Create issue ticket

考えれる387県の原因 adh

結果を表示する: Deutsch

  • 低ナトリウム血症

    もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa, Kの尿中への排泄増加,ならびにADH[joi.jlc.jst.go.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    頻度は高くないが、胸腔内圧の上昇を伴うRSV下気道炎の合併症としてADH分泌異常症候群(syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: SIADH)がある。[idsc.nih.go.jp] 重篤な合併症 重篤な合併症として注意してほしいものは、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症等があります。 平成24年の人口動態統計によると、日本国内のRSウイルス感染症による死亡数は、2008 2012年の5年間で、年平均31.4人(28 36人)と報告されています。[kosodateouendan.jp] 合併症には、中耳炎、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症がある。 感染ルートは、飛沫(ひまつ)または接触によるので、マスクを着けて咳エチケットに努めることや、手洗いを十分にすることが有効である。[kotobank.jp]

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    原因として、①ADH産生腫瘍によるもの、②中枢神経系疾患や呼吸器疾患によるもの、③薬剤によるものがあります。肺がんなどの腫瘍でADHを分泌するものがADH産生腫瘍で、からだの浸透圧と無関係にADHを分泌するため低ナトリウム血症を進行させます。[medical.jiji.com] ADHの測定を実際に行う必要があることは少ないが、測定すると必ずしも高値ではないことが多い。これは、SIADHではADHが異常に多量に分泌されているわけではなく、血漿浸透圧が低下してもADHの分泌量が減少しないことによって発症しているからである。ADH産生性腫瘍によるSIADHは例外で、ADHの著明な高値を認める。[ja.wikipedia.org] Arginine vasopressin(AVP)は抗利尿ホルモン(antidiuretic hormone; ADH)とも言われ、わずか9個のアミノ酸で構成されるペプチドホルモンである。ヒトの場合、8番目のアミノ酸がアルギニンであるため、アルギニン・バゾプレシン(AVP)と呼称されている。[data.medience.co.jp]

  • 気管支炎

    頻度は高くないが、胸腔内圧の上昇を伴うRSV下気道炎の合併症としてADH分泌異常症候群(syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: SIADH)がある。[idsc.nih.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    (2)経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず介護等に height "24" 36 サルコイドーシス 3 内分泌系疾患 37 肺動脈性肺高血圧症 12 間脳下垂体機能障害(PRL分泌異常症、ゴナドトロピン分泌異常症、ADH分泌異常症、下垂体性TSH分泌異常症、クッシング病、先端巨大症、下垂体機能低下症) 38 慢性血栓塞栓性肺高血圧症[gifunanbyo.org] 重症筋無力症 66 IgA 腎症 12 先天性筋無力症候群 67 多発性嚢胞腎 13 多発性硬化症/視神経脊髄炎 68 黄色靱帯骨化症 14 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー 69 後縦靱帯骨化症 15 封入体筋炎 70 広範脊柱管狭窄症 16 クロウ・深瀬症候群 71 特発性大腿骨頭壊死症 17 多系統萎縮症 72 下垂体性ADH[city.okinawa.okinawa.jp] 53 リンパ脈管筋腫症(LAM) 26 特発性拡張型(うっ血型)心筋症 54 重症多形滲出性紅斑(急性期) ※8 27 多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症及びシャイ・ドレーガー症候群) 55 黄色靱帯骨化症 28 表皮水疱症(接合部型及び栄養障害型) 56 間脳下垂体機能障害(PRL分泌異常症、ゴナドトロピン分泌異常症、ADH[dai-ichi-life.co.jp]

  • 肉芽腫巨細胞下垂体炎

    難病法に基づく指定難病と障害者総合支援法の「特殊の疾病」で異なる疾病名を用いているもの(平成30年4月1日より) 障害者総合支援法の対象疾病 難病法の指定難病 アミロイドーシス 全身性アミロイドーシス ADH分泌異常症 下垂体性ADH分泌異常症 関節リウマチ 悪性関節リウマチ 強皮症 全身性強皮症 原発性高脂血症 家族性高コレステロール血症[city.minato.tokyo.jp] 重症筋無力症 66 IgA 腎症 12 先天性筋無力症候群 67 多発性嚢胞腎 13 多発性硬化症/視神経脊髄炎 68 黄色靱帯骨化症 14 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー 69 後縦靱帯骨化症 15 封入体筋炎 70 広範脊柱管狭窄症 16 クロウ・深瀬症候群 71 特発性大腿骨頭壊死症 17 多系統萎縮症 72 下垂体性ADH[city.okinawa.okinawa.jp] 特発性血小板減少性紫斑病 063 64 血栓性血小板減少性紫斑病 064 65 原発性免疫不全症候群 065 前 065 中 065 後 66 Ig A 腎症 066_1 67 多発性嚢胞腎 067 68 黄色靱帯骨化症 068 69 後縦靱帯骨化症 069 70 広範脊柱管狭窄症 070 71 特発性大腿骨頭壊死症 071 72 下垂体性 ADH[immuno2.med.kobe-u.ac.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    重篤な合併症 重篤な合併症として注意してほしいものは、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症等があります。 平成24年の人口動態統計によると、日本国内のRSウイルス感染症による死亡数は、2008 2012年の5年間で、年平均31.4人(28 36人)と報告されています。[kosodateouendan.jp] 発熱時には栄養は外部調達から内部依存(コルチゾール分泌による脂肪、タンパク質の異化、ADH分泌による水分の保持など)に変わるので病初期には食事、水分を無理に与える必要はない4)。 鼻汁吸引は有用であり、鼻汁、鼻閉を訴える患者に対しては外来で吸引処置を行い、家庭でも器具を使っての吸引を勧める。 5.[kusakari-shounika.or.jp]

  • 常染色体劣性難聴 44

    難病法に基づく指定難病と障害者総合支援法の「特殊の疾病」で異なる疾病名を用いているもの(平成30年4月1日より) 障害者総合支援法の対象疾病 難病法の指定難病 アミロイドーシス 全身性アミロイドーシス ADH分泌異常症 下垂体性ADH分泌異常症 関節リウマチ 悪性関節リウマチ 強皮症 全身性強皮症 原発性高脂血症 家族性高コレステロール血症[city.minato.tokyo.jp] 22 遺伝性ジストニア 23 遺伝性周期性四肢麻痺 24 遺伝性膵炎 25 遺伝性鉄芽球性貧血 26 VATER症候群 27 ウィーバー症候群 28 ウィリアムズ症候群 29 ウィルソン病 30 ウエスト症候群 31 ウェルナー症候群 32 ウォルフラム症候群 33 ウルリッヒ病 34 HTLV-1関連脊髄症 35 ATR-X症候群 36 ADH[city.itabashi.tokyo.jp] 疾病名の表記を変更したもの(新旧対照表) 平成27年1月1日施行時に変更済みの疾病名 【旧】 平成26年12月31日までの疾病名 【新】 平成27年1月1日以降の疾病名 アミロイド症 アミロイドーシス アレルギー性肉芽腫性血管炎 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 ウェゲナー肉芽腫症 多発血管炎性肉芽腫症 ADH不適合分泌症候群 ADH分泌異常症[city.minato.tokyo.jp]

  • 上気道感染症

    発熱時には栄養は外部調達から内部依存(コルチゾール分泌による脂肪、タンパク質の異化、ADH分泌による水分の保持など)に変わるので病初期には食事、水分を無理に与える必要はない4)。 鼻汁吸引は有用であり、鼻汁、鼻閉を訴える患者に対しては外来で吸引処置を行い、家庭でも器具を使っての吸引を勧める。 5.[kusakari-shounika.or.jp]

  • 下垂体後葉疾患

    Arginine vasopressin(AVP)は抗利尿ホルモン(antidiuretic hormone; ADH)とも言われ、わずか9個のアミノ酸で構成されるペプチドホルモンである。ヒトの場合、8番目のアミノ酸がアルギニンであるため、アルギニン・バゾプレシン(AVP)と呼称されている。[data.medience.co.jp] ADH不適合分泌症候群 ADHは、血漿浸透圧の上昇がサインとなって分泌されるが、その上昇がないにもかかわらず分泌されてしまう病態がある。これをADH不適合分泌症候群という。中枢神経の疾患や胸腔内の疾患などが原因となる。[nurseful.jp] 抗利尿ホルモン(ADH, AVP, バソプレッシン と呼び方は色々)は、尿を減らして、体内に水分を留めるホルモンです。脳の視床下部で産生され、下垂体茎を通り、下垂体後葉に貯蔵され、血中へ分泌されます。 抗利尿ホルモン の量が減ったり、血中に放出できないと、多量の薄い尿が出ます。[nagasaki-clinic.com]

さらなる症状