Create issue ticket

考えれる17県の原因 bartonella bacilliformis

結果を表示する: English

  • 上気道感染症

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • 細菌感染症

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • 緑膿菌敗血症

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • 髄膜転移

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • 化膿性筋

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • サシチョウバエ熱

    病原体は、ペルーの内科医バートンが発見したバルトネラ・バチリフォミス( Bartonella bacilliformis )。最初は、この病原体はリケッチアの一種と考えられていたが、人工培地で培養出来るなどの理由から、リケッチア科から除外された。この病原体は、ヒトの血流に入り、赤血球の表面に達して、赤血球を破壊して溶血性貧血を起こす。[saganature.jp] 【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • 手術創感染

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • ブドウ球菌性肺炎

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

  • 播種性アスペルギルス症

    【 バルトネラ症敗血症 】 病原菌はBartonella bacilliformisで、南米アンデス地方にみられる風土病である。皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ熱)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。[biseibutu.co.jp]

さらなる症状