Create issue ticket

考えれる917県の原因 ACTH

結果を表示する: Română

  • 内分泌機能不全

    ホルモン放出ホルモン 副腎皮質刺激ホルモンの分泌を刺激する 成長ホルモン放出ホルモン 成長ホルモンの分泌を刺激する ソマトスタチン 成長ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、 インスリン の分泌を阻害する[msdmanuals.com] 副腎機能不全の原因と治療法 副腎機能不全は副腎自体に原因がある「原発性副腎機能不全」と、脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌不全が原因である「続発性副腎機能不全」に分けられます。 原発性副腎機能不全の原因は、自己免疫による炎症、結核などの感染、両側副腎出血、乳がんや肺がんなどの悪性腫瘍の副腎転移などがあります。[saiseikai.or.jp] 前葉は6種類のホルモン[副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、成長ホルモン(GH)、黄体化ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、プロラクチン]を、後葉は抗利尿ホルモン(バゾプレシン、ADH)とオキシトシン(OT)を分泌します。[nanbyou.or.jp]

  • 副腎不全

    【原因は何か】 副腎皮質ホルモンの分泌量が急激に減る原因としては、副腎の細菌感染や血管の閉塞(へいそく)、出血、あるいは下垂体(かすいたい)の障害による副腎皮質刺激ホルモンACTH)の分泌低下などがあげられます。[yomidr.yomiuri.co.jp] 合わせてACTHを測定し高値であれば原発性、低値であれば続発性と診断できる。 血清電解質:血清ナトリウム低下、カリウム上昇がみられ、Na/K 比30以下は副腎不全を疑わせる。 末梢血好酸球増多と低血糖を示す。 病歴や症候、電解質、血算などの緊急検査から急性副腎不全が疑われる場合は、血中ホルモンの結果を待たずに治療を開始する。[ja.wikipedia.org] 致命的状況に陥る病態である.既知・未知の慢性副腎不全症患者に種々のストレス(感染,外傷など)が加わり,ステロイド需要量が増加した場合と治療目的で長期服用中のステロイド薬が不適切に減量・中止が行われた場合の発症が多い.症状は非特異的であり,消化器症状や発熱が前面に出る場合があり,急性腹症などと誤診される場合もある.副腎クリーゼが疑われる場合は,ACTH[jstage.jst.go.jp]

  • 骨粗鬆症

    クッシング病 : 副腎皮質刺激ホルモンが異常分泌(ACTH )される病気。中心性肥満、満月様顔貌(moon face)、野牛肩(buffalo hump)、多毛、糖尿病、高血圧など特徴的臨床所見を呈し典型例の診断は容易。[ja.wikipedia.org] ACTH単独欠損症 : 下垂体前葉より分泌されるホルモンの中で、副腎皮質刺激ホルモンだけが分泌不良(ACTH )となり、二次性の 副腎皮質機能低下症 をきたす病気。新生児発症のものと成人発症のものがある。成人発症のものには自己免疫的機序によると思われる例が多い。副腎不全症状や、 電解質代謝異常 、低血糖などにより発見されることが多い。[ja.wikipedia.org] 下垂体 : 視床下部の下流に位置し上記のホルモンをうけて下垂体前葉からACTH副腎皮質刺激ホルモン ), TSH( 甲状腺刺激ホルモン ), FSH( 卵胞刺激ホルモン ), LH( 黄体化ホルモン ), GH( 成長ホルモン ), PRL( プロラクチン )や、下垂体後葉に送られてきたADHを血中に放出する。[ja.wikipedia.org]

  • ネルソン症候群

    両側の副腎摘除は コルチゾール の産生を止めるが、これによりコルチゾールの負の フィードバック がなくなることで、それまで抑制されていた潜在性の 副腎皮質刺激ホルモン (ACTH) 産生性微小 下垂体腺腫 の成長が促進されると考えられている。[ja.wikipedia.org] 下垂体腺腫が持続的に成長することで、ACTHおよび メラニン細胞刺激ホルモン (MSH) の産生増加とともに、 脳 組織および 脳神経 の物理的圧迫による圧排効果が発生してくる。[ja.wikipedia.org] ACTH-producing pituitary tumors following adrenalectomy for Cushing's syndrome.”. Ann Intern Med 52 : 560–569. PMID 14426442 .[ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群

    副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン試験 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン試験(ふくじんひしつしげきほるもんほうしゅつほるもんしけん)は、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンを投与して血中副腎皮質刺激ホルモン及び血中糖質コルチコイドを測定する試験。目的 デキサメサゾン抑制試験8gm投与に加え、副腎腫瘍と異所性ACTH産生腫瘍の鑑別を行うこと。[ja.wikipedia.org] 意義 副腎皮質刺激ホルモン刺激試験を迅速に行える。 原理 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンが副腎皮質刺激ホルモンを刺激し、これが糖質コルチコイド産成を刺激する事。 方法 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンを静脈注射して、30分後と60分後の血中の副腎皮質刺激ホルモンと糖質コルチコイドを測定する。[ja.wikipedia.org] 意義 副腎皮質刺激ホルモン刺激試験。 原理 正常では糖質コルチコイドは副腎皮質刺激ホルモンをネガティブフィードバックしている。従ってメチラポンの投与によって糖質コルチコイドが不足だと誤解した脳下垂体系は、正常ならば副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンや副腎皮質刺激ホルモンの分泌を増強する。[ja.wikipedia.org]

  • 副腎皮質刺激ホルモン

    マイペディア の解説 ACTH【エーシーティーエッチ】 副腎皮質刺激ホルモンの略称。[kotobank.jp] 副腎皮質刺激ホルモン ACTHともいわれます。 腎臓の上にある副腎という組織に作用し、コルチゾール(いわゆるステロイド)を分泌させます。生命を維持する上で必要不可欠なホルモンです。 分泌不足で全身倦怠などが起こります。 やせて顔色は悪くなります。 ストレスに弱くなり風邪をひいたりしてもすぐ寝込んだり肺炎になります。[home.hiroshima-u.ac.jp] 解説 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は下垂体前葉から分泌されるペプチドホルモンで、副腎皮質に作用してステロイドホルモンの合成分泌を促進する。分泌は視床下部-脳下垂体-副腎皮質の間にあるフィードバック機構によって制御されているので、これらの部位に関わる疾患の診断には、ACTHとコルチゾールが主に測定される。[uwb01.bml.co.jp]

  • 下垂体

    図5 人工下垂体からの下垂体ホルモン(副腎皮質刺激ホルモン)の産生 ES細胞由来の人工下垂体8塊を0.5mlの培養液に入れ、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンを作用させると、副腎皮質刺激ホルモンの活発な分泌を確認でき、わずか10分で約10pg/mlという高濃度の蓄積が培養液中に認められた。[riken.jp] 副腎皮質刺激ホルモン欠損症 副腎皮質刺激 ホルモンACTH )が欠乏すると、副腎の働きが悪くなり( アジソン病 )、疲労、低血圧、低血糖になり、ストレスに対する抵抗力が低下します。これは下垂体ホルモンの不足による病態の中でも最も重篤なものです。体内で ACTH をつくることができなくなると、死に至るおそれがあります。[msdmanuals.com] ホルモン 標的器官または組織 副腎皮質刺激ホルモンACTH) 副腎 ベータメラノサイト刺激ホルモン 皮膚 エンドルフィン 脳と免疫系 エンケファリン 脳 卵胞刺激ホルモン 卵巣または精巣 成長ホルモン 筋肉と骨 黄体形成ホルモン 卵巣または精巣 オキシトシン 子宮と乳腺 プロラクチン 乳腺 甲状腺刺激ホルモン 甲状腺 バソプレシン (抗利尿[msdmanuals.com]

  • Acth非依存性クッシング症候群

    東京大学(東大)と京都大学(京大)は、「副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)非依存性クッシング症候群」の半数以上において「PRKACA遺伝子」の変異が生じていることを明らかとし、さらにこの変異によって脳下垂体からの制御に従わず副腎腫瘍が持続的になおかつ過剰にステロイドホルモン「コルチゾール」を産生するメカニズムを解明したと共同発表した。[news.mynavi.jp] 提供元: 臨床研究適正評価教育機構 公開日:2014/03/21 ACTH非依存性クッシング症候群は、副腎からのコルチゾールの自律性分泌により高血圧や糖尿病などをきたす疾患で、副腎腺腫と両側が結節性過形成になるACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)が主な病型である。[carenet.com] 目的 デキサメサゾン抑制試験8gm投与に加え、副腎腫瘍と異所性ACTH産生腫瘍の鑑別を行うこと。 意義 副腎皮質刺激ホルモン刺激試験を迅速に行える。 原理 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンが副腎皮質刺激ホルモンを刺激し、これが糖質コルチコイド産成を刺激する事。[ja.wikipedia.org]

  • コルチゾール

    さらにACTHは、 視床下部 の 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン のCRHによって増減する。そのため、コルチゾールが異常値かもしれないと疑われた場合、ACTHとともに測定する。適正なコルチゾール値は人体の健康に不可欠であり、その値が過剰あるいは低下すると、多彩な状態がもたらされる。[ja.wikipedia.org] 高値 クッシング病  副腎性クッシング症候群(副腎腺腫など)  異所性ACTH産生腫瘍(肺癌、膵癌)  神経性食思不振症 低値 アジソン病  先天性副腎過形成  副腎皮質機能低下症  下垂体前葉機能低下症  ACTH単独欠損症 解説 コルチゾールは、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の作用によって副腎皮質束状層から分泌される代表的なグルココルチコイド[uwb01.bml.co.jp] ステロイド核のA-D環及びステロイドの炭素番号 コレステロール コレステロールから プレグネノロン へ プレグネノロン からコルチゾールの前駆物質の コルチゾン へ 健康とコルチゾール [ 編集 ] コルチゾール値は、コルチゾール分泌をうながすホルモンである 下垂体 の 副腎皮質刺激ホルモン ACTHによって増減する。[ja.wikipedia.org]

  • 異所性副腎皮質刺激ホルモン産生症候群

    副腎皮質刺激ホルモン, ACTH ( adrenocorticotropic hormone ) 平成29年11月14日より院内実施 平成17年3月28日より平成29年11月13日まで外注BML 臨床的意義 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は39個のアミノ酸からなるポリペプチドで、下垂体前葉のACTH産生細胞からpro-opiomelanocortin[okayama-u.ac.jp] A 疫学・診断 1.概念 2.頻度 3.臨床所見 4.診断 B 治療 1.腫瘍に対する治療 2.高コルチゾール血症の是正 3.その他 4.予後 5.専門医へのコンサルト 文献 1.概念 下垂体以外の組織から発生した腫瘍が副腎皮質刺激ホルモンACTH)を産生・分泌したものを異所性ACTH産生腫瘍と呼び、過剰分泌されたACTHにより副腎皮質機能亢進[medical.nikkeibp.co.jp] 内科学 第10版 の解説 異所性ACTH産生腫瘍(異所性ホルモン産生腫瘍) (2)異所性ACTH産生腫瘍(ectopic ACTH-producing tumor) 疫学 ACTH依存性 Cushing症候群 を呈する患者のうち,異所性ACTH産生腫瘍は約15%を占める.神経内分泌細胞を起源とする異所性ACTH産生腫瘍は,小細胞肺癌が最も多[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状