Create issue ticket

考えれる50県の原因 adamts4

  • 変形性関節症

    変形性関節症では、アグリカンの分解が目立ちますが、ADAMTS-4, ADAMTS-5が関与していると考えられております(図3)。 変形性関節症の薬物療法 ヒアルロン酸 長鎖アミノ糖であり、分子量が大きく関節液に粘調性を与えています。変形性関節症ではRAほどにはヒアルロン酸は減少しません。[k-24.jp]

  • 脊柱側弯症

    A.症状 大基準 重度の皮膚脆弱性、垂れ下がりゆるんだ皮膚 小基準 内出血しやすい、前期破水、大きいヘルニア(臍、そけい) B.検査所見 生化学所見:I型プロコラーゲンプロセッシングの異常 C.遺伝学的検査 ADAMTS2 遺伝子等の変異 7.デルマタン4-O-硫酸基転移酵素-1欠損型エーラス・ダンロス症候群の診断基準 A.症状を複数認めることにより[nanbyou.or.jp]

  • 敗血症

    敗血症の病態 4. APCの臨床効果 2 敗血症とvon Willebrand 因子関連因子  ADAMTS13を中心に 1. VWFとADAMTS13の機能 1.1 VWFの機能 1.2 ADAMTS13の機能 1.2.1 分泌されたVWFの長さ調節 1.2.2 血栓内腔進展制御機能 1.2.3 抗炎症作用 2.[gijutu.co.jp]

  • 動揺性高血圧

    .治療法 先天性TTP(USS):新鮮凍結血漿(FFP)を定期的に輸注してADAMTS13酵素補充を行い、血小板数を維持する治療が行われる。将来は、現在臨床治験が行なわれている遺伝子組換え蛋白(rADAMTS13)による酵素補充療法が可能となると思われる。[nanbyou.or.jp] 後天性TTP重症度分類 1.ADAMTS13インヒビター 2BU/mL以上 2.腎機能障害 3.精神神経障害 .心臓障害(トロポニン上昇、ECG異常等) 5.腸管障害(腹痛等) 6.深部出血又は血栓 7.治療不応例 8.再発例 判定  有1点、無0点 重症 3点以上 中等症 1点 2点 軽症 0点 先天性TTP(USS)重症度分類 中等症以上[nanbyou.or.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    血漿交換前に血漿4本、血清4本、便をー80度にて凍結保存しておくと良い。(クエン酸血漿:ADAMTS13活性、溶血試験)、EDTA2K血漿、血清)それを[email protected]に送ると(aHUS事務局)溶血試験をしてくれる。以下の抗H因子抗体、遺伝子検査も受け付けてくれる。[sk-blood.com] TTP以外のaHUS、HUS、二次性TMAなどでもADAMTS13活性の軽度低下が認められることがあるが、一般的に活性は20%以上である。[nanbyou.or.jp] ADAMTS13の作用は低下しておらず、微小血管の内皮細胞障害が原因と考えられていますが、未だ詳しいメカニズムは不明です。 4. 膠原病 全身性エリテマトーデスの2-8%程度にTMAが合併すると言われています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 腹膜線維症

    確かに、尋常性天疱瘡や落葉状天疱瘡での抗デスモグレイン抗体、血栓性血小板減少性紫斑病での抗ADAMTS13抗体として、IgG4クラスの自己抗体が報告されている。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 関節症

    変形性関節症では、アグリカンの分解が目立ちますが、ADAMTS-4, ADAMTS-5が関与していると考えられております(図3)。 変形性関節症の薬物療法 ヒアルロン酸 長鎖アミノ糖であり、分子量が大きく関節液に粘調性を与えています。変形性関節症ではRAほどにはヒアルロン酸は減少しません。[k-24.jp]

  • 敗血症

    敗血症の病態 4. APCの臨床効果 2 敗血症とvon Willebrand 因子関連因子  ADAMTS13を中心に 1. VWFとADAMTS13の機能 1.1 VWFの機能 1.2 ADAMTS13の機能 1.2.1 分泌されたVWFの長さ調節 1.2.2 血栓内腔進展制御機能 1.2.3 抗炎症作用 2.[gijutu.co.jp]

  • 細小血管症

    ADAMTS13の作用は低下しておらず、微小血管の内皮細胞障害が原因と考えられていますが、未だ詳しいメカニズムは不明です。 4. 膠原病 全身性エリテマトーデスの2-8%程度にTMAが合併すると言われています。[kompas.hosp.keio.ac.jp] メカニズムは不明な点もありますが、ADAMTS13に対する自己抗体や、血小板に発現するCD36という糖蛋白に対する自己抗体が産生されることで、微小血管の内皮細胞障害が生じTMAを発症するものと推察されています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 膵萎縮

    確かに、尋常性天疱瘡や落葉状天疱瘡での抗デスモグレイン抗体、血栓性血小板減少性紫斑病での抗ADAMTS13抗体として、IgG4クラスの自己抗体が報告されている。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状