Create issue ticket

考えれる30県の原因 bmp2

結果を表示する: Deutsch

  • 変形性関節症

    BMP-2, thrombospondin, collagen receptor, COX-2などは変形性関節症の発生に関与していると考えられ、またosteoprotegerin, tetranectinなどは変形関節症の進行に関与していると考えられています。[k-24.jp] ビタミンDレセプターの変異、エストロゲンレセプター1の変異、IL-1の多型、matrilin 3, frizzled-related protein 3, asporin, BMP-5なども変形性関節症と関係が示唆されています。[k-24.jp]

  • 関節症

    BMP-2, thrombospondin, collagen receptor, COX-2などは変形性関節症の発生に関与していると考えられ、またosteoprotegerin, tetranectinなどは変形関節症の進行に関与していると考えられています。[k-24.jp] ビタミンDレセプターの変異、エストロゲンレセプター1の変異、IL-1の多型、matrilin 3, frizzled-related protein 3, asporin, BMP-5なども変形性関節症と関係が示唆されています。[k-24.jp]

  • 後天性部分型リポジストロフィー

    【請求項4】 前記中胚葉分化培地は、 (i)アクチビンA及びアクチビンBからなる群より選択されるモルフォゲン、好ましくはアクチビンAと、 (ii)BMP 4タンパク質、BMP タンパク質、TGF β1、TGF β、及びTGF β3、並びにそれらの任意の組合せからなる群より選択されるモルフォゲン、好ましくはBMP 4タンパク質と、を含有する[ipforce.jp] 所定の実施形態では、中胚葉分化培地は、(i)アクチビンA及びアクチビンBからなる群から選ばれるモルフォゲン、好ましくはアクチビンAと、(ii)BMP 4タンパク質、BMP タンパク質、TGF β1、TGF β、及びTGF β3、並びにそれらの任意の組合せからなる群から選ばれるモルフォゲン、好ましくはBMP 4タンパク質と、を含む無血清培養培地[ipforce.jp] 【0056】 他の実施形態において、中胚葉分化培地は、アクチビンAとBMP 4タンパク質とを含有する。 【0057】 好ましくは、培地は、1〜5ng/mLのBMP 4、より好ましくは約10ng/mLのBMP 4を含有する。[ipforce.jp]

  • 気管支の遺物

    一方、神経管の背腹軸に沿った分化は、特に脊髄の分化に密接に関連するが、このとき、5章で触れたBMP4と、そして ソニック・ヘッジホッグ:Shh という2つの因子が極めて重要である。 BMP4が背側化因子として作用 し、背側で高濃度に発現するのに対し、脊索などに発現する Shhは腹側化因子 として、腹側で高濃度になる。[ja.wikibooks.org] またShhはBMP2を発現させることで、アポトーシスによる指の形成にも関与する。 泌尿生殖器系の形成と系統発生 [ 編集 ] 12章以降、各中胚葉に由来する器官の発生について見てきたが、本章では、中間中胚葉に由来する泌尿生殖器系について述べる。泌尿生殖器系は、2つの部分:泌尿器系と生殖器系に分けられる。[ja.wikibooks.org]

  • 先端骨溶解症 優性タイプ

    実施例:ALK2-siRNAを用いた細胞内BMPシグナル伝達経路の活性 実施例1で変異型ALK2(R206H及びG356D)に対して、効果的な発現抑制効果を示したALK2-siRNAを選択し、全長の変異型ALK2に対してタンパク質レベルで同様の効果が見られるか否かを検証した。[patents.google.com]

  • 線維性骨異形成症

    .原因 家系例の検索から本疾患は常染色体優性遺伝形式を取るとされている。BMP typeIの受容体である ACVR1 の遺伝子変異(617G A;R206H)が原因であり、日本人の罹患者でもこの変異が確認されている。近年、common mutationであるR206H以外の ACVR1 遺伝子変異を示す非典型例も報告されている。[nanbyou.or.jp]

  • 骨形成不全症 3型

    COL1A1 、 COL1A2 、 IFITM5 、 SERPINF1 、 CRTAP 、 LEPRE1 、 PPIB 、 SERPINH1 、 FKBP10 、 SP7 、 BMP1 、 TMEN38B 、 WNT1 遺伝子の変異 診断のカテゴリー Definite:Aのうち3項目以上 Bのうち3項目以上を満たし、Cの鑑別すべき疾患を除外[nanbyou.or.jp]

  • 骨形成不全症 13型

    COL1A1 、 COL1A2 、 IFITM5 、 SERPINF1 、 CRTAP 、 LEPRE1 、 PPIB 、 SERPINH1 、 FKBP10 、 SP7 、 BMP1 、 TMEN38B 、 WNT1 遺伝子の変異 診断のカテゴリー Definite:Aのうち3項目以上 Bのうち3項目以上を満たし、Cの鑑別すべき疾患を除外[nanbyou.or.jp]

  • リン酸トリオルトクレジル中毒

    該TGF βスーパーファミリーとしては、例えば、TGF β1、TGF β、TGF β3、BMP(Bone Morphogenetic Protein;骨形成因子) BMP 3、BMP 4、BMP 5、BMP 6、BMP 7、BMP 8A、BMP 8B、BMP 14(GDF 5)、GDNF(Glial cell line-derived[biosciencedbc.jp]

  • エンテロペプチダーゼ欠乏による先天性腸疾患

    抑制の相互作用による胃がん発生機序の研究 ・胃癌発生過程でのPGE2によるWntシグナル活性化へ及ぼす影響の解明 ・胃癌発生におけるWntシグナル亢進とCOX-2発現誘導の相互作用 ・上皮細胞の分化増殖におけるCOX-2とmPGESの作用の解明 ・時期特異的な全身性遺伝子発現トランスジェニックマウスシステムの開発 ・WntおよびBMPシグナル[ridb.kanazawa-u.ac.jp] および感受性要因の解明とその臨床応用に関する研究 ・COX-2/PGE2経路と炎症反応による胃がん発生促進機序の研究 ・スフェロイドを用いた胃上皮幹細胞の維持に作用するWnt標的分子の探索 ・COX-2/PGE2経路と炎症反応による胃がん発生促進機序の研究 ・スフェロイドを用いた胃上皮細胞の維持に作用するWnt標的分子の探索 ・Wnt亢進とBMP[ridb.kanazawa-u.ac.jp]

さらなる症状