Create issue ticket

考えれる82県の原因 b cd19

結果を表示する: Deutsch

  • 非ホジキンリンパ腫

    NHLのうち、約70%がB細胞性です。 CD19 B細胞の表面に存在する糖蛋白で、B細胞の活性化や増殖に関与しています。また、非ホジキンリンパ腫以外でも慢性リンパ性白血病や急性リンパ性白血病などの造血器悪性腫瘍の多くは、B細胞の系列に発生し、これらの悪性化B細胞の表面にもCD19分子が発現しています。[ir.takara-bio.co.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    免疫学的表現型 B細胞マーカー(CD19, CD20, CD22, CD79a, PAX5)が陽性となるが、症例によってはいくつかが陰性になる。 Anaplasitc variantはCD30陽性が多い。 CD5陽性DLBCLはサイクリンD1陰性という点でマントル細胞リンパ腫のblastoid variantとは区別される。[ja.wikipedia.org] 一次治療と二次治療に抵抗性を示すびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫,または幹細胞移植後に再発したびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫の患者の予後は不良である.キメラ抗原受容体(CAR)T 細胞療法であるチサゲンレクロイセル(tisagenlecleucel)は CD19 発現 B 細胞を標的として除去し,単一施設での第 2a 相試験では B[nejm.jp] 細胞表面分子による分類では、B細胞に特徴的なCD19, CD20, CD22, CD79aが陽性になる他、CD10, BCL6, IRF4/MUM1などが陽性になる場合があります。[medicalnote.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    T細胞: (CD1) CD2 CD3 CD4 CD5 CD7 CD8 TCR CD1aはランゲルハンス細胞でも陽性, CD4は単球・組織球でも陽性, CD5は一部のB細胞で陽性 CD8は脾臓血管内皮で陽性 B細胞: CD19, CD20, CD22, CD23, cyCD79a, Sm-IgA, Sm- IgG, Sm- IgM, Sm-[kuhp.kyoto-u.ac.jp] CD20,CD79a,CD19)を発現し,CD5およびCD10は,それぞれ38%,13%の症例に発現が認められる2).CD10陰性例の大部分は,IRF4/MUM1陽性であり,IVLBCLの大部分はnon germinal center B cell(GCB)に分類される.脈管内限局性のリンパ腫として,Ep-stein Barr virus[bunkodo.co.jp] 腫瘍細胞の表面抗原分析ではB細胞マーカーを有し(CD19CD20、 CD22、CD79a、PAX5)陽性を示します。B細胞マーカーは欠落することがありますが、 PAX5は必ず陽性となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    CD1 CD371まで現在では見つけられていて、細胞ごとに染まる組み合わせは決められています。普通のB細胞ではCD19,20,21,37,40,75,79a,b,という組み合わせで染まります。 しかし、慢性リンパ性白血病で発生する異常B細胞においてはCD5,19,20,23が陽性になります。[oncolo.jp] 検査所見 ①末梢血のクローナルな B リンパ球増加( 5,000/μL)の所見が,診断に必須である. ②表面マーカーでは,CD 5 と CD 23 陽性を示す B 細胞のクローナルの増加が認められる.B 細胞マーカーである CD19 もまた陽性となる.さらに,B 細胞マーカーのうち B細胞受容体と関連する CD20,CD79a/b,表面免疫[primary-care.sysmex.co.jp] FCM解析にてCLLはB細胞表面抗原(CD19, CD20, CD23)とともにCD5を発現していますが,CD20発現が弱いことが特徴です。免疫グロブリン軽鎖の偏り(κかλか)によりクローン性が証明されます。[jmedj.co.jp]

  • X 連鎖無ガンマグロブリン血症

    […] btk(ブルトン型無ガンマグロブリン血症チロシンリン酸化酵素)遺伝子に変異が存在することにより、骨髄でのBリンパ球の分化がプロB細胞(CD19 /TdT /細胞質内μHC-)からプレB細胞(CD19 /TdT- /細胞質内μHC )に至る分化段階で停止し、結果的に末梢リンパ球に抗体産生細胞に成熟するBリンパ球が欠損します。[blogs.yahoo.co.jp] 伴性無ガンマグロブリン血症との鑑別は、性別、家族歴、B細胞欠損の重症度(末梢血、骨髄細胞)、単球を用いたBtkタンパク発現検査、B細胞のX染色体不活化検査、遺伝子検査などにより行う。 骨髄の細胞分化は、完全にプロ細胞(CD19 CD34 sIg-)からプレ細胞(CD19 CD34-sIg-)への移行段階で停止している。[emeneki.com] 検査成績 易感染性の存在より免疫不全症が疑われたときに行なう検査として、白血球数(好中球、リンパ球)、血清免疫グロブリン値(IgG、IgA、IgM)、T細胞数(CD3陽性リンパ球数)、B細胞数(CD19/CD20陽性リンパ球数)、PHA(phytohemagglutinin)刺激に対するリンパ球増殖反応、遅延型皮膚過敏反応、血清補体価(CH50[med.u-toyama.ac.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    検査所見 ①末梢血のクローナルな B リンパ球増加( 5,000/μL)の所見が,診断に必須である. ②表面マーカーでは,CD 5 と CD 23 陽性を示す B 細胞のクローナルの増加が認められる.B 細胞マーカーである CD19 もまた陽性となる.さらに,B 細胞マーカーのうち B細胞受容体と関連する CD20,CD79a/b,表面免疫[primary-care.sysmex.co.jp] 出典 小学館 デジタル大辞泉について 情報 凡例 内科学 第10版 の解説 慢性リンパ性白血病(白血球系疾患) 定義・概念 慢性リンパ性 白血病 (CLL)は,成熟小型リンパ球が末梢血に増加する疾患である.CLLはB細胞腫瘍の一種であるが,本来はT細胞マーカーであるCD5が陽性となる.B細胞マーカーではCD19CD20,CD22,CD23[kotobank.jp] FCM解析にてCLLはB細胞表面抗原(CD19, CD20, CD23)とともにCD5を発現していますが,CD20発現が弱いことが特徴です。免疫グロブリン軽鎖の偏り(κかλか)によりクローン性が証明されます。[jmedj.co.jp]

  • B 細胞リンパ腫

    T細胞: (CD1) CD2 CD3 CD4 CD5 CD7 CD8 TCR CD1aはランゲルハンス細胞でも陽性, CD4は単球・組織球でも陽性, CD5は一部のB細胞で陽性 CD8は脾臓血管内皮で陽性 B細胞: CD19, CD20, CD22, CD23, cyCD79a, Sm-IgA, Sm- IgG, Sm- IgM, Sm-[kuhp.kyoto-u.ac.jp] 細胞表面分子による分類では、B細胞に特徴的なCD19, CD20, CD22, CD79aが陽性になる他、CD10, BCL6, IRF4/MUM1などが陽性になる場合があります。[medicalnote.jp] 試験の内容 試験薬剤名 抗CD19 CAR T細胞 疾患名 治療抵抗性又は再発(移植後再発もしくは移植適応とならない薬物療法後再発)のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(diffuse large B cell lymphoma: DLBCL)、原発性縦隔B細胞リンパ腫(primary mediastinal B cell lymphoma:PMBCL[rctportal.niph.go.jp]

  • 急性リンパ芽球性白血病

    なお、2016年5月、日本国内において、「CTL019」はCD19陽性B細胞性急性リンパ芽球性白血病、CD19陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、CD19陽性濾胞性リンパ腫の適応に対して、希少疾病用再生医療等製品の指定を受けています。[novartis.co.jp] またCTL019は、日本において、CD19陽性B細胞性急性リンパ芽球性白血病、CD19陽性びまん性大細胞型リンパ腫、CD19陽性濾胞性リンパ腫を予定される適応症として、2016年5月に希少疾病用医薬品の指定を受けています。 免責事項 本リリースには、現時点における将来の予想と期待が含まれています。[novartis.co.jp] 対照薬剤等 / control material(s) 試験の概要 / brief summary 日本語 / Japanese 英語 / English フェーズ1・2 / phase1・2 介入試験 / interventional study 2017/03/01 2020/03/31 21 再発又は難治性のCD19陽性B細胞性急性リンパ[clinicaltrials.jp]

  • リンパ芽球性リンパ腫

    なお、2016年5月、日本国内において、「CTL019」はCD19陽性B細胞性急性リンパ芽球性白血病、CD19陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、CD19陽性濾胞性リンパ腫の適応に対して、希少疾病用再生医療等製品の指定を受けています。[novartis.co.jp] T細胞: (CD1) CD2 CD3 CD4 CD5 CD7 CD8 TCR CD1aはランゲルハンス細胞でも陽性, CD4は単球・組織球でも陽性, CD5は一部のB細胞で陽性 CD8は脾臓血管内皮で陽性 B細胞: CD19, CD20, CD22, CD23, cyCD79a, Sm-IgA, Sm- IgG, Sm- IgM, Sm-[kuhp.kyoto-u.ac.jp] Blinatumomabは、標的細胞の発現しているCD19、すなわち白血病やリンパ腫を引き起こす多くのB細胞の表面にある蛋白質へT細胞を向けさせるように設計されている。Blinatumomabは、米国食品医薬品局(FDA)から希少疾病用医薬品指定を受けており、現在、ALLおよび非ホジキンリンパ腫の治療のために検討されている。[cancerit.jp]

  • T 細胞リンパ芽球性リンパ腫

    なお、2016年5月、日本国内において、「CTL019」はCD19陽性B細胞性急性リンパ芽球性白血病、CD19陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、CD19陽性濾胞性リンパ腫の適応に対して、希少疾病用再生医療等製品の指定を受けています。[novartis.co.jp] T細胞: (CD1) CD2 CD3 CD4 CD5 CD7 CD8 TCR CD1aはランゲルハンス細胞でも陽性, CD4は単球・組織球でも陽性, CD5は一部のB細胞で陽性 CD8は脾臓血管内皮で陽性 B細胞: CD19, CD20, CD22, CD23, cyCD79a, Sm-IgA, Sm- IgG, Sm- IgM, Sm-[kuhp.kyoto-u.ac.jp] ブリナツモマブについて ブリナツモマブはCD19CD3に二重特異性を有するT細胞誘導(BiTE )抗体であり、特にB細胞系の細胞表面に発現するCD19及びT細胞表面に発現するCD3と結合します。本剤は、米国ではFDAより画期的治療薬及び優先審査の指定を受け、成人及び小児の再発又は難治性のB前駆細胞性ALLの治療薬として承認されています。[astellas.com]

さらなる症状