Create issue ticket

考えれる61県の原因 bin1

  • 古典的なマルチミニコアミオパチー

    ミオチュブラーミオパチー、中心核ミオパチー: MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 III.その他の所見 1.骨格筋画像(CT又はMRI)で萎縮・異常信号輝度を認める。[nanbyou.or.jp] 中心核ミオパチーを起こす原因遺伝子には、最も重篤な乳児型であるX 連鎖性ミオチュブラーミオパチーの原因であるMTM1(myotubularin をコード)、常染色体性優性遺伝(常優)で若年発症のCNM の原因であるDNM2 (dynamin 2)、常染色体性劣性遺伝(常劣)または常優で青年期発症の多いBIN1 (amphiphysin 2)[pathologycenter.jp] : MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 3.症状 ①新生児期ないし乳幼児からの筋力、筋緊張低下(フロッピーインファント)、又は発育、発達の最中に認める運動発達の遅れと筋力低下、②深部腱反射の減弱又は消失、といった[nanbyou.or.jp]

  • ISCU欠乏による乳酸アシドーシスがある遺伝性ミオパチー

    ミオチュブラーミオパチー、中心核ミオパチー: MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 III.その他の所見 1.骨格筋画像(CT又はMRI)で萎縮・異常信号輝度を認める。[nanbyou.or.jp] 中心核ミオパチーを起こす原因遺伝子には、最も重篤な乳児型であるX 連鎖性ミオチュブラーミオパチーの原因であるMTM1(myotubularin をコード)、常染色体性優性遺伝(常優)で若年発症のCNM の原因であるDNM2 (dynamin 2)、常染色体性劣性遺伝(常劣)または常優で青年期発症の多いBIN1 (amphiphysin 2)[pathologycenter.jp] : MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 3.症状 ①新生児期ないし乳幼児からの筋力、筋緊張低下(フロッピーインファント)、又は発育、発達の最中に認める運動発達の遅れと筋力低下、②深部腱反射の減弱又は消失、といった[nanbyou.or.jp]

  • 先天性致死性ミオパチータイプコンプトン - ノース

    中心核を伴うミオパチー ミオチュブラーミオパチー X連鎖性※ MTM1 (60-98%) 中心核ミオパチー 常染色体優性 DNM2 常染色体劣性 BIN1 常染色体劣性 RYR1 筋線維不均等を伴うミオパチー 筋線維タイプ不均等症 常染色体優性/劣性 TPM3 (20-40%) 常染色体劣性 RYR1 (10-20%) 常染色体優性 ACTA1[nanbyou.or.jp] 常染色体優性/劣性 TPM3 (2-3%) 常染色体優性 TPM2 ( 常染色体劣性 RYR1 常染色体劣性 TNNT1 常染色体劣性 CFL2 常染色体優性 KBTBD13 コア構造を伴うミオパチー セントラルコア病 常染色体優性/劣性 RYR1 ( 90%) ミニコア病 常染色体劣性 SEPN1 (30-54%) 常染色体劣性 RYR1[nanbyou.or.jp]

  • ネマリンミオパチー6型

    中心核を伴うミオパチー ミオチュブラーミオパチー X連鎖性※ MTM1 (60-98%) 中心核ミオパチー 常染色体優性 DNM2 常染色体劣性 BIN1 常染色体劣性 RYR1 筋線維不均等を伴うミオパチー 筋線維タイプ不均等症 常染色体優性/劣性 TPM3 (20-40%) 常染色体劣性 RYR1 (10-20%) 常染色体優性 ACTA1[nanbyou.or.jp] [HSA: 4534 ] [KO: K01108 ] (CNM1) DNM2 [HSA: 1785 ] [KO: K01528 ] (CNM2) BIN1 [HSA: 274 ] [KO: K12562 ] (CNM3) MYF6 [HSA: 4618 ] [KO: K18485 ] (CNM4) CCDC78 [HSA: 124093 ][kegg.jp] 中心核ミオパチーを起こす原因遺伝子には、最も重篤な乳児型であるX 連鎖性ミオチュブラーミオパチーの原因であるMTM1(myotubularin をコード)、常染色体性優性遺伝(常優)で若年発症のCNM の原因であるDNM2 (dynamin 2)、常染色体性劣性遺伝(常劣)または常優で青年期発症の多いBIN1 (amphiphysin 2)[pathologycenter.jp]

  • 関節症を伴う出生前発症ミニコアミオパチー

    ミオチュブラーミオパチー、中心核ミオパチー: MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 III.その他の所見 1.骨格筋画像(CT又はMRI)で萎縮・異常信号輝度を認める。[nanbyou.or.jp] 中心核ミオパチーを起こす原因遺伝子には、最も重篤な乳児型であるX 連鎖性ミオチュブラーミオパチーの原因であるMTM1(myotubularin をコード)、常染色体性優性遺伝(常優)で若年発症のCNM の原因であるDNM2 (dynamin 2)、常染色体性劣性遺伝(常劣)または常優で青年期発症の多いBIN1 (amphiphysin 2)[pathologycenter.jp] : MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 3.症状 ①新生児期ないし乳幼児からの筋力、筋緊張低下(フロッピーインファント)、又は発育、発達の最中に認める運動発達の遅れと筋力低下、②深部腱反射の減弱又は消失、といった[nanbyou.or.jp]

  • 中心核病

    ミオチュブラーミオパチー、中心核ミオパチー: MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 III.その他の所見 1.骨格筋画像(CT又はMRI)で萎縮・異常信号輝度を認める。[nanbyou.or.jp] 中心核を伴うミオパチー ミオチュブラーミオパチー X連鎖性※ MTM1 (60-98%) 中心核ミオパチー 常染色体優性 DNM2 常染色体劣性 BIN1 常染色体劣性 RYR1 筋線維不均等を伴うミオパチー 筋線維タイプ不均等症 常染色体優性/劣性 TPM3 (20-40%) 常染色体劣性 RYR1 (10-20%) 常染色体優性 ACTA1[nanbyou.or.jp] 中心核ミオパチーを起こす原因遺伝子には、最も重篤な乳児型であるX 連鎖性ミオチュブラーミオパチーの原因であるMTM1(myotubularin をコード)、常染色体性優性遺伝(常優)で若年発症のCNM の原因であるDNM2 (dynamin 2)、常染色体性劣性遺伝(常劣)または常優で青年期発症の多いBIN1 (amphiphysin 2)[pathologycenter.jp]

  • 先天性線維型不均衡ミオパチー

    ミオチュブラーミオパチー、中心核ミオパチー: MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 III.その他の所見 1.骨格筋画像(CT又はMRI)で萎縮・異常信号輝度を認める。[nanbyou.or.jp] 中心核を伴うミオパチー ミオチュブラーミオパチー X連鎖性※ MTM1 (60-98%) 中心核ミオパチー 常染色体優性 DNM2 常染色体劣性 BIN1 常染色体劣性 RYR1 筋線維不均等を伴うミオパチー 筋線維タイプ不均等症 常染色体優性/劣性 TPM3 (20-40%) 常染色体劣性 RYR1 (10-20%) 常染色体優性 ACTA1[nanbyou.or.jp] 中心核ミオパチーを起こす原因遺伝子には、最も重篤な乳児型であるX 連鎖性ミオチュブラーミオパチーの原因であるMTM1(myotubularin をコード)、常染色体性優性遺伝(常優)で若年発症のCNM の原因であるDNM2 (dynamin 2)、常染色体性劣性遺伝(常劣)または常優で青年期発症の多いBIN1 (amphiphysin 2)[pathologycenter.jp]

  • アーミッシュネマリンミオパチー

    [HSA: 4534 ] [KO: K01108 ] (CNM1) DNM2 [HSA: 1785 ] [KO: K01528 ] (CNM2) BIN1 [HSA: 274 ] [KO: K12562 ] (CNM3) MYF6 [HSA: 4618 ] [KO: K18485 ] (CNM4) CCDC78 [HSA: 124093 ][kegg.jp] 中心核ミオパチーを起こす原因遺伝子には、最も重篤な乳児型であるX 連鎖性ミオチュブラーミオパチーの原因であるMTM1(myotubularin をコード)、常染色体性優性遺伝(常優)で若年発症のCNM の原因であるDNM2 (dynamin 2)、常染色体性劣性遺伝(常劣)または常優で青年期発症の多いBIN1 (amphiphysin 2)[pathologycenter.jp] 両親媒性物質2(BIN1)の変異は、ダイナミン2との相互作用を破壊し、常染色体劣性核内ミオパチー. ナット・ジェネット. 2007年9月. 39(9):1134-9. . Schara U、Kress W、Bonnemann CG、et al.[lindarmartinez.weebly.com]

  • 常染色体優性中心核病

    中心核を伴うミオパチー ミオチュブラーミオパチー X連鎖性※ MTM1 (60-98%) 中心核ミオパチー 常染色体優性 DNM2 常染色体劣性 BIN1 常染色体劣性 RYR1 筋線維不均等を伴うミオパチー 筋線維タイプ不均等症 常染色体優性/劣性 TPM3 (20-40%) 常染色体劣性 RYR1 (10-20%) 常染色体優性 ACTA1[nanbyou.or.jp] [HSA: 4534 ] [KO: K01108 ] (CNM1) DNM2 [HSA: 1785 ] [KO: K01528 ] (CNM2) BIN1 [HSA: 274 ] [KO: K12562 ] (CNM3) MYF6 [HSA: 4618 ] [KO: K18485 ] (CNM4) CCDC78 [HSA: 124093 ][kegg.jp] 中心核ミオパチーを起こす原因遺伝子には、最も重篤な乳児型であるX 連鎖性ミオチュブラーミオパチーの原因であるMTM1(myotubularin をコード)、常染色体性優性遺伝(常優)で若年発症のCNM の原因であるDNM2 (dynamin 2)、常染色体性劣性遺伝(常劣)または常優で青年期発症の多いBIN1 (amphiphysin 2)[pathologycenter.jp]

  • 筋原性ミオパチー4

    ミオチュブラーミオパチー、中心核ミオパチー: MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 III.その他の所見 1.骨格筋画像(CT又はMRI)で萎縮・異常信号輝度を認める。[nanbyou.or.jp] AGRN, ALG14, ALG2, BIN1, CCDC78, CFL2, CHAT, CHRNA1, CHRNB1, CHRND, CHRNE, CHRNG, CNTN1, COLQ, DHPR, DNM2, DOK7, DPAGT1, GFPT1, HSPG2, KBTBD13, KLHL40, LAMB2, LRP4, MEGF10[ncnp.go.jp] : MTM1 、 DNM2 、 BIN1 、 RYR1 、 CCDC78 、 MYF6 、 SPEDG 先天性筋線維タイプ不均等症: TPM3 、 RYR1 、 ACTA1 3.症状 ①新生児期ないし乳幼児からの筋力、筋緊張低下(フロッピーインファント)、又は発育、発達の最中に認める運動発達の遅れと筋力低下、②深部腱反射の減弱又は消失、といった[nanbyou.or.jp]

さらなる症状