Create issue ticket

考えれる1県の原因 B細胞分化の障害

  • 遺伝性疾患

    Btk蛋白の異常により、γ-グロブリン(いわゆる抗体)産生に携わるB細胞分化障害され、特に細菌感染を受けやすくなる。治療は、γ-グロブリンの定期的な補充が中心で、理論上造血幹細胞移植は有効のはずだが、移植に伴うリスクは移植のメリットを上回らないと考えられるケースが多く、原則として行われない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状