Create issue ticket

考えれる318県の原因 95 i

結果を表示する: Deutsch

  • 尿路感染症

    全体的な異質性は中等度であった(I² 55%)。女性(RR 1.31, 95%CI 0.85〜2.02)および小児(RR 0.69 95%CI 0.32〜1.51)におけるクランベリーの有効性は、抗菌薬と比較して有意差が認められなかった。[cochrane.org]

  • 鉄欠乏症

    Development Index(MDI)で 1.04(95% CI -1.30 3.39、P値 0.79、異質性に関するI2 31%、変量効果メタアナリシス、エビデンスの質:低い)であった。[cochrane.org] 治療前と治療後の変化について、鉄群とプラセボ群のプールした差は、Bayley Scale Psychomotor Development Index(PDI)で -1.25(95% 信頼区間(CI) -4.56 2.06、P値 0.65、異質性に関するI2 33%、変量効果メタアナリシス、エビデンスの質:低い)、Bayley Scale Mental[cochrane.org]

  • 性腺機能低下症

    199:病弱名無しさん 11/02/19 23:17:35.95 I3C/jKkiO ゴナールエフってものすごく薬価が高額ですよね。(ペン900で\56,523) 特定疾患医療受給者証で自己負担はたいしたことないですが、7割は会社の健康保険組合が負担しているわけで、会社内で不利益が生じないでしょうか?[yomi.tokyo]

  • 産褥期

    Psychiatry : 1992, 16(6);921-32 [PubMed:1513931] [WorldCat.org] G Mastorakos, I Ilias Maternal hypothalamic-pituitary-adrenal axis in pregnancy and the postpartum period.[bsd.neuroinf.jp] Sci. : 2000, 900;95-106 [PubMed:10818396] [WorldCat.org] M Bloch, P J Schmidt, M Danaceau, J Murphy, L Nieman, D R Rubinow Effects of gonadal steroids in women with a history[bsd.neuroinf.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    Development Index(MDI)で 1.04(95% CI -1.30 3.39、P値 0.79、異質性に関するI2 31%、変量効果メタアナリシス、エビデンスの質:低い)であった。[cochrane.org] 治療前と治療後の変化について、鉄群とプラセボ群のプールした差は、Bayley Scale Psychomotor Development Index(PDI)で -1.25(95% 信頼区間(CI) -4.56 2.06、P値 0.65、異質性に関するI2 33%、変量効果メタアナリシス、エビデンスの質:低い)、Bayley Scale Mental[cochrane.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    Tracey JA, Cassidy N, Casey PB, Ali I. Bupropion (Zyban) toxicity. Ir Med J. 2002;95:23?24. 30. Burns MJ, Linden CH, Graudins A, Brown RM, Fletcher KE.[plaza.umin.ac.jp]

  • % 再発例 症例数 再発率 痔瘻I型 0 18例 (0%) 痔瘻ⅡL型 20 1356例 (1.57%) 痔瘻ⅡL ⅡH型 2 63例 (3.33%) 痔瘻ⅡH型 1 47例 (2.27%) 痔瘻Ⅲ型 9 373例 (2.59%) 痔瘻Ⅳ型 3 48例 (6.38%) 痔瘻を瘻管切除解放術とした場合 痔瘻をくりぬき、シートン併用療法とした場合[yokkaichi.jcho.go.jp] にて痔瘻根治術を行った1905例 痔瘻痔瘻の分類(隅越分類) 痔瘻Ⅰ型 18例(1.00%) 痔瘻ⅡL型 1356例(71.17%) 痔瘻ⅡL ⅡH 63例(3.35%) 痔瘻ⅡH型 47例(2.45%) 痔瘻Ⅲ型 373例(19.41%) 痔瘻Ⅳ型 48例(2.62%) 痔瘻痔瘻の分類(隅越分類) (経過追跡:最長19年 1年)再発率1.95[yokkaichi.jcho.go.jp]

  • 乳糖不耐症

    たとえば、Qinら(2007)のメタ分析では、牛乳、乳製品を日常的に摂取しているグループの方が、そうでないグループよりも前立腺がんリスクが高いことを示している(リスク比1.10,95%信頼区間[1.01,1.21])。また、前立腺がんのリスク因子として考えられているIGF-I数値にも、統計的に有意な相関があることが示唆されている[16]。[sciencecomlabo.jp]

  • 外傷性脳損傷

    2件の小規模試験では、HBOTで治療した患者についてGCSの有意な改善を報告したが(MD 2.68点、95%CI1.84 3.52、P 0.0001)、この2件の試験は異質性が高いことが明らかになった(I2 83%)。[cochrane.org]

  • 乾癬

    ステロイドのほとんどでもプラセボより良好な効果が認められたが、強力なステロイドの効果(SMD -0.89;95%CI -1.06 -0.72;I²統計量 65.1%;14研究、2,011例)は非常に強力なステロイドの効果(SMD -1.56;95%CI -1.87 -1.26);I²統計量 81.7%;10研究、1,264例)より小さかった[cochrane.org]

さらなる症状