肺炎患者では妥当である。[cochrane.org]

  • 頸動脈狭窄症

    血漿成分の透過性亢進はLDLコレステロール(LDL-C)の内皮内への侵入も引き起こし、周囲細胞により酸化LDL-Cへと変化した後、平滑筋増殖をさらに促進する。[ja.wikipedia.org] 酸化LDL-Cは周囲細胞にとって毒性があり、これを除去するために近傍の内皮細胞は接着因子を提示して単球(マクロファージ)を内皮内に誘導する(typeⅠ)、マクロファージは酸化LDLを貪食し続け、脂肪斑を形成するようになる(typeⅡ)。大量のLDL-Cの侵入に対応できない場合、マクロファージの寿命とともに細胞が崩壊する(typeⅢ)。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    ビタミンCは広く販売され、予防薬や 治療 薬として用いられている。 このレビューでは、1日0.2 g以上のビタミンCを用いた プラセボ 比較 試験 に限定して、ビタミンCの 効果 を対象とした。[cochrane.org] ビタミンCサプリメント ビタミンCが風邪を予防するという説をはじめて大々的に広めたのは、ノーベル化学賞を受賞したライナス・ポーリングであった。1970年に出版されたポーリングの著書『ビタミンCと感冒 (Vitamin C and the Common Cold)』はベストセラーとなった。[ja.wikipedia.org] このビタミンCを豊富に含むのがキウイフルーツです。例えば、ゼスプリ・グリーンキウイなら可食部100g(1個)で約85mg、ゼスプリ・サンゴールドキウイなら可食部100g(1個)あたり161mgものビタミンCを含み、全食材のなかでのビタミンC含有量はトップレベル。[zespri-jp.com]

  • 亀頭包皮炎

    ヒツジの潰瘍性地方病性亀頭包皮炎はCorynebacterium renale群 (C. renalem, C. pilosum, C. cystidis) により引き起こされる。pizzle rotとして知られる。 ウシでは牛ヘルペスウイルス1型により引き起こされる。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] 以上のように、C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療成績は改善してきたものの、C型非代償性肝硬変については現時点まで承認された治療薬がなく、既存のDAA治療不成功の症例に対する治療の選択肢も限られていた。[medical.nikkeibp.co.jp] 肝臓内科にて平成30年7月からC型肝硬変及びB型肝硬変に対する抗線維化治療薬の医師主導治験を実施します 肝臓内科では、C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変(以下「C型肝硬変」という。)及びB型肝炎ウイルスに起因する肝硬変(以下「B型肝硬変」という。)の患者を対象とした医師主導治験(※1)を開始いたします。[cick.jp]

  • 性感染症

    B型・C型肝炎ウイルスは血液から感染します。B型・C型肝炎ウイルスの患者・感染者は、合わせて300万人を超していると推定され、国内最大級の感染症とも言われています。 肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、自覚症状のないまま病気が進行してしまいます。そうなる前に、ウイルス検査を受けましょう。[city.takasaki.gunma.jp] 内容 ・保健師による個別相談 ・血液検査 ①受付・問診票記入 ②問診 ③採血 ・検査項目:HIV(エイズ)、梅毒、性器クラミジア感染症、B型肝炎、C型肝炎 ・採血量は、検査項目により2 12cc程度です。 ④検査結果の告知 ・HIVは、採血後30 40分で結果をお伝えできます。[pref.yamagata.jp] 採血 2,160円 C型肝炎 (HCV抗体) C型肝炎ウイルスに抗体があるかどうかを調べます。 採血 2,160円 検査セット 匿名検査可能 予約なしOK 検査結果翌日対応 メールでの結果報告 STDセットS 16,000円 上記検査一覧の8種類すべての検査を行います。[shinei-cl.com]

  • 肝炎

    C型肝炎は21世紀の国民病 100人に1 3人がC型肝炎 年代別 C型肝炎ウイルス抗体陽性率 肝臓が肝炎ウイルスに感染すると肝炎になります。 肝炎ウイルスにはA・B・C・D・E型があり、このうち、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染したことで発症するのがC型肝炎です。[cgatakanen-support.net] C型肝炎とは? Q1:C型肝炎とは何ですか? C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV))の感染によって起こる肝臓の病気です。 肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。 肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、重症化するまでは自覚症状の現れないという特徴があります。これは本来肝臓がもっている予備能の高さに由来しています。[nagaoka-med.or.jp] C型肝炎はどのように感染しますか? A. C型肝炎ウイルスは血液から感染します。 C型肝炎ウイルスは血液を介して感染します。感染している人の血液が他の人の血液の中に入ることで感染しますが、空気感染や経口感染はありません。[c-kan.net]

  • 過敏性腸症候群

    薬の解説 薬の効果と作用機序 腸管にあるグアニル酸シクラーゼC受容体(GC-C受容体)を活性化させ、過敏性腸症候群における便秘などの消化器症状を改善する薬 過敏性腸症候群は便秘、下痢などの消化器症状が続き、ストレスなどによっても悪化する場合がある 腸管のGC-C受容体が活性化すると腸管分泌や腸管輸送能が促進する 本剤はGC-C受容体を活性化[medical.nikkeibp.co.jp] リナクロチドは、既存の薬剤とは異なった新しい作用機序を示す14個のアミノ酸からなるグアニル酸シクラーゼC(GC-C)受容体作動薬である。腸管の管腔表面のGC-C受容体を活性化させることにより、細胞内のcGMP濃度を増加させ、腸管分泌促進作用、小腸輸送能促進作用、大腸痛覚過敏改善作用を示す。[medical.nikkeibp.co.jp] )も25%以上のもの(c) 分類不能型(IBS-U) 便性状異常の基準がIBS-C,D,Mのいずれも満たさないものRome IV にガス型は記載されていない(存在しない)。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状