Create issue ticket

考えれる2,203県の原因 76

結果を表示する: Deutsch

  • 強迫性障害

    :Am J Psychiatry,152;76-84,1995. 27)Hanna GL, Veenstra-VanderWeele J, Cox JNC et al.[mhlw.go.jp] Psychiatry : 2006, 63(7);769-76 [PubMed:16818866] [WorldCat.org] [DOI] Jack Samuels, Yin Yao Shugart, Marco A Grados, Virginia L Willour, O Joseph Bienvenu, Benjamin D Greenberg[bsd.neuroinf.jp]

  • 硝子体膿瘍

    (自院) 平均 在院 日数 (全国) 転院率 平均 年齢 患者用 パス 160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 5.88 7.34 0.00 68.83 160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 15.52 9.68 4.76[ikegamihosp.jp] DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均 年齢 070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等26あり 93 2.00 2.90 0.00% 60.19 160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 83 34.84 27.09 69.88% 76.34[teikyo-hospital.jp] 腰部骨盤、不安定椎 21 15.81 17.28 4.76 71.62 070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 20 16.45 10.54 0 48.45 070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア 17 16.53 16.53 11.76 43.18 形成外科 DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院[takamatsu-municipal-hospital.jp]

  • エンテロコッカス属

    Res. 76 (3): 245–55. (2004). doi : 10.2175/106143004X141807 . PMID 15338696 .[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性下気道感染症

    010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 18.47 15.87 36.11% 72.75 010060x099031x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病あり 35 29.06 35.33 88.57% 76.23[aomori-kenbyo.jp] 今日、高齢患者に適切な肺炎治療が行われた場合の救命率は76%以上と報告されています。 下気道感染症と関連する症状・病気 コラム 用語解説 東京医科大学名誉教授 高崎優 カタル性炎症 粘膜の炎症で、粘膜血管の充血、間質組織の浮腫、分泌上皮細胞の腫大を伴い、表面上に粘液の異常な層が形成される病態をいいます。[qlife.jp] 脳神経外科 Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 82 0.17 2.46 15.85% 75.05 K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 53 3.30 24.21 41.51% 60.28 K1781 脳血管内手術(1箇所) 33 1.76[aomori-kenbyo.jp]

  • 甲状腺腫

    破壊と増殖の原因は、何であっても良く、 橋本病 バセドウ病 先天性甲状腺機能低下症 薬剤性 ヨード 過剰摂取 家族性腺腫様甲状腺腫 (遺伝性) 先端巨大症 ; 成長ホルモン(GH) による細胞増殖刺激と細胞自然死(アポトーシス)抑制により、76%に 腺腫様甲状腺腫 など全て該当します。[nagasaki-clinic.com] 熊谷 敦史, 大津 留晶, 宇佐 俊郎他:難治性甲状腺癌に対する新規分子標的治療の試み.日内分泌会誌 85(Suppl) :76-77,2009[jstage.jst.go.jp]

  • 常染色体劣性難聴 44

    番染色体症候群 63 関節リウマチ 64 完全大血管転位症 65 眼皮膚白皮症 66 偽性副甲状腺機能低下症 67 ギャロウェイ・モワト症候群 68 急性壊死性脳症 69 急性網膜壊死 70 球脊髄性筋萎縮症 71 急速進行性糸球体腎炎 72 強直性脊椎炎 73 強皮症 74 巨細胞性動脈炎 75 巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変) 76[city.itabashi.tokyo.jp] 偽性副甲状腺機能低下症 65 ギャロウェイ・モワト症候群 66 急性壊死性脳症 67 急性網膜壊死 68 球脊髄性筋萎縮症 69 急速進行性糸球体腎炎 70 強直性脊椎炎 71 強皮症 72 巨細胞性動脈炎 73 巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変) 74 巨大動静脈奇形(頚部顔面又は四肢病変) 75 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 76[city.ube.yamaguchi.jp] 再生不良性貧血 18 一次性ネフローゼ症候群 ※※ 73 巨大動静脈奇形(頚部顔面又は四肢病変) 128 サイトメガロウィルス角膜内皮炎 19 一次性膜性増殖性糸球体腎炎 74 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 129 再発性多発軟骨炎 20 1p36欠失症候群 75 巨大リンパ管奇形(頚部顔面病変) 130 左心低形成症候群 21 遺伝性ジストニア 76[city.tosa.lg.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    (PubMed) 76. Gandini S, Boniol M, Haukka J, et al.[lpi.oregonstate.edu] ビタミンD摂取が多いことと血清中の25ヒドロキシビタミンD濃度が高いことが結腸直腸がんのリスク減少に関連があることを示唆する前向きコホート研究の強力なエビデンスがある (76-78) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 鉄欠乏症

    フェリチン値が30ng/ml未満の患者は76.5%にのぼり、約8割の患者が鉄不足であることが判明したのである。 「赤ちゃんのフェリチン値は200〜300ng/mlあり、生まれたときから鉄分が不足しているわけではありません。その後、ゆるやかに減っていき、初潮を迎えた中学生以降は激減し、毎月の月経で血液が体内から失われていきます。[honsuki.jp] 治療 貧血状態では、食生活の改善(76ページからの「スポーツ119」参照)とともに鉄サプリメントを使用することもよいでしょう。鉄欠乏性貧血の診断が下れば、鉄剤の経口投与が第1選択となります。その際、鉄吸収効果が上がるビタミンCやタンパク質を併用しましょう。また、練習時間や内容の検討も行ってください。[zamst.jp] しかし、最近の研究では、両者の関連性は低いと考えられている[ 76-77 ]。 鉄貯蔵量と冠動脈疾患との関連性を検証する方法のひとつに、冠動脈にアテローム性動脈硬化症を発症するまで貯蔵鉄由来のフェリチン濃度を測定して比較する方法がある。[ejim.ncgg.go.jp]

  • 性腺機能低下症

    国際書留郵便 【シンガポール】 お届け日数:約5 10日 1セット 2,819円 ( 24.76) 入荷待ち 【会員様限定】ご愛顧ありがとうキャンペーン 1回のご注文合計金額が6,000円以上の方に 「ありがとう 平成」記念文字入り金のオリジナルボールペン(本革ケース付き) をプレゼント中![osakadou.cool] 俺って認識だから別に悩んではないな 113 : 病弱名無しさん :2018/12/25(火) 22:32:49.95 ID:d8vbnvxF0.net やっぱり性欲や見た目は二の次で、一番気になるのはおてぃんてぃんの大きさだよなあ 友達にも親にも相談できない理由 114 : 病弱名無しさん :2018/12/27(木) 17:35:38.76[ai.2ch.sc] 軽症: 血清コルチゾール濃度 10µg/dL以下 尿中遊離コルチゾール排泄量 100µg/日以下 中等症: 血清コルチゾール濃度 10.1 20µg/dL 尿中遊離コルチゾール排泄量 101 300µg/日 重症: 血清コルチゾール濃度 20.1µg/dL以上 尿中遊離コルチゾール排泄量 301µg/日以上 76 下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症[nanbyou.or.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    アルツハイマー型の認知症患者164人によるある症例対照研究には、死後に脳細胞の検査でアルツハイマー病の診断が確定した76人の症例が含まれていた。[lpi.oregonstate.edu] 2年間の研究で、プラセボに比べて補給によりビタミンBの栄養状態が良くなって、ホモシステイン濃度が減少し、全体の骨折リスクが下がったことがわかった (76) 。[lpi.oregonstate.edu] Am J Clin Nutr. 2002;76(5):1172S-1176S. (PubMed) 69. Williams AL, Girard C, Jui D, Sabina A, Katz DL.[lpi.oregonstate.edu]

さらなる症状