Create issue ticket

考えれる657県の原因 acth

結果を表示する: Deutsch

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群

    ACTH産生性の腫瘍であるかどうかで、ACTH依存性、ACTH非依存性に分けられる。 異所性ACTH産生腫瘍の原因には肺腫瘍、膵腫瘍、等が含まれる。[ja.wikipedia.org] ACTHACTHの減少 副腎腫瘍、ACTHの増加 下垂体腫瘍・異所性ACTH産生腫瘍と鑑別される。 尿中17-KS、17-OHCS:ステロイドの代謝物。1日の尿中排泄量で評価する。クッシング症候群で増加する。 DHEA-S:コルチゾールが高く、DHEA-Sも高いときは、ACTH依存性クッシング症候群の他に副腎癌も考慮すべきである。[ja.wikipedia.org] 胸部CT:異所性ACTH症候群の場合、肺や胸腺の病変を疑う必要あり。 副腎シンチグラフィー:コルチゾール産生腺腫では腫瘍側の集積亢進と対側の抑制。ACTH依存性クッシング症候群では両側の集積亢進。[ja.wikipedia.org]

  • 副腎不全

    合わせてACTHを測定し高値であれば原発性、低値であれば続発性と診断できる。 血清電解質:血清ナトリウム低下、カリウム上昇がみられ、Na/K 比30以下は副腎不全を疑わせる。 末梢血好酸球増多と低血糖を示す。 病歴や症候、電解質、血算などの緊急検査から急性副腎不全が疑われる場合は、血中ホルモンの結果を待たずに治療を開始する。[ja.wikipedia.org] 致命的状況に陥る病態である.既知・未知の慢性副腎不全症患者に種々のストレス(感染,外傷など)が加わり,ステロイド需要量が増加した場合と治療目的で長期服用中のステロイド薬が不適切に減量・中止が行われた場合の発症が多い.症状は非特異的であり,消化器症状や発熱が前面に出る場合があり,急性腹症などと誤診される場合もある.副腎クリーゼが疑われる場合は,ACTH[jstage.jst.go.jp] 慢性副腎不全 [ 編集 ] 原発性副腎不全は日光にあたる部分や皮膚に力のかかる所の色素沈着が特徴的である(慢性のコルチゾール欠乏症のため下垂体からのACTH分泌亢進のため。二次、三次性副腎不全では色素沈着はない)。そのほか、立ちくらみ(アルデストロン欠乏による脱水での低血圧)、味覚嗅覚異常、女性の恥毛腋毛減少や閉経。男性の関節内石灰化。[ja.wikipedia.org]

  • アジソン病

    次に迅速ACTH刺激試験( )あるいはACTH-Z連続刺激試験にてコルチゾール分泌予備能の低下を確認し、確定診断とする。ACTH刺激試験の正常反応の血中コルチゾール値として18μg/dl以上を基準とする。 慢性副腎皮質機能低下症のディシジョンツリー: … 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。[clinicalsup.jp] ACTH刺激試験の推奨プロトコールとして様々な方法が報告されているが、合成ACTH製剤(tetracosactrin / cortrosyn)の静注法が最も広く利用されているようである。通常、ACTH刺激試験直前とACTH刺激投与後30分 2時間(普通1時間)の2回採血を行ない、血中コルチゾール濃度を測定する。[monolis.com] 血液中のACTHは増加、コルチゾールやその代謝産物の血中濃度や尿への排出量は低下します。 [診断] 前述した症状や徴候に加えて血液中のACTHは増加、コルチゾールやその代謝産物の血中濃度や尿への排出量の低下がみられます。健常人にACTHを投与すると血中コルチゾールは増加しますが、アジソン病ではこの反応がないか低下しています。[medical.jiji.com]

  • 内分泌機能不全

    例えば生体内ではACTHは副腎皮質に働き、副腎皮質ホルモンを産生させますが、副腎皮質ホルモンが多く作られると、それが下垂体に働き、ACTHの分泌量を減少させます。人工下垂体の場合も、生体と同様に、副腎皮質ホルモンで処理すると、CRHに反応して分泌するACTH量が大きく減りました。[riken.jp] 1.クッシング病 クッシング症候群とは、副腎からコルチゾールが自律的に過剰分泌されることによって生じる病気で、下垂体のACTH産生腺腫が原因となるものをとくにクッシング病といいます。その他クッシング症候群には、副腎性クッシング症候群、異所性ACTH産生腫瘍があります。[todai-jinnai.com] 糖質コルチコイドの分泌は、下垂体から血中に分泌される副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)により促進され、ACTHの低下は糖質コルチコイドの欠乏を引き起こす。[amed.go.jp]

  • 先天性隔離ACTH欠乏

    参考検査所見 1.血漿ACTH高値 2.PRA低値 3.血清DOC、11-デオキシコルチゾール(deoxycortisol)の基礎値、負荷後ACTHの高値(注2)。 4.血清テストステロン高値、DHES(DHEA-S)高値 5.尿ステロイドプロフィルにおけるDOC・11-デオキシコルチゾール代謝物高値(注3)。[nanbyou.or.jp] ②脱毛、性腺機能低下: 女性では腋毛、恥毛の脱落、月経異常、男性では性欲低下 ③低血糖症状 3.検査所見 ①内分泌学的検査成績 血漿コルチゾール低値と血漿ACTHの高値を認め、迅速ACTH負荷試験で血漿コルチゾールの増加反応を認めなければ、本症と診断できる。[nanbyou.or.jp] このうち、特にコルチゾールができないことにより、下垂体からACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が過剰に分泌される結果副腎が過形成を来すものを先天性副腎過形成症と呼ぶ。[nanbyou.or.jp]

  • 高アルドステロン症

    クッシング症候群副腎が原因のものがACTH非依存性クッシング症候群(副腎性クッシング症候群)、ACTHが過剰に分泌されコルチゾールが増加するものがACTH依存性クッシング症候群と呼ばれる。さらにが脳下垂体の原因(腫瘍)によるACTH過剰分泌がクッシング病、脳下垂体以外に原因のあるものが異所性ACTH症候群と呼ばれる。[ja.wikipedia.org] 下垂体機能低下症脳下垂体前葉ホルモンであるACTH、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、成長ホルモン(GH)、黄体形成ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、プロラクチンの一つ以上の分泌が低下した状態である。ACTHのみの欠損をACTH単独欠損症と呼ぶ。[ja.wikipedia.org] 副腎皮質ホルモンは副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)により分泌・調節されている。調節の経路は、視床下部から副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)が分泌され、脳下垂体前葉から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌され、副腎で副腎皮質ホルモンが分泌されるといった順序である。[ja.wikipedia.org]

  • 医原性クッシング病

    をきたしてクッシング徴候、代謝異常などを呈したものを異所性ACTH症候群(ectopic ACTH syndrome: EAS)と呼ぶ。[medical.nikkeibp.co.jp] さらにこの中で下垂体に原因がありACTHを過剰に出す病気をクッシング病、下垂体以外からACTHが過剰に分泌される病気を異所性ACTH症候群といいます。一方、副腎が原因でコルチゾールを過剰に分泌する状態をACTH 非依存性 クッシング症候群または副腎性クッシング症候群といいます。 2.[nanbyou.or.jp] 下垂体クッシング病と異所性ACTH産生腫瘍の鑑別(big ACTH) 血中のbig ACTHの測定は下垂体クッシング病と異所性ACTH産生腫瘍の鑑別に有用です。big ACTHACTHの前駆体で、下垂体ACTH産生細胞内ではプロセッシング酵素(prohormone convertase, PC1/3)によりACTHに変わります。[nagasaki-clinic.com]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    異常値を示す疾患 コルチゾール高値 コルチゾール低値 ACTH高値 Cushing病 Addison病 異所性ACTH産生腫瘍 先天性副腎皮質過形成 異所性CRH産生腫瘍 Nelson症候群 糖質コルチコイド不応症 ACTH不応症 うつ病、神経性食欲不振症 アルコール依存症、ストレス、妊娠 ACTH低値 副腎性Cushing症候群(副腎腺種[okayama-u.ac.jp] ACTH産生腫瘍(クッシング病)の術後経過 ACTH産生腫瘍の場合、正常の下垂体組織が常に高いACTH、ステロイドホルモンにさらされることで、ACTHを産生する能力が低下していることが多いです(negative feedbackという本来下垂体に備わったホルモン調整機能が長期にわたって作用することによります)。[neuro-endoscope.com] をきたしてクッシング徴候、代謝異常などを呈したものを異所性ACTH症候群(ectopic ACTH syndrome: EAS)と呼ぶ。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 下垂体腺腫

    抄録 下垂体腺腫の枠組みについて著者らは,1)GH-PRL-TSH細胞グループ,ACTH細胞グループ,ゴナドトロピン細胞グループに大別され,2)各グループの枠を超えた複数のホルモンが1つの腺腫に共存する可能性はきわめて低く,3)各グループにはホルモン過剰症状を呈する腺腫とそれを欠く腺腫とがある,と考えている.2004年秋に刊行される予定の新[jstage.jst.go.jp] またACTHの分泌が低下すると、低血糖や血圧低下が起こり生命維持に支障を来たす状態になります。ACTHは副腎から生命活動に必要な副腎皮質ホルモンを分泌させる作用があり、その副腎皮質ホルモンが不足することによりこのような症状が起こります。このような病態は、副腎不全と呼ばれます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] が高くクッシング症候を呈するだけでは,クッシング病と言いません 下垂体腺腫からACTHの過剰産生があるものだけをクッシング病といいます 異所性にACTHを産生してクッシング症候群 Cushing syndromeを生じるものに,気管支カルチノイド腫瘍があります 肺小細胞癌,悪性上皮胸腺腫,膵臓ランゲルハンス島癌,甲状腺髄様癌もACTHを産生[plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状