Create issue ticket

考えれる348県の原因 B細胞増加

  • 急性膀胱炎

    前記()において、膀胱の線維化とは、膠原線維(コラーゲン)等の細胞外基質が増加し、その結果、膀胱が硬化することを意味する。前記膀胱の線維化は、例えば、線維化マーカーによって間接的に検出できる。[patents.google.com]

  • 鉄欠乏症

    である IgM産生B細胞 が 腫瘍 性に増殖する 悪性腫瘍 。[ja.wikipedia.org] 病態は、IgMの増加によって血液の粘りが強くなる 過粘稠症候群 を起こす。症状は、過粘稠症候群による 眼底出血 、等がある。検査は、血液検査ではIgMが異常高値を示す。治療は、腫瘍細胞に対して化学療法を行い、過粘稠症候群に対して血漿交換療法を行う。治療薬は、少量のメルファランにプレドニゾロンを併用するMP療法を行う。[ja.wikipedia.org] ホジキン病 (HL) 非ホジキン病 (NHL) 血管免疫芽球型T細胞リンパ腫 (AILT) 血管免疫芽細胞性リンパ節症 (AILD) 多発性骨髄腫 (MM) キャッスルマン病 クロウ・フカセ症候群 白血球減少症 後天性免疫不全症候群 (AIDS) 血漿タンパク異常 マクログロブリン血症 (ICD-10: C88.0) IgM 型 免疫抗体 産生細胞[ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    HPHマウスの肺ではTh17細胞が増加して、主にTh17細胞の産生する炎症性サイトカインのIL-17やIL-21も増加していましたが、抗IL-6受容体抗体の投与によりHPHマウス肺でのこれらの増加はいずれも抑制されました( 図1 )。[jst.go.jp] 次に、研究グループは低酸素条件下で主にTh17細胞から分泌されるIL-17とIL-21の役割を検討しました。HPHマウスに抗IL-17中和抗体を投与しても有意な治療効果は見られませんでしたが、IL-21受容体ノックアウト(IL-21RKO)マウスは野生型マウスに比べてHPH病態形成が有意に抑制されました( 図2 )。[jst.go.jp]

  • アレルギー性鼻炎

    2 アレルギー性鼻炎の検査 a:鼻汁好酸球検査 アレルギー性鼻炎の約80%では鼻水の中に好酸球という細胞増加するため、鼻水を採取してこの細胞が認められるか調べます。 :特異的IgE抗体 少量の採血で血液中の抗原に反応するIgE抗体の種類、量を調べます。[iwano-jibika.or.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    である IgM産生B細胞 が 腫瘍 性に増殖する 悪性腫瘍 。[ja.wikipedia.org] 病態は、IgMの増加によって血液の粘りが強くなる 過粘稠症候群 を起こす。症状は、過粘稠症候群による 眼底出血 、等がある。検査は、血液検査ではIgMが異常高値を示す。治療は、腫瘍細胞に対して化学療法を行い、過粘稠症候群に対して血漿交換療法を行う。治療薬は、少量のメルファランにプレドニゾロンを併用するMP療法を行う。[ja.wikipedia.org] ホジキン病 (HL) 非ホジキン病 (NHL) 血管免疫芽球型T細胞リンパ腫 (AILT) 血管免疫芽細胞性リンパ節症 (AILD) 多発性骨髄腫 (MM) キャッスルマン病 クロウ・フカセ症候群 白血球減少症 後天性免疫不全症候群 (AIDS) 血漿タンパク異常 マクログロブリン血症 (ICD-10: C88.0) IgM 型 免疫抗体 産生細胞[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    図2 生体を用いた創薬候補物質のスクリーニング例 飼育培地上の線虫(A)を顕微鏡で観察すると、クルクミンによるAβの重合抑制によって蛍光強度が増加した神経細胞を見ることができる(B)。白丸は神経細胞の細胞体、矢頭は神経細胞の軸索を示す。[aist.go.jp]

  • 伝染性単核球症

    異型リンパ球の出現は、EBウイルスがBリンパ球に感染し、感染細胞に対する細胞性免疫反応により活性化された幼若なT細胞が増加することによる。 多くの症例で肝脾腫を伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。[ja.wikipedia.org]

  • 血栓症

    である IgM産生B細胞 が 腫瘍 性に増殖する 悪性腫瘍 。[ja.wikipedia.org] 病態は、IgMの増加によって血液の粘りが強くなる 過粘稠症候群 を起こす。症状は、過粘稠症候群による 眼底出血 、等がある。検査は、血液検査ではIgMが異常高値を示す。治療は、腫瘍細胞に対して化学療法を行い、過粘稠症候群に対して血漿交換療法を行う。治療薬は、少量のメルファランにプレドニゾロンを併用するMP療法を行う。[ja.wikipedia.org] ホジキン病 (HL) 非ホジキン病 (NHL) 血管免疫芽球型T細胞リンパ腫 (AILT) 血管免疫芽細胞性リンパ節症 (AILD) 多発性骨髄腫 (MM) キャッスルマン病 クロウ・フカセ症候群 白血球減少症 後天性免疫不全症候群 (AIDS) 血漿タンパク異常 マクログロブリン血症 (ICD-10: C88.0) IgM 型 免疫抗体 産生細胞[ja.wikipedia.org]

  • 心筋疾患

    TOP3A異常細胞では、クロマチンブリッジやラギングクロマチンの発現、およびultrafine DNA bridgeと呼ばれる微細な染色体ブリッジの発現が亢進しており、染色体分離の障害が確認されました(図7A, B)。また染色体分離障害の結果、小核を有する細胞増加が確認されました(図7C)。[amed.go.jp]

  • 上室性頻拍

    図6 異常自動能・トリガードアクティビティの模式図 トリガードアクティビティ トリガードアクティビティは,細胞内でのカルシウムイオンの増加が異常なタイミングで起こることで誘発されます.心筋細胞の活動電位は,イオンチャネルを通じて細胞内にナトリウムが流入し,これがきっかけとなり,細胞内のカルシウムが増加することで生じます.[kango-roo.com] 一方の興奮と逆行して分岐点に戻り,再び元のルートを流れます.このような形のリエントリー回路が存在し,頻拍性不整脈の主な機序になっています 異常自動能 異常自動能は,洞結節より下位の正常自動能が異常に 亢進 したり,正常では自動能を有さない組織から脱分極が示され,本来の洞結節からの自動能を超える心拍を発生させることを示しています( 図6 -B[kango-roo.com]

さらなる症状