Create issue ticket

考えれる37県の原因 amt

結果を表示する: Italiano

  • 異型グリシン脳症

    原因 グリシン開裂酵素系は複合酵素で、GLDC, AMT, GCSH, DLDの4つの遺伝子にコードされる酵素により構成されている。約6割の症例でGLDC遺伝子に、約2割にAMT遺伝子に変異を認める。GCSH遺伝子変 異は極めて稀。残りの約2割の症例ではいずれの遺伝子にも変異は見出されない。[nanbyou.or.jp]

  • 非ケトン性高グリシン血症

    原因 グリシン開裂酵素系は複合酵素で、GLDC, AMT. GCSH、DLDの4つの遺伝子にコードされる酵素により構成されている。約6割の症例でGLDC遺伝子に、残りの約2割にAMT遺伝子に変異を認める。 GCSH遺伝子変異は極めて稀。DLD遺伝子変異はLiegh脳症(リー脳症)を引き起こすが、高グリシン血症とはならない。 4.[nanbyou.or.jp] 発病の機構 不明( GLDC 、 AMT 、 GCSH 遺伝子変異が関与するが、発病の機構、病態が未解明である部分が多い) 3. 効果的な治療方法 未確立(根本治療法が確立していない。) 4. 長期の療養 必要(知的障害、運動発達遅滞、てんかん、行動異常が生涯に渡るため) 5.[nanbyou.or.jp] Comprehensive mutation analysis of GLDC, AMT, and GCSH in nonketotic hyperglycinemia (glycine encephalopathy).[hosp.tohoku.ac.jp]

  • 無巨核球性血小板減少症

    血小板,トロンボポエチン(TPO),無巨核球性血小板減少症(AMT),全身性エリテマトーデス(SLE)[ishiyaku.co.jp] 自己抗体の認識抗原と病因的意義 242巻8号 2012年8月25日 p.584-588 血小板に対する自己免疫疾患として知られている免疫性血小板減少症(ITP)では,血小板膜表面に発現したGPIIb/IIIaなど糖蛋白に対する自己抗体により,網内系での血小板の破壊が促進する.一方,骨髄巨核球が著減する病態が知られており,無巨核球性血小板減少症(AMT[ishiyaku.co.jp] )とよばれる.最近著者らは,血小板産生に必須な造血因子であるトロンボポエチン(TPO)の受容体を認識する自己抗体が造血幹細胞や巨核球上のTPO受容体へのリガンド結合を阻害し,後天性AMTを誘導することを明らかにした.抗TPO受容体抗体は,特発性ITPや血小板減少を伴う全身性エリテマトーデス(SLE)でも低頻度ながら検出される.抗GPIIb[ishiyaku.co.jp]

  • 幻覚剤

    これほど厳しい判決が下された理由の1つは、ニューヨーク在住の男性(18歳)が、ポンドマンで購入した薬物アルファ・メチルトリプタミン(AMT)を過剰摂取して死亡したことだと、検察側は述べている。 さらに今後2ヵ月間で、おとり捜査の複数の逮捕者が判決を言い渡されることになっている。[wired.jp] 2C-I α-メチルトリプタミン:AMT 5-MeO-DMT TMA-2 Nutt, David J.; Rucker, James J.H.; Iliff, Jonathan; et al. (2017). “Psychiatry & the psychedelic drugs. Past, present & future”.[ja.wikipedia.org]

  • ケニー - カフェ症候群1型

    今年はケニーさん、「阿蘇をライダーの聖地に」と阿蘇周辺の7市町村が一体となってはじめたAMT( 阿蘇モビリティツーリズム: )の親善大使にも任命され、KRJRの期間がそのまま、AMTの期間、というわけでもあるんです。 そのKRJRが、今年で9年目を迎えます。実は私、このイベントにこれまで3回、実走で参加……いや取材させていただいています。[autoby.jp]

  • キサンチン尿症1型

    8659 ] [KO: K00294 ] H00191 非ケトーシス型高グリシン血症 グリシン脳症 先天代謝異常症; 神経系疾患 hsa00260 Glycine, serine and threonine metabolism GLDC; glycine dehydrogenase [HSA: 2731 ] [KO: K00281 ] AMT[kegg.jp] […] carboxylate dehydrogenase [HSA: 8659 ] [KO: K00294 ] H00191 非ケトーシス型高グリシン血症 グリシン脳症 先天代謝異常症; 神経系疾患 hsa00260 グリシン、セリン、スレオニンの代謝 GLDC; glycine dehydrogenase [HSA: 2731 ] [KO: K00281 ] AMT[kegg.jp]

  • ジドブジン

    また、副代謝経路として3'-amino-3'-deoxy-thymidine(AMT)及びそのグルクロン酸抱合体(GAMT)に代謝される経路も存在する 19) 。静脈内投与後のGZDVのAUCは未変化体のAUCの約3倍であり、AMTのAUCは未変化体のAUCの1/5であった。[haart-support.jp]

  • キサンチン尿症 2型

    8659 ] [KO: K00294 ] H00191 非ケトーシス型高グリシン血症 グリシン脳症 先天代謝異常症; 神経系疾患 hsa00260 Glycine, serine and threonine metabolism GLDC; glycine dehydrogenase [HSA: 2731 ] [KO: K00281 ] AMT[kegg.jp] […] carboxylate dehydrogenase [HSA: 8659 ] [KO: K00294 ] H00191 非ケトーシス型高グリシン血症 グリシン脳症 先天代謝異常症; 神経系疾患 hsa00260 グリシン、セリン、スレオニンの代謝 GLDC; glycine dehydrogenase [HSA: 2731 ] [KO: K00281 ] AMT[kegg.jp]

  • 地球物理学的形成異常

    観測する周波数帯域がMT法(およそ300〜0.001Hz)とAMT法(10,000〜0.3Hz)で異なり,MT法は深部の構造を,AMT法はより浅部の構造を詳しく調べるのに適しています.測点は山頂を横切るように南西から北東に分布しています( 図:有珠山の地形・地質概略とMT,AMT法の探査測点 ).[gbank.gsj.jp] このような貫入マグマおよびその周辺の構造を調べる目的で,1996および97年にAMTとMT法による電磁探査を実施しました(Ogawa et al.,1998; Matsushima et al.,2001).MT法およびAMT法は,自然磁場が変化することによって地中に誘導される電流の変動を観測し,地下の比抵抗(電気の流れにくさを表す物質固有[gbank.gsj.jp] 深い構造とマグマ溜り より深部の構造を明らかにするためにMT法を用いた電磁探査を実施しました.AMT法と同様に南西方向から北東方向へ有珠山を横切る断面での比抵抗構造を示します( 図:比抵抗構造断面図 ) 比抵抗構造断面図 .[gbank.gsj.jp]

  • アデニンホスホリボシル転移酵素欠乏

    8659 ] [KO: K00294 ] H00191 非ケトーシス型高グリシン血症 グリシン脳症 先天代謝異常症; 神経系疾患 hsa00260 Glycine, serine and threonine metabolism GLDC; glycine dehydrogenase [HSA: 2731 ] [KO: K00281 ] AMT[kegg.jp] […] carboxylate dehydrogenase [HSA: 8659 ] [KO: K00294 ] H00191 非ケトーシス型高グリシン血症 グリシン脳症 先天代謝異常症; 神経系疾患 hsa00260 グリシン、セリン、スレオニンの代謝 GLDC; glycine dehydrogenase [HSA: 2731 ] [KO: K00281 ] AMT[kegg.jp]

さらなる症状