Create issue ticket

考えれる3県の原因 ap4m1

  • 激越性うつ病

    二塩酸塩を濾過により単離し、エーテルで洗浄(3 50ml)し、次いで60 で減圧乾燥し、標題化合物の二塩酸塩を白色固体(3.6g、変換率98.8%)として得た。 分析: 生成物は、NMR及びLC/MS(300Hz、CDCl3;AP 296.)により特性決定した。[biosciencedbc.jp]

  • 小腸内細菌異常増殖

    スケールバーは10µm。 図4 AP-1B欠損マウスの腸管上皮細胞におけるβ-カテニンの核への移行 AP-1B欠損マウス(-/-、右)および正常な対照マウス( /-、左)の腸管上皮細胞から核画分を精製し、タンパク質を抽出したのち、ウエスタンブロット法にてβ-カテニンとヒストンH3を検出した。[riken.jp]

  • クラツキン腫瘍

    フェノール、4 [4 (4 フルオロフェニル) 5 (4 ピリジニル) H イミダゾール 2 イル] (9Cl)およびベンズアミド、3 (ジメチルアミノ) N [3 [( ヒドロキシルベンゾイル(hydroxylbenzoyl))アミノ] 4 メチルフェニル] (9Cl)を非限定的に含むp38APキナーゼ阻害剤。[biosciencedbc.jp] ダムナカンタールおよびチルホスチン6を非限定的に含むp56チロシンキナーゼ阻害剤。[biosciencedbc.jp] チルホスチンAG1296、チルホスチン9、,3 ブタジエン 1,1,3 トリカルボニトリル、2 アミノ 4 (1H インドール 5 イル) (9Cl)、イマチニブ(Gleevec(登録商標))およびゲフィチニブ(Iressa(登録商標))、ならびに欧州特許第0564409号およびPCT国際公開第99/03854号で一般的および具体的に開示[biosciencedbc.jp]

さらなる症状