Create issue ticket

考えれる250県の原因 815

  • 日焼け

    パラソーラ フレグランス UVエッセンス SPF50 /PA 90g 815(編集部調べ)/ナリスアップ コスメティックス 「SPF値が高く、ウォータープルーフ、かつ、フレグランスとしても使えるなんて、まさに”仕事がデキる”UV! また、スキンケア成分入りで、首や二の腕など、デリケートな部分にも抵抗なく塗ることができます。[i-voce.jp]

  • ブレオマイシン

    […] jp08303 ] L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬 L01 抗悪性腫瘍薬 L01D 細胞障害性抗生物質と関連物質 L01DC その他の細胞障害性抗生物質 L01DC01 ブレオマイシン D07535 ブレオマイシン リンク CAS: 11056-06-7 PubChem: 51091858 ChEBI: 3139 日化辞: J2.278K J578.815C[genome.jp]

  • 常染色体劣性難聴103

    : 9320 ] [KO: K10590 ] (MRD50) NAA15 [HSA: 80155 ] [KO: K20792 ] (MRD51) KMT5B [HSA: 51111 ] [KO: K11429 ] (MRD52) ASH1L [HSA: 55870 ] [KO: K06101 ] (MRD53) CAMK2A [HSA: 815[kegg.jp]

  • オキサシリン

    物性情報 外観 白色 ほとんど白色, 結晶 粉末 活性 815 950μg/mg 溶解性 水に溶け、エタノール及びアセトンにほとんど溶けない。 毒性 LD50 (rat, orl) 10 gm/kg. ph情報 pH (30g/l, 25 ) : 4.5 7.5 融点 188 (dec.)[labchem-wako.fujifilm.com]

  • 常染色体優性精神遅滞21

    : 9320 ] [KO: K10590 ] (MRD50) NAA15 [HSA: 80155 ] [KO: K20792 ] (MRD51) KMT5B [HSA: 51111 ] [KO: K11429 ] (MRD52) ASH1L [HSA: 55870 ] [KO: K06101 ] (MRD53) CAMK2A [HSA: 815[kegg.jp] 9320 ] [KO: K10590 ] (MRD50) NAA15 [HSA: 80155 ] [KO: K20792 ] (MRD51) KMT5B [HSA: 51111 ] [KO: K11429 ] (MRD52) ASH1L [HSA: 55870 ] [KO: K061 01 ] (MRD53) CAMK2A [HSA: 815[kegg.jp]

  • 先天性無アルブミン血症

    症候群, 悪性腫瘍, 栄養不良, 炎症性疾患, 感染症, 肝硬変, 吸収不良症候群, 甲状腺機能亢進症, 重症肝障害, 腎不全, 水血症, 先天性無アルブミン血症, 全身性浮腫, 体腔液貯留, 蛋白漏出性胃腸症, 本態性低タンパク血症 上昇する疾患 肝炎の回復期, 血液濃縮, 脱水症 参考文献 測定法文献 浅井 孝道:検査と技術 7(10):815[test-guide.srl.info]

  • 心不全

    345 925 6.2 90 平成 2 824 866 446 679 378 187 6.7 95 7 927 709 504 803 422 906 7.4 2000 12 967 195 529 314 437 881 7.6 01 13 976 008 532 305 443 703 7.7 02 14 988 086 538 815[mhlw.go.jp]

  • Partington-Anderson症候群

    イオンチャネル病のすべて 6月第1土曜特集 245巻9号 2013年6月1日 p.815-820 アンダーセン(Andersen-Tawil)症候群は,①U波を伴う心室性不整脈,②周期性四肢麻痺,③外表小奇形,を三徴とする疾患であり, KCNJ2 遺伝子変異が原因で起こる.[ishiyaku.co.jp]

  • 甲状腺刺激ホルモン

    N Engl J Med. 376:815-25, 2017. Thyroid. 26: 580-90, 2016. Eur Thyroid J. 3: 76-94, 2014. Eur Thyroid J. 2: 215-28, 2013. Lancet Diabetes Endocrinol. 1: 228–37, 2013.[kmc-zushi.com]

  • クルクミン

    Spectrochimica Acta 132A (1): 815–820. doi : 10.1016/j.saa.2014.05.096 . J. Miłobȩdzka, St. v. Kostanecki, V. Lampe (1910). “Zur Kenntnis des Curcumins”.[ja.wikipedia.org]

さらなる症状