Create issue ticket

考えれる3,383県の原因 b

結果を表示する: English

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB12 欠乏症、または低コバラミン血症は、血中の ビタミンB12濃度が低いことをいう。 ビタミンB12血液レベルが,200pg/mL(145pmo/L)を下回る場合にビタミンB12欠乏症を示す。欠乏の主要原因は3つに分類される。[ja.wikipedia.org] 精査の結果、ビタミンB 12 欠乏と判明し、ビタミンB 12 の注射により、貧血が著明に 改善しました。また、 橋本病 を合併し、甲状腺ホルモンが低値でしたので、甲状腺ホルモンの 補充も行い、ほとんど症状が消失しました。 ビタミンB 12 は、DNA合成などに欠かせないビタミンで、肉・レバー・牛乳・卵・魚などに 含まれています。[miyashita.or.jp] 薬剤 オメプラゾール 消化器官用薬 副作用 ビタミンB12欠乏性認知症 概要 79歳、女性。食道静脈瘤に対する内視鏡的静脈瘤硬化療法施行後に、オメプラゾール20mg/日が開始された。約2年後、健忘症が発現、HDS-Rで13点、両側大脳皮質に多発性脳梗塞がみられ、ビタミンB12の低値(80pg/mL)が確認された。[imic.or.jp]

  • 貧血

    また 特定 の細菌により ビタミン B 12 が消費されたり、 ビタミン B 6 、B 12 が多く含まれる 肉 類を食べずに、ほとんど含まれない 野菜 ばかり食べていても発症することがある。[dic.nicovideo.jp] 3 悪性貧血(巨赤芽球貧血) 赤血球がつくられるときに必要なビタミンB12、葉酸が不足して赤血球が減少するためにおこる貧血です。 ビタミン12欠乏性 ビタミン12の吸収には胃液が必要ですが、胃切除のような場合には、胃酸分泌が低下し、吸収できなくなり欠乏が起こります。[byouin.metro.tokyo.jp] 原因は DNA 合成に必要な ビタミン B 12 や ビタミン B 9 ( 葉酸 )、合成に関わる ビタミン B 6 の欠乏である。 ビタミン B 12 は胃で分泌される「内因子」と結合したのち小腸で吸収されるため、萎縮性胃炎や自己 免疫 疾患による内因子分泌の低下、胃の全摘、小腸疾患などによって吸収が悪くなる。[dic.nicovideo.jp]

  • 性感染症

    何か気になることがあれば、お気軽にご相談ください 性感染症の種類 診察でわかる性感染症 ヘルペス・コンジローマ など 血液検査でわかる性感染症 梅毒・HIV・型肝炎・C型肝炎 など 性感染症について 性器ヘルペス 【潜伏期間】 3 7日間程度 【症 状】 亀頭や陰茎、陰唇などに多数の水泡ができます。[yamano-cl.jp] ワクチンと他の生物医学的介入 性感染症のうち、B型肝炎とHPVの2疾患には、安全で大変効果的なワクチンがあります。この2疾患に対するワクチンは、性感染症の予防において、大きな前進でした。B型肝炎ワクチンは、世界の国の93%で小児の予防接種計画に含まれ、既に、慢性肝疾患とがんによる死亡を130万人防いだと推計されています。[forth.go.jp] B型・C型肝炎ウイルスは血液から感染します。B型・C型肝炎ウイルスの患者・感染者は、合わせて300万人を超していると推定され、国内最大級の感染症とも言われています。 肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、自覚症状のないまま病気が進行してしまいます。そうなる前に、ウイルス検査を受けましょう。[city.takasaki.gunma.jp]

  • 関節炎

    急性多関節炎を引き起こすウイルスとしてパルボウイルスB19、B型肝炎ウイルス、風疹ウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス、HIVがあげられる。 関節炎の鑑別としてリウマチ性多発筋痛症(PMR)は非常に重要である。筋肉や関節の疼痛に発熱、倦怠感、食欲低下があればリウマチ性多発筋痛症を疑うことができる。[ja.wikipedia.org] III型アレルギーの機序で感冒後に皮疹、関節炎がおこるヒトパルボウイルスB19によるもの、HBV、HCV、風疹、HIVなどによるものもここに含まれる。 淋菌性関節炎淋菌性関節炎は遊走性単関節炎の他に、多関節炎の形態もとる。 細菌性心内膜炎 慢性多関節炎の早期慢性多関節炎の早期は急性多関節炎のように見えることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 肝炎

    日本では遺伝子型Cが多く、次に遺伝子型Bが続き、遺伝子型Cは遺伝子型Bに比べて予後が悪いと考えられている。最近、急性肝炎では海外から持ち込まれたと考えられる遺伝子型Aが急増しており、遺伝子型BおよびCと比べて慢性化しやすい。治療では、遺伝子型A、BはC、Dに比べてIFNが効果的である。 臨床症状 急性B型肝炎は比較的緩徐に発病する。[niid.go.jp] B型肝炎 流行地 B型肝炎ウイルス(HBV)による急性肝炎で、ウイルスは世界中に幅広く分布しています。世界でのHBV感染者の分布には大きな地域差があり、東南アジアやアフリカでは感染者が人口の8%を上回る国もあります。日本、ヨーロッパ、北米など感染者が人口の2%以下の国もあります。[forth.go.jp] ページ番号1004784 更新日 平成31年4月1日 印刷 B型・C型肝炎とは B型、C型の肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。B型、C型肝炎ウイルスは主に血液を介して感染します。感染していても症状が現れにくいため、気づかないうちに肝臓の炎症が進み慢性肝炎となり、放置すると肝硬変や肝がんへと進行していくことがあります。[city.suginami.tokyo.jp]

  • メタボリックシンドローム

    1994年、中村らは、皮下脂肪は内臓脂肪の病的作用に対して、むしろ、生体保護的に作用すると考えて、内臓脂肪症候群なる概念を提唱し、1998年、Lamarcheらは高インスリン血症、アポリポ蛋白B高値、small dense LDLの組み合わせをatherogenic metabolic triadとして提唱した。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    3、B型肝炎ウイルスだけじゃない ?!肝硬変の発症原因 肝硬変を発症する原因は、B型肝炎ウイルスに限りません。 その他にも下記の5つの原因が挙げられます。 (1)その他のウイルスによるもの 感染力が強い肝炎ウイルスはB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスですが、その他にもA型・D型・E型の肝炎ウイルスがあります。[best-legal.jp] 肝臓内科にて平成30年7月からC型肝硬変及びB型肝硬変に対する抗線維化治療薬の医師主導治験を実施します 肝臓内科では、C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変(以下「C型肝硬変」という。)及びB型肝炎ウイルスに起因する肝硬変(以下「B型肝硬変」という。)の患者を対象とした医師主導治験(※1)を開始いたします。[cick.jp] アジアおよびアフリカの一部地域では, B型慢性肝炎 による肝硬変がしばしばみられる。(B型およびC型肝炎に関する追加情報については 肝炎ウイルスの特徴 )。原因不明の肝硬変(特発性肝硬変)は,具体的な原因(例,C型慢性肝炎,脂肪肝炎)が数多く同定されるようになったことで,減少してきている。[msdmanuals.com]

  • 妄想性パーソナリティ障害

    また診断基準Bが、統合失調症や、精神病性の障害、一般身体疾患によるものではないことを要求している。 なお、パーソナリティ障害の診断は、特定のパーソナリティの特徴が成人期早期までに明らかになっており、薬物やストレスなど一過性の状態とも区別されており、臨床的に著しい苦痛や機能の障害を呈している必要がある。[ja.wikipedia.org]

  • 翼状片

    縫合線が輪部(鼻側翼状片であれば、右眼なら3:00、左眼なら9:00)に垂直になると再発が多い(図1) b) 無茎弁移植術 患眼の上方、耳側、あるいは他眼の上方より、必要に応じたsizeの結膜片を採り、欠損部に縫合する術式である。[cornea.gr.jp] B-mode 眼底が見えない場合に硝子体、網膜の状態を見る。球後の疾患にも使用可能。 IOLマスター 光学的に眼軸長を測定するもの。A-modeより簡便で熟練を要さないが、白内障が強い場合、硝子体混濁がある場合には測定できないことがある。[ja.wikipedia.org] b) 結膜下移植法 翼状片の頭部を角膜から剥離し、結膜下の剥離した贄片の頭部を結膜下で上方あるいは下方に90 曲げるようにして強膜に縫合するか、あるいは2分して上方、下方の強膜に縫合する方法である。 結膜を切除しない為、結膜実質の繊維芽細胞への刺激が最小限に抑えられ、再発が少ない術式である。[cornea.gr.jp]

  • 強迫性障害

    先行研究の事例では、「Aしたら/Aの場合/Aが原因で、Bになる/Bが起こる」という強迫観念を持っていた場合、「実際にAをしてみても/Aを再現してみても、Bにならない/Bが起こらない」ということを体験することをサポートし、スムーズな曝露反応妨害法の導入へとつながっていった。[ja.wikipedia.org] A family study of early-onset obsessive-compulsive disorder.Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet 136B; 92-97, 2005. 23)van Grootheest D, Cath D, Beekman A, Boomsma D.[mhlw.go.jp] B Neuropsychiatr.[bsd.neuroinf.jp]

さらなる症状