Create issue ticket

考えれる81県の原因 adp

結果を表示する: English

  • 緑膿菌

    すなわち、エキソトキシンAがペプチド伸張因子であるEF2をADP-リボシル化することで、動物細胞のすべてのタンパク質合成を不可逆的に阻害し、最終的に細胞は死に至る。この他、EF2以外の何らかの分子を標的にADP-リボシル化する活性を持つエキソエンザイムS(細胞外酵素S)も分泌することが知られている。[ja.wikipedia.org] すなわち、エキソトキシンAが ペプチド 伸張因子であるEF2をADP-リボシル化することで、動物細胞のすべてのタンパク質合成を不可逆的に阻害し、最終的に細胞は死に至る。この他、EF2以外の何らかの分子を標的にADP-リボシル化する活性を持つエキソエンザイムS(細胞外酵素S)も分泌することが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • グランツマン血小板無力症

    しかし、いったん血管損傷によって生成したトロンビンやADPが血小板表面の受容体と結合すると、それと共役したG蛋白質の活性化がおこり、PLC–PKC経路が活性化され、最終的にaIIbb3インテグリンの細胞内ドメインにtalinやkindlinIIIが結合することによってaIIbb3インテグリンは活性化する。[anatomy.med.keio.ac.jp] 血小板機能検査では、アデノシン二リン酸(ADP)、コラーゲン、アドレナリン(旧称エピネフリン)、トロンビンなどの血小板凝集を引き起こす物質に対する凝集が欠如する。ただし、抗生物質で血小板凝集作用をもつリストセチンでは凝集する。そのほか特殊な検査法として、フローサイトメトリーによる検査法や、遺伝子の変異を直接調べる遺伝子検査などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 歯齦炎

    ADP阻害薬(抗血小板薬)とは、ADP(アデノシン2リン酸)という物質の働きを阻害し、血小板の活性化に基づく血小板凝集を抑え、血栓の形成を抑え血管をつまらせないようにする薬。 ADP阻害薬(抗血小板薬)の代表的な商品名 ADP阻害薬(抗血小板薬)についての詳しい解説を見る[medley.life] 阻害薬(抗血小板薬) クロピドグレル錠25mg「SANIK」は、 ADP阻害薬(抗血小板薬) に分類される。[medley.life] 阻害剤 出血を助長 フルボキサミンマレイン酸塩 出血を助長 塩酸セルトラリン 出血を助長 CYP2C8で代謝される薬剤 血中濃度が増加し血糖降下作用が増強 レパグリニド 血中濃度が増加し血糖降下作用が増強 クロピドグレル錠25mg「SANIK」と主成分が同じ薬 主成分が同じ薬をすべて見る クロピドグレル錠25mg「SANIK」に関係する解説 ADP[medley.life]

  • ピルビン酸キナーゼ欠乏

    ピルビン酸キナーゼは、体内のエネルギーの保存(ADP ATP)に働きかける酵素で、これが足りないとATPの産生が減少してしまいます。ATPが減少すると赤血球から水とカリウムが逃げてしまい、赤血球が脱水し、縮み、キレイな球状の形を保てなくなり、やがて壊れてしまいます。[axa-direct.co.jp] ピルビン酸キナーゼは、体内のエネルギーの保存(ADP ATP)に働きかける酵素です。その酵素が足りないとATPの産生が減少してしまいます。ATPが減少すると赤血球から水とカリウムが逃げてしまい、赤血球が脱水し、縮み、キレイな球状の形を保てなくなり、やがて壊れてしまいます。[axa-direct.co.jp]

  • 神経症性障害

    そしてATPから、リン酸が一つ離れてADP(アデノシン二リン酸)となったときエネルギーが発生する。[kokorotokarada.net] 食物 酸素 水 二酸化炭素 ATP(アデノシン三リン酸) ATP ADP(アデノシン二リン酸) リン酸 エネルギー このATP ADP エネルギー ATPというサイクルは一日数百回繰り返されるが、ATP産生の際に使われる酸素の一部は活性酸素と呼ばれる物質に変わる。[kokorotokarada.net]

  • 内分泌機能不全

    一方で細胞外に放出されたATPは速やかにADP、AMP、アデノシンへと代謝を受け、標的細胞膜上のそれぞれに対応するプリン受容体に結合しプリン作動性化学伝達を惹起するシグナルメディエーターでもあります。[intmed3.med.kyushu-u.ac.jp]

  • 特発性高カルシウム尿症

    無機リン(P) リン酸は生体内で各種のリン酸エステルとして糖代謝、またエネルギー酸化合物(ATP・ADP・CrPなど)としてエネルギー代謝に必須の物質です。 尿中への排泄には血中リン域値があり、血中リンが3.2mg/dl以下ではほとんどが尿細管から再吸収され、これ以上になると尿中に排泄される。[hosp.tsukuba.ac.jp] (筋肉中のMg欠乏により、Na-K-ポンプは、血管内のKを引き込み、Naが血管内に入り込むことで作用する、ATP ADPになることを障害する。) Ⅳ.高Mg血症 高Mg血症を起こす病態は、腎機能の状態により分類する。 1.[osaka-eiyoushikai.or.jp]

  • 家族性大腸腺腫症

    00 開会挨拶 学術集会会長 渡邉 聡明 武田 祐子 9:00 9:50 シンポジウム1 遺伝性乳がん卵巣がんをとりまく課題 座長 青木 大輔 (慶應義塾大学医学部産婦人科) 野水 整 (星総合病院外科) S1-1 卵巣がんサーベイランスにおける予防的卵巣摘出術に関する課題 慶應義塾大学医学部産婦人科 平沢 晃 S1-2 A Poly (ADP[c-linkage.co.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    幾つかの特に一般的な修飾、グリコシル化、脂質結合、硫酸化、グルタミン酸残基の水酸化およびガンマ リボシル化ならびにADP リボシル化は、例えば、Proteins-Structure and Molecular Properties (第2版, T. E. Creighton, W. H.[biosciencedbc.jp] 知られている修飾には、限定されるものではないが、アセチル化、アシル化、ADP リボシル化、アミド化、フラビンの共有結合、ヘモ基の共有結合、ヌクレオチドもしくはヌクレオチド誘導体の共有結合、脂質または脂質誘導体の共有結合、ホスホチジルイノシトールの共有結合、架橋、環化、ジスルフィド結合の形成、脱メチル化、共有架橋の形成、シスチンの形成、ピログルタメート[biosciencedbc.jp]

  • 亜鉛欠乏症

    細胞外へ放出されたATPは種々の分解酵素によりADP、AMP、アデノシンまで分解されるが、ATPとADPは炎症など、アデノシンは抗炎症などのシグナルを細胞膜に発現した受容体を介して誘発する。分解酵素や受容体の異常によって細胞外ATP代謝が破綻すると、炎症や創傷治癒遅延などの症状を引き起こす。[monoist.atmarkit.co.jp]

さらなる症状