Create issue ticket

考えれる50県の原因 B細胞分化の障害

  • X 連鎖無ガンマグロブリン血症

    XLAの骨髄ではプロB細胞からプレB-1a細胞への分化障害が示されているが、非XLAの無ガンマグロブリン血症患者あ骨髄B細胞について解析した。非XLAではXLAと同様にプロB細胞からプレB-1a細胞への分化障害が認められる患者もいれば、プロB細胞以前に分化障害を認める患者もいた。[kaken.nii.ac.jp] この変異のin vitro機能解析により、λ5の免疫グロブリンドメインの折りたたみ、細胞外への移行が障害されることが示されている。 λ5欠損マウスは、Btk欠損マウスと同様に程度の軽いB細胞分化障害を呈するが、ヒトにおいては、λ5欠損症はBtkを欠損するXLAと同様にほぼ完全なB細胞分化障害を呈した。[emeneki.com] 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 内科学 第10版 の解説 無ガンマグロブリン血症(原発性免疫不全症候群) (4)無ガンマグロブリン血症(agammaglobulinemia) 概念・病因 B細胞分化障害が原因の液性免疫不全症である.主要な原因は,X染色体上のBTK遺伝子の変異[kotobank.jp]

  • 先天性無ガンマグロブリン血症

    XLAの骨髄ではプロB細胞からプレB-1a細胞への分化障害が示されているが、非XLAの無ガンマグロブリン血症患者あ骨髄B細胞について解析した。非XLAではXLAと同様にプロB細胞からプレB-1a細胞への分化障害が認められる患者もいれば、プロB細胞以前に分化障害を認める患者もいた。[kaken.nii.ac.jp] この変異のin vitro機能解析により、λ5の免疫グロブリンドメインの折りたたみ、細胞外への移行が障害されることが示されている。 λ5欠損マウスは、Btk欠損マウスと同様に程度の軽いB細胞分化障害を呈するが、ヒトにおいては、λ5欠損症はBtkを欠損するXLAと同様にほぼ完全なB細胞分化障害を呈した。[emeneki.com] この病気の本体は、細胞の初期分化障害があり成熟細胞を欠如しており、抗体産生が著しく低下していることです。抗体は血清蛋白の中でガンマグロブリン分画にあり、患者の血清ではガンマグロブリン値が著減しています。無ガンマグロブリン血症と呼ばれる所以でもあります。男児のみ発症します。[glico.co.jp]

  • 異常ガンマグロブリン血症

    XLAの骨髄ではプロB細胞からプレB-1a細胞への分化障害が示されているが、非XLAの無ガンマグロブリン血症患者あ骨髄B細胞について解析した。非XLAではXLAと同様にプロB細胞からプレB-1a細胞への分化障害が認められる患者もいれば、プロB細胞以前に分化障害を認める患者もいた。[kaken.nii.ac.jp] この変異のin vitro機能解析により、λ5の免疫グロブリンドメインの折りたたみ、細胞外への移行が障害されることが示されている。 λ5欠損マウスは、Btk欠損マウスと同様に程度の軽いB細胞分化障害を呈するが、ヒトにおいては、λ5欠損症はBtkを欠損するXLAと同様にほぼ完全なB細胞分化障害を呈した。[emeneki.com] この病気の本体は、細胞の初期分化障害があり成熟細胞を欠如しており、抗体産生が著しく低下していることです。抗体は血清蛋白の中でガンマグロブリン分画にあり、患者の血清ではガンマグロブリン値が著減しています。無ガンマグロブリン血症と呼ばれる所以でもあります。男児のみ発症します。[glico.co.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    骨髄におけるプロB細胞からプレB細胞への分化障害され、末梢血B細胞が欠損し、抗体産生不全となる。 臨床症状:男児にのみ発症する。母親由来の抗体が消失する生後数ヵ月より化膿菌に易感染性を示すようになる。一般ウイルスは通常の経過をとるが、ポリオなどのエンテロウイルスは重症化する。 検査成績:血清免疫グロブリン値はすべてのクラスで低下する。[med.u-toyama.ac.jp]

  • 放射線誘発性白内障

    細胞周期G2M期はS期より感受性が高い。 b. nの小さい細胞障害からの回復が大きい。 c. 分化した細胞は感受性が高い。 d. D0の小さい細胞より感受性が低い。 e. 酸素分圧30mmHgでの感受性と正常酸素圧での感受性とに差はない。 1. a,b 2. a,e 3. b,c 4. c,d 5. d,e 問題 4.[fujita-hu.ac.jp] DNAの障害が主原因である。 問題 2. 放射線感受性について正しいのはどれか。 a. 細胞周期によって感受性が異なる。 b. 分化した細胞ほど感受性が高い。 c. 増殖性の細胞は感受性が高い。 d. 低酸素性細胞は感受性が低い。 1. a,c,dのみ 2. a,bのみ 3. b,cのみ 4. dのみ 5. a dのすべて 問題 3.[fujita-hu.ac.jp]

  • 副腎不全

    2) IL-2やIFN-γの産生を抑制し、活性化T細胞の増殖及び細胞障害性T細胞の機能分化を抑制します。 3) IL-4, 5, 6などのサイトカイン産生を抑制し、B細胞の増殖および抗体産生を抑制します。 2.[autoinflammatory-family.org]

  • 感染症による貧血

    多発性骨髄腫 多発性骨髄腫は、Bリンパ球から分化した形質細胞の腫瘍で、その産物である単クローン性免疫グロブリン(M蛋白)の過剰産生や、貧血を主とする造血障害、易感染性、腎障害、溶骨性変化などのさまざまな症状が出ます。治療は、化学療法が中心で、腫瘤に対しては放射線治療も行われます。[takedahp.or.jp]

  • 分類不能型免疫不全症

    の成熟,機能および分化障害する.原因遺伝子の解明にも関わらず,それが免疫不全に結びつく分子メカニズムは未だによく理解されていない.本稿では,CVIDの分子基盤について概説し,分子の欠損が自己免疫にどのように結びつくかについての知見を紹介する.[jstage.jst.go.jp] 上記研究班では、CVIDを「成熟リンパ球、特に記憶細胞、および抗体産生細胞である形質細胞への分化障害による低グロブリン血症を認め、易感染性を呈する先天性免疫不全症候群」として捕らえることを提唱した。研究の中で分子異常が明らかになり、今後疾患概念が再整理されることが期待される。[emeneki.com] 原発性免疫不全症である.患者は様々な臨床症状を呈し,細胞レベルおよび免疫学的においても多様な欠損があり,自己免疫疾患を合併しやすく悪性腫瘍への感受性も高い.最近CVIDの原因となる4つの遺伝子の欠損(ICOS, TACI, BAFF-R, CD19)が同定され,CVIDにおける遺伝的基盤の多様性を実証している.これら遺伝子の異常はそれぞれ異なる段階でB細胞[jstage.jst.go.jp]

  • 食道の牽引性憩室

    C-kit陽性・Cajal介在細胞 Glivec奏功 ピロリ除菌有効 centrocyte様腫瘍細胞 形質細胞分化・CD15、CD20 B cell lymphoma・DLBCL最多・mitosis・MALTomaに続発 Chromosome7q31・粘稠(ちゅう)粘液分泌・繊毛運動障害 ムンプス(耳下腺炎) サイトメガロ(エイズ) 核内封入体[quizlet.com]

  • 先天性好中球減少症

    これはリンパ球の中の細胞分化障害や機能障害によって起こる抗体産生能力がないために易感染性(感染しやすいこと)が起こります。また好中球の数だけではなくて、働き(白血球が炎症部位に移動するとき、これを遊走といいます)が悪い場合、あるいは炎症部に接着しない場合、また殺菌能が異常な場合など様々なものがあります。[senoopc.jp]

さらなる症状