Create issue ticket

考えれる667県の原因 ab

結果を表示する: Deutsch

  • 伝染性単核球症

    発行・臨床医薬研究 協会. 1996; 251‐258 4)Kieff E, Rickinson AB: Epstein‐ Barr virus and its replication.[niid.go.jp] In Fields Virology 4th ed. 2001 pp2511‐2573 by Lippincott Williams &Wilkins 5)Rickinson AB, Kieff E:Epstein‐Barr virus.[niid.go.jp]

  • インフルエンザ

    O型ではペスト、ノロウイルス、耳下腺炎、結核に弱く、A型では天然痘や緑膿菌、サルモネラに弱く、B型は淋病、結核、大腸菌、サルモネラに弱く、AB型は天然痘、大腸菌、サルモネラに弱い [11] 。 国立生物工学情報センター 発行の遺伝医学の書籍では、O型はマラリアから防御され、コレラではO型が弱くAB型が強い可能性がある [12] 。[ja.wikipedia.org]

  • 認知症

    その報告によると、AB型の人は、認知症の初期から見られる記憶や思考の障害を発症する割合が、他の血液型の人よりおよそ8割も高くなるそうなのです。 血液型は、その割合が人種や民族によって異なります。アメリカではAB型は人口の4%と、最も少ないタイプだそうです。ちなみに、日本人ではこの割合は10%前後となります。[qlifepro.com] アメリカ・バーモント大学の研究者が30,000人以上を平均3.4年追跡したところ AB型 は認知症との関連が見られた [62] [63] 。[ja.wikipedia.org] すると、全体では、症状が現れた人の割合は4%程度でしたが、AB型の人たちでは6%と、他の型と比べても高くなっていました。 血液中のタンパク質レベルも関連 この背景に、第8因子というタンパク質が関係すると見られたため、それぞれの血液型で第8因子のレベルを調べてみました。[qlifepro.com]

  • フルフェナジン

    Fluphenazine (INN) 組成式 C22H26F3N3OS 質量 437.1749 分子量 437.5216 構造式 Simcomp クラス 精神神経系用薬 DG01905 フェノチアジン系抗精神病薬 DG01478 ドパミン拮抗薬 DG01474 ドパミンD2-受容体拮抗薬 コード 同一コード: C07010 ATCコード: N05AB02[genome.jp] : K04145 ] パスウェイ hsa04080 神経刺激性リガンドとレセプターの相互作用 hsa04728 ドーパミン作動性シナプス 相互作用 構造マップ map07029 抗精神病薬 - フェノチアジン系 階層分類 医療用医薬品のATC分類 [BR: jp08303 ] N 神経系 N05 精神抑制薬 N05A 統合失調症薬 N05AB[genome.jp] フェノチアジン、ピペラジン構造をもつ N05AB02 フルフェナジン D07977 フルフェナジン 医療用医薬品のUSP分類 [BR: jp08302 ] 抗精神病薬 第1世代/定型 フルフェナジン D07977 フルフェナジン Target-based classification of drugs [BR: br08310 ] G Protein-coupled[genome.jp]

  • コルチゾン

    エントリ D07749 Drug 一般名 コルチゾン; Cortisone (INN) 組成式 C21H28O5 質量 360.1937 分子量 360.444 構造式 Simcomp クラス 抗炎症薬 DG01955 副腎皮質ステロイド DG02068 糖質コルチコイド コード 同一コード: C00762 ATCコード: H02AB10[genome.jp] 神経刺激性リガンドとレセプターの相互作用 相互作用 構造マップ map07225 糖質コルチコイド・鉱質コルチコイド受容体の作動薬と拮抗薬 階層分類 医療用医薬品のATC分類 [BR: jp08303 ] H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く H02 全身用副腎皮質ステロイド H02A 全身用副腎皮質ステロイド、単剤 H02AB[genome.jp] グルココルチコイド H02AB10 コルチゾン D07749 コルチゾン S 感覚器 S01 眼科用薬 S01B 抗炎症薬 S01BA 副腎皮質ステロイド、単剤 S01BA03 コルチゾン D07749 コルチゾン 医療用医薬品のUSP分類 [BR: jp08302 ] ホルモン賦活薬/ホルモン補充薬/ホルモン調節薬 (副腎) コルチゾン[genome.jp]

  • オキシメタゾリン

    260.1889 分子量 260.3746 構造式 Simcomp クラス 循環器系用薬 DG01456 アドレナリン受容体作動薬 DG01450 α-アドレナリン受容体作動薬 DG01448 α1-アドレナリン受容体作動薬 DG01654 α1-アドレナリン受容体特異的作動薬 コード 同一コード: C07363 ATCコード: R01AA05 R01AB07[genome.jp] 神経刺激性リガンドとレセプターの相互作用 hsa04270 血管平滑筋の収縮 相互作用 階層分類 医療用医薬品のATC分類 [BR: jp08303 ] R 呼吸器系 R01 鼻用製剤 R01A 局所用鼻閉除去剤とその他の鼻用製剤 R01AA 交感神経刺激薬、単剤 R01AA05 オキシメタゾリン D08322 オキシメタゾリン R01AB[genome.jp] 交感神経刺激薬、配合、副腎皮質ステロイドを除く R01AB07 オキシメタゾリン D08322 オキシメタゾリン S 感覚器 S01 眼科用薬 S01G うっ血除去薬と抗アレルギー薬 S01GA うっ血除去交感神経刺激薬 S01GA04 オキシメタゾリン D08322 オキシメタゾリン 一般用医薬品のリスク区分 [BR: jp08312[genome.jp]

  • 過マンガン酸カリウム

    K 質量 157.8814 分子量 158.0339 構造式 コード 薬効分類: 2614 ATCコード: D08AX06 V03AB18 商品: D02053 効能 外皮用殺菌消毒薬 階層分類 医療用医薬品の薬効分類 [BR: jp08301 ] 2 個々の器官系用医薬品 26 外皮用薬 261 外皮用殺菌消毒剤 2614 過酸化物製剤;[genome.jp] 解毒剤 V03AB18 過マンガン酸カリウム D02053 過マンガン酸カリウム (JP17) 日本薬局方収載医薬品 [BR: jp08311 ] 化学薬品等 D02053 過マンガン酸カリウム リンク CAS: 7722-64-7 PubChem: 7849115 ChEMBL: CHEMBL3833305 日化辞: J43.962B[genome.jp] JP17) 医療用医薬品のATC分類 [BR: jp08303 ] D 皮膚科用薬 D08 消毒薬と殺菌剤 D08A 消毒薬と殺菌剤 D08AX その他の消毒薬と殺菌剤 D08AX06 過マンガン酸カリウム D02053 過マンガン酸カリウム (JP17) V その他 V03 その他すべての治療用製剤 V03A その他すべての治療用製剤 V03AB[genome.jp]

  • テトラサイクリン

    D00201 Drug 一般名 テトラサイクリン (JAN); Tetracycline (JAN/USP/INN); TC 組成式 C22H24N2O8 質量 444.1533 分子量 444.4346 構造式 Simcomp クラス 抗菌薬 DG01197 テトラサイクリン系抗生物質 コード 同一コード: C06570 ATCコード: A01AB13[genome.jp] 生合成マップ map00253 テトラサイクリン類の生合成 map01057 II 型ポリケチド物質の生合成 構造マップ map07019 テトラサイクリン系 他のマップ map04976 胆汁の分泌 階層分類 医療用医薬品のATC分類 [BR: jp08303 ] A 消化管と代謝作用 A01 口腔科用製剤 A01A 口腔科用製剤 A01AB[genome.jp] 局所経口治療用の抗感染薬と消毒薬 A01AB13 テトラサイクリン D00201 テトラサイクリン (JAN) D 皮膚科用薬 D06 皮膚科用抗生物質と化学療法薬 D06A 局所用抗生物質 D06AA テトラサイクリンと誘導体 D06AA04 テトラサイクリン D00201 テトラサイクリン (JAN) J 全身用抗感染薬 J01 全身用抗菌薬[genome.jp]

  • エルゴタミン

    Claviceps purpurea [TAX: 5111 ] クラス 精神神経系用薬 DG01472 ドパミン作動薬 DG01468 ドパミンD2-受容体作動薬 DG01964 麦角アルカロイド DG01982 麦角アルカロイド系抗片頭痛薬 代謝酵素基質薬 DG02913 CYP3A4基質薬 コード 同一コード: C07544 ATCコード: G02AB02[genome.jp] 血管平滑筋の収縮 代謝 Enzyme: CYP3A4 [HSA: 1576 ] 相互作用 構造マップ map07048 抗片頭痛薬 map07215 α-アドレナリン受容体の作動薬と拮抗薬 階層分類 医療用医薬品のATC分類 [BR: jp08303 ] G 泌尿生殖器系と性ホルモン G02 その他の婦人科用薬 G02A 子宮収縮薬 G02AB[genome.jp] 麦角アルカロイド G02AB02 麦角アルカロイド類 D07906 エルゴタミン N 神経系 N02 鎮痛薬 N02C 抗片頭痛製剤 N02CA 麦角アルカロイド N02CA02 エルゴタミン D07906 エルゴタミン 医療用医薬品のUSP分類 [BR: jp08302 ] 抗片頭痛薬 麦角アルカロイド エルゴタミン D07906 エルゴタミン[genome.jp]

  • ジクロフェナク

    酢酸系抗炎症薬 DG01504 非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID) DG01906 酢酸系抗炎症薬 DG01898 フェニル酢酸系抗炎症薬 代謝酵素基質薬 DG01642 CYP2C9基質薬 トランスポーター阻害薬 DG02866 SLC22A8(OAT3)阻害薬 コード 同一コード: C01690 ATCコード: D11AX18 M01AB05[genome.jp] 酢酸誘導体と関連物質 M01AB05 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク M02 関節・筋肉痛用局所薬剤 M02A 関節・筋肉痛用局所薬剤 M02AA 抗炎症製剤、局所用非ステロイド系 M02AA15 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク S 感覚器 S01 眼科用薬 S01B 抗炎症薬 S01BC 抗炎症薬、非ステロイド[genome.jp] 階層分類 医療用医薬品のATC分類 [BR: jp08303 ] D 皮膚科用薬 D11 その他の皮膚科用製剤 D11A その他の皮膚科用製剤 D11AX その他の皮膚科用製剤 D11AX18 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク M 筋骨格系 M01 抗炎症及び抗リウマチ製剤 M01A 抗炎症及び抗リウマチ製剤、非ステロイド系 M01AB[genome.jp]

さらなる症状