Create issue ticket

考えれる43県の原因 8 10 hz

結果を表示する: English

  • 内頸動脈塞栓

    【結果】 頸動脈閉塞前の脳波は、全例 8 10Hz で 40 70 μ V のα波が頭頂、後頭部優位に出現した。閉塞直後の脳波は、 10 例中 7 例において変化はみられなかった。その後、閉塞テストは継続して 20 分間行われたが脳波の変化はみられず、臨床症状の出現も無かった。[chiringi.or.jp]

  • 脳橋内出血

    6. α coma 急性橋出血の初期には、患者が昏睡状態にあるにも関わらず、脳波に8 10Hz前後のαが連続して出現することがあり、これをα昏睡(α-coma)と呼びます。このα律動は閃光刺激その他の感覚刺激によって影響を受けないことが多く、本波形は経過と共に広汎性徐波に移行します。 7. hight voltege α[www2.oninet.ne.jp]

  • 甲状腺好酸性細胞型濾胞癌

    手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。姿勢時や精神緊張時に増強する。発症機序は 線条体 などの交感神経ニューロン(β受容体主体)の活動性の亢進が関与する。振戦以外にもアテトーゼ、局所性ジストニア、メージュ症候群や舞踏病様の不随意運動なども稀にある。[ja.wikipedia.org]

  • 中毒性結節性甲状腺腫

    手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。姿勢時や精神緊張時に増強する。発症機序は 線条体 などの交感神経ニューロン(β受容体主体)の活動性の亢進が関与する。振戦以外にもアテトーゼ、局所性ジストニア、メージュ症候群や舞踏病様の不随意運動なども稀にある。[ja.wikipedia.org]

  • 潜在性悪性腫瘍

    手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。姿勢時や精神緊張時に増強する。発症機序は 線条体 などの交感神経ニューロン(β受容体主体)の活動性の亢進が関与する。振戦以外にもアテトーゼ、局所性ジストニア、メージュ症候群や舞踏病様の不随意運動なども稀にある。[ja.wikipedia.org]

  • 非地方性単純性甲状腺腫

    手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。姿勢時や精神緊張時に増強する。発症機序は 線条体 などの交感神経ニューロン(β受容体主体)の活動性の亢進が関与する。振戦以外にもアテトーゼ、局所性ジストニア、メージュ症候群や舞踏病様の不随意運動なども稀にある。[ja.wikipedia.org]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    10歳以降になると姿勢時振戦( 10Hzが多い)が出現する。軽度の筋強剛を認める。深部腱反射は亢進し、時に足クローヌスが出現する。知能は正常である。検査所見に異常は認めない。手の動作性ジストニアなど部分症状を来す例がある。[nanbyou.or.jp]

  • 運動失調を伴う幼少期の良性発作性強直性眼球上転

    10歳以降になると姿勢時振戦( 10Hzが多い)が出現する。軽度の筋強剛を認める。深部腱反射は亢進し、時に足クローヌスが出現する。知能は正常である。検査所見に異常は認めない。手の動作性ジストニアなど部分症状を来す例がある。[nanbyou.or.jp]

  • 夜間ミオクローヌス症候群

    10歳以降になると姿勢時振戦( 10Hzが多い)が出現する。軽度の筋強剛を認める。深部腱反射は亢進し、時に足クローヌスが出現する。知能は正常である。検査所見に異常は認めない。手の動作性ジストニアなど部分症状を来す例がある。[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 20型

    成人発症例もあり,年齢とともに日内変動の程度は減少する.体幹の捻転ジストニアは示さない.10歳以降になると姿勢時振戦(8 10Hzが多い)が出現するが,安静時振戦はない.軽度の固縮を認めるが,伸張反射を繰り返し行うと固縮の程度は変動する.深部腱反射は亢進する.高齢で発症するとパーキンソニズムを呈することもある.知能は正常である.一般的血液生化学検査[kotobank.jp] 10歳以降になると姿勢時振戦( 10Hzが多い)が出現する。軽度の筋強剛を認める。深部腱反射は亢進し、時に足クローヌスが出現する。知能は正常である。検査所見に異常は認めない。手の動作性ジストニアなど部分症状を来す例がある。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状