Create issue ticket

考えれる13県の原因 b cd19

結果を表示する: English

  • 非ホジキンリンパ腫

    NHLのうち、約70%がB細胞性です。 CD19 B細胞の表面に存在する糖蛋白で、B細胞の活性化や増殖に関与しています。また、非ホジキンリンパ腫以外でも慢性リンパ性白血病や急性リンパ性白血病などの造血器悪性腫瘍の多くは、B細胞の系列に発生し、これらの悪性化B細胞の表面にもCD19分子が発現しています。[ir.takara-bio.co.jp]

  • X 連鎖無ガンマグロブリン血症

    […] btk(ブルトン型無ガンマグロブリン血症チロシンリン酸化酵素)遺伝子に変異が存在することにより、骨髄でのBリンパ球の分化がプロB細胞(CD19 /TdT /細胞質内μHC-)からプレB細胞(CD19 /TdT- /細胞質内μHC )に至る分化段階で停止し、結果的に末梢リンパ球に抗体産生細胞に成熟するBリンパ球が欠損します。[blogs.yahoo.co.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    免疫学的表現型 B細胞マーカー(CD19, CD20, CD22, CD79a, PAX5)が陽性となるが、症例によってはいくつかが陰性になる。 Anaplasitc variantはCD30陽性が多い。 CD5陽性DLBCLはサイクリンD1陰性という点でマントル細胞リンパ腫のblastoid variantとは区別される。[ja.wikipedia.org]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    CD1 CD371まで現在では見つけられていて、細胞ごとに染まる組み合わせは決められています。普通のB細胞ではCD19,20,21,37,40,75,79a,b,という組み合わせで染まります。 しかし、慢性リンパ性白血病で発生する異常B細胞においてはCD5,19,20,23が陽性になります。[oncolo.jp] 近年、キメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞療法(Chimeric Antigen Receptor modified T cell Therapy: 以下、CAR-T療法)が開発され、CD19抗原をもつB細胞性ALLを対象に米国の複数の施設で臨床試験が行われました。[med.nagoya-u.ac.jp] 普通のB細胞では染まらなかったCDの番号が染まるのが分かると思います。これを利用するのが免疫学的解析です。 遺伝子解析では液性免疫の結果、出来上がる抗体を分子生物学的に解析することで慢性リンパ性白血病かどうか分かるそうです(免疫グロブリンH鎖、L鎖のモノクローナルな再構成を解析する、と専門的には言います)。[oncolo.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    CD19陽性細胞数、CD20陽性細胞数)及びT細胞数(CD3陽性細胞数、 CD4陽性細胞数、CD8陽性細胞数) 7) ヒト抗キメラ抗体(HACA)の発現 8) 血清中リツキシマブ(遺伝子組換え)濃度 9) 血清IgG4サブクラス自己抗体価(CNTN-1及びNF-155)及びIgGサブクラス 10) 血清中ニューロフィラメント 11) 有害事象[rctportal.niph.go.jp] アウトカム評価項目 1) 握力(左・右) 2) Rasch-built Overall Disability Scale(R-ODS) 3) 英国医学研究審議会(Medical Research Council:MRC)Sum Score 4) 神経伝導検査(運動神経:正中神経、尺骨神経、脛骨神経、腓骨神経) 5) 髄液タンパク濃度 6) B細胞数[rctportal.niph.go.jp]

  • リンパ腫

    Hodgkinリンパ腫であればCD15やCD30、B細胞リンパ腫であればCD19やCD20、CD79a、T細胞リンパ腫であればCD2やCD3、CD5、CD7、NK細胞リンパ腫であればCD16やCD56が陽性となります。[com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • クラツキン腫瘍

    【0036】 本明細書の医薬配合物は白血球で発現される他の表面抗原の阻害剤と併用でき、これは特に抗体又は抗体様分子、例えば、抗-CD2(シプリズマブ(siplizumab))、抗-CD4 (ザノリブマブ(zanolimumab))、抗-CD19(MT-103、MDX-1342、SAR-3419、XmAb-5574)、抗-CD22 (エプラツズマブ[ipforce.jp] (epratuzumab))、抗-CD23(ルミリキシマブ(lumiliximab))、抗-CD30(イラツムマブ(iratumumab))、抗-CD32B(MGA-321)、抗-CD38(HuMax-CD38)、抗-CD40(SGN40)、抗-CD52(アレムツズマブ(alemtuzumab))、抗-CD80(ガリクシマブ(galiximab[ipforce.jp]

  • T細胞前リンパ球性白血病

    B細胞性の白血病やリンパ腫はCD19を高頻度に発現しているため、これらのB細胞性のがんに対するCD19標的CAR-T療法の奏効率はきわめて高いとの報告があります(表1参照)。[cancer.qlife.jp] ブリナツモマブは、B細胞上に発現するCD19とT細胞上に発現するCD3の両方に特異性を持つ、世界初となる二重特異性T細胞誘導(BiTE)抗体。CD3とCD19に結合し、B-ALL細胞とT細胞を架橋することでT細胞を活性化することにより抗腫瘍効果を発揮する免疫療法薬である。[medical.nikkeibp.co.jp] 日本では2018年4月、CD19陽性のB-ALLとB細胞性リンパ腫の治療薬としてキムリアの承認申請が行われ、今年度中の承認が見込まれています。また、CD19陽性B-ALLを対象としたTBI1501の治験が実施されています。[cancer.qlife.jp]

  • 急性白血病

    B細胞性である場合は表面マーカーがCD19、HLA-DR陽性の場合が多く、この場合はpre-Bcellを由来としたcommon ALLとされる。詳細は下図にまとめる。 B細胞系の表面マーカー CD19またはCD7aまたはCD22のうち少なくとも2つの抗原が発現している場合はB細胞系と診断する。[ja.wikipedia.org] Bcellを示す抗原 [ 編集 ] CD10 多くのB-ALLで陽性となる。時にT-ALLでも陽性となる。 CD19 ほとんどのB-ALLで陽性となる。 CD20 B-ALLで陽性、common ALLでは陰性のこともある。 Slg 一部のB-ALLで陽性となる。[ja.wikipedia.org]

  • T細胞性急性リンパ性白血病

    近年、キメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞療法(Chimeric Antigen Receptor modified T cell Therapy: 以下、CAR-T療法)が開発され、CD19抗原をもつB細胞性ALLを対象に米国の複数の施設で臨床試験が行われました。[med.nagoya-u.ac.jp] ターゲットにするのは、一部の白血病や悪性リンパ腫に多く発現する「CD19」だ。 「CD19という細胞表面にあるタンパクは、がん細胞にも正常なB細胞(骨髄で作られるリンパ球)にも存在するもの。そのCD19を持つ細胞をすべて、身体の中から消滅させてしまうという治療です。いわば”肉を斬らせて骨を断つ”方法。[friday.kodansha.co.jp] B細胞は完全に身体から無くなっても、人間は生きていくことができる。治療対象となるがんが一部の白血病や悪性リンパ腫に限られるのは、CD19の目印を持ったがんでなければ攻撃ターゲットが見つからないからです」(今井医師 以下、特記がない限り「 」内は同じ) 培養されるCAR-T細胞には、第1世代から第3世代と呼ばれる構造デザインがある。[friday.kodansha.co.jp]

さらなる症状