Create issue ticket

考えれる520県の原因 adh

結果を表示する: Deutsch

  • 低ナトリウム血症

    もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa, Kの尿中への排泄増加,ならびにADH[joi.jlc.jst.go.jp]

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    原因として、①ADH産生腫瘍によるもの、②中枢神経系疾患や呼吸器疾患によるもの、③薬剤によるものがあります。肺がんなどの腫瘍でADHを分泌するものがADH産生腫瘍で、からだの浸透圧と無関係にADHを分泌するため低ナトリウム血症を進行させます。[medical.jiji.com] ADHの測定を実際に行う必要があることは少ないが、測定すると必ずしも高値ではないことが多い。これは、SIADHではADHが異常に多量に分泌されているわけではなく、血漿浸透圧が低下してもADHの分泌量が減少しないことによって発症しているからである。ADH産生性腫瘍によるSIADHは例外で、ADHの著明な高値を認める。[ja.wikipedia.org] 追加情報ページへのリンク ADH分泌過剰症(SIADH)に関する 詳細情報 ADH分泌過剰症(SIADH)に関する評価・治療例(詳細) (1件) 初診時 ADH分泌過剰症(SIADH)に関する エビデンス・解説 (10件) ADH分泌過剰症(SIADH)に関する 画像 (3件) 薬剤監修について: オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院[clinicalsup.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    頻度は高くないが、胸腔内圧の上昇を伴うRSV下気道炎の合併症としてADH分泌異常症候群(syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: SIADH)がある。[idsc.nih.go.jp] 重篤な合併症 重篤な合併症として注意してほしいものは、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症等があります。 平成24年の人口動態統計によると、日本国内のRSウイルス感染症による死亡数は、2008 2012年の5年間で、年平均31.4人(28 36人)と報告されています。[kosodateouendan.jp] 合併症には、中耳炎、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症がある。 感染ルートは、飛沫(ひまつ)または接触によるので、マスクを着けて咳エチケットに努めることや、手洗いを十分にすることが有効である。[kotobank.jp]

  • 気管支炎

    頻度は高くないが、胸腔内圧の上昇を伴うRSV下気道炎の合併症としてADH分泌異常症候群(syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: SIADH)がある。[idsc.nih.go.jp]

  • 下垂体後葉疾患

    下垂体後葉から分泌されるホルモンは ADH(antidiuretic hormone)であり,ADH の作用が不足すれば尿崩症となり,ADH が相対的過剰となれば ADH 不適合分泌症候群(syn-drome of inappropriate secretion of ADH:SIADH)となる.[primary-care.sysmex.co.jp] Arginine vasopressin(AVP)は抗利尿ホルモン(antidiuretic hormone; ADH)とも言われ、わずか9個のアミノ酸で構成されるペプチドホルモンである。ヒトの場合、8番目のアミノ酸がアルギニンであるため、アルギニン・バゾプレシン(AVP)と呼称されている。[data.medience.co.jp] 浸透圧受容器は視床下部にあり、血漿浸透圧がこの値より上昇するとADHの分泌が増加する。 浸透圧が上昇してもADHが分泌されない状態が尿崩症である。[kango-roo.com]

  • 視床下部飲症性高ナトリウム血症症候群

    バソプレシンAVP・抗利尿ホルモンADH バソプレシン(Arginine vasopressin:AVP)は抗利尿ホルモン(antidiuretic hormone:ADH)ともいわれ、視床下部で合成され下垂体後葉に蓄えられる下垂体後葉ホルモンです。[kensin-kensa.com] そのため抗利尿ホルモン(antidiuretic hormone: ADH)とも呼ばれ、その過剰分泌によって、希釈性の低ナトリウム血症が起こる。 ADHの過剰分泌は、下垂体後葉からの分泌亢進と、視床下部・下垂体以外の腫瘍組織からの分泌(異所性ADH産生腫瘍と呼ばれる)に大別される。[medical.nikkeibp.co.jp] ADH不適合分泌症候群 ADHは、血漿浸透圧の上昇がサインとなって分泌されるが、その上昇がないにもかかわらず分泌されてしまう病態がある。これをADH不適合分泌症候群という。中枢神経の疾患や胸腔内の疾患などが原因となる。[nurseful.jp]

  • 塩類喪失

    一部の症例では血漿ANP、BNP、ADH値の測定ならびに平均血圧(MABP)、頭蓋内圧(ICP)、局所脳血流(rBF)を経時的に測定した。【結果】SAH群ではSham群と比較し、有意に尿量と尿中Na排泄の増加を認めた。血清Na値は作成4日目に有意な低下を認めた。[kaken.nii.ac.jp] [必ずしも抗利尿ホルモン(バソプレッシン, ADH)が正常値を超えるとは限らず、低ナトリウム性低浸透圧(低尿酸)血症なのに、本来低下すべき抗利尿ホルモン(バソプレッシン, ADH)が普通に分泌される状態(採血でADHが測定できてしまう状態)] 血管内の水分過剰で、血中Na濃度が薄められ 低ナトリウム 性低浸透圧(低尿酸)血症、尿は高ナトリウム[nagasaki-clinic.com] ADH不適合分泌症候群(SIADH— ADH不適合分泌症候群 )は,細胞外液量が正常な低ナトリウム血症のもう1つの原因である。[msdmanuals.com]

  • 高ナトリウム血症

    血清 浸透圧 が低下している状況で,細胞外液量がほぼ正常,尿中Na・ 浸透圧 が上昇,UA低下,ADHが測定できる(測定感度以下ではない)場合,甲状腺機能と副腎機能が正常であればSIADHと診断する. 補正は病態によって違うため,十分に病態を把握しなければいけない.[primary-care.sysmex.co.jp] 血清Na濃度異常の多くは水バランス異常によりもたらされ、ADH分泌過剰(SIADH、血管内脱水など)に伴う水貯留により低Na血症が、ADH欠乏(尿崩症)や腎外性水喪失等に伴う水欠乏により高Na血症が引き起こされる。[clinicalsup.jp] 抄録 目的:頭部外傷後の高ナトリウム(Na)血症の病態は,ADH (antidiuretic hormone)の分泌異常により自由水を喪失した結果生じる高張性脱水である。[jstage.jst.go.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    重篤な合併症 重篤な合併症として注意してほしいものは、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症等があります。 平成24年の人口動態統計によると、日本国内のRSウイルス感染症による死亡数は、2008 2012年の5年間で、年平均31.4人(28 36人)と報告されています。[kosodateouendan.jp] 発熱時には栄養は外部調達から内部依存(コルチゾール分泌による脂肪、タンパク質の異化、ADH分泌による水分の保持など)に変わるので病初期には食事、水分を無理に与える必要はない4)。 鼻汁吸引は有用であり、鼻汁、鼻閉を訴える患者に対しては外来で吸引処置を行い、家庭でも器具を使っての吸引を勧める。 5.[kusakari-shounika.or.jp]

  • 腎性尿崩症

    診断は,摂水制限後および外因性ADH投与後の尿浸透圧変化の測定に基づく。治療は,十分な水分摂取,サイアザイド系利尿薬,NSAID,および低塩低タンパク食で構成される。 NDIは,ADHに反応して尿を濃縮できないことを特徴とする。中枢性尿崩症はADHの欠損を特徴とする。いずれの病型の尿崩症も,完全または部分的な場合がある。[msdmanuals.com] 尿の量は抗利尿ホルモン(ADH)によって調節されています。ADHは尿量を少なくする作用を有するホルモンで、バソプレシン(AVP)とも呼ばれます。血液中のADHが少なくなると尿量が増加し、逆にADHが増加すると尿量が減少します。[nanbyou.or.jp] 先天性腎性尿崩症は遺伝子異常によるもので, 原因遺伝子としては抗利尿ホルモン(ADH)の2型受容体(V2R)遺伝子であるAVPR2, ADH感受性の水チャネルであるアクアポリン(AQP)2遺伝子AQP2が同定されている. ※記事の内容は雑誌掲載時のものです。 抄録[med.m-review.co.jp]

さらなる症状