Create issue ticket

考えれる2,171県の原因 75

結果を表示する: English

  • 酒さ

    日光 81% 精神的ストレス 79% 猛暑 75% 風 57% 激しい運動 56% アルコール52% 寒い天気 46% 香辛料 45% 特定の化粧品46% 熱い飲料 36% 担当は皮膚科である。 診断は発疹の典型的な外観に基づいて下され、特別な検査法はない。[ja.wikipedia.org]

  • 頸動脈狭窄症

    頭蓋外頸動脈の閉塞性病変では50 75%と高頻度にTIAが生じる。NASCETで50 70%を超えると虚血性脳血管障害や眼の虚血症状を発症する危険性が高くなる。動脈解離では解離局所の痛みや解離部位の血管拡張による圧迫が原因で脳神経麻痺が起こることもある。[ja.wikipedia.org] […] cortical small infarctionやterritorial infactionは75%以下狭窄では生じにくい。頸動脈狭窄による発症は大部分が塞栓性機序とされているが、潜在的にはさまざま血行力学的な因子の影響を受けている可能性がある。[ja.wikipedia.org] 2004年にRothwellらはECSTとNASCETのサブグループ解析を行い男性、75歳以上、最終虚血発作から2週間以内がCEAの治療効果が高いという報告をした。CEAは発症後早ければ早いほど脳梗塞再発の予防効果が高いが合併症率も高くなり、遅く行えば合併症率は低くなるが予防効果も低くなる。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    有病率は5%以下の児童と、75歳以上の成人が最大で、また先進国よりも途上国に5倍多い。肺炎発症者のうち、ウイルス性肺炎が2億人を占めている。 米国において肺炎は8番目の死因であった(2009年)。[ja.wikipedia.org] 病因 300を超える抗原が過敏性肺炎の誘因として同定されているが,そのうち農業,鳥,および汚染水によるものが症例の約75%を占める。抗原は一般的にタイプおよび職業によって分類される( 過敏性肺炎の例 );農夫肺はその基本型で,好熱性放線菌を含む干し草の塵埃を吸入することで引き起こされる。[msdmanuals.com]

  • 寄生虫病

    寄生虫をやっつける 加熱処理:75 5分以上 凍結処理:-15 〜-20 4時間以上、-80 2時間以上 季節性 平成24年度では6月に、平成25年度では9月に食中毒事例が最も多く発生しました。[fsc.go.jp]

  • 強迫性障害

    もしプログラムの継続・完了が達成されれば、60-90%に何らかの改善をもたらし、そのうち75%では、その有効性が長期的に維持され、さらに薬物療法のみの場合に比べ、高い再発防止効果が期待できます。[mhlw.go.jp] Psychiatry : 2006, 60(4);369-75 [PubMed:16919524] [WorldCat.org] [DOI] Bronwyn M Graham, Mohammed R Milad The study of fear extinction: implications for anxiety disorders.[bsd.neuroinf.jp] 同様に近畿圏の大学付属病院8施設を含む9つの総合病院精神科において調査した結果では、総初診中の強迫性障害患者さんの割合は、1.75-3.82%でした 15,16) 。これらは、フランスでの精神科外来患者を対象とした調査において 17) 、強迫性障害患者さんの割合が9.2%であったのに比べてきわめて低率といえます。[mhlw.go.jp]

  • 心房細動

    として1回150 mg (75 mgカプセルを2カプセル)を1日2回経口投与する。[prtimes.jp] 自覚症状がなく、気づかないこともありますが、 75歳以上で心房細動だとわかったら、抗凝固薬を飲むなどして、脳梗塞予防に努めることが大切です 。 住吉 正孝(すみよし まさたか)先生 順天堂大学医学部附属練馬病院循環器内科教授。1981年岩手医科大学卒業。[kaigo-sodanshitsu.jp] また、症状の有無や発作性心房細動・持続性心房細動にかかわらず、 心不全 、 高血圧症 、 糖尿病 などの疾患があったり、75歳以上の人、過去に脳梗塞を起こしたことがある人は、心房細動によって 脳梗塞 を引き起こすリスクが高くなるため、血栓を予防する薬を飲むことも大切です。[saiseikai.or.jp]

  • 色素性乾皮症

    3歳までに、色素性乾皮症患者の約75%に色素斑などの皮膚症状が出現するが、大人になってから発症するものもいる。発症の早いものほど重症のA群が疑われ、皮膚がんも早く発生する。 特に合併の頻度の多い皮膚がんは基底細胞がん、有棘細胞がん、悪性黒色腫である。有棘細胞がんや悪性黒色腫は転移を起こしやすく、死亡率が高い。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠糖尿病

    75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。 空腹時血糖値 92mg/dL (5.1mmol/l) 1時間値 180mg/dL (10.0mmol/l) 2時間値 153mg/dL (8.5mmol/l) 出典 [ 編集 ] 関連項目 [ 編集 ] 糖尿病[ja.wikipedia.org] ・随時血糖値 200 mg/dl あるいは75gOGTTで 2時間値 200 mg/dl の場合 ・確実な糖尿病網膜症が存在する場合 ・妊娠前にすでに診断されている糖尿病 (あるいは確実な糖尿病網膜症)のある人が、妊娠した場合 ※75gOGTTとは、ブドウ糖を溶かしたものを飲み、血糖値を測定する検査のこと。[women.benesse.ne.jp] 基準値より高い場合には妊娠糖尿病の疑いがあるため、内科を受診していただき、75g経口糖負荷試験を行って診断をしています。[asagiri-hp.or.jp]

  • 妊娠糖尿病

    75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。 空腹時血糖値 92mg/dL (5.1mmol/l) 1時間値 180mg/dL (10.0mmol/l) 2時間値 153mg/dL (8.5mmol/l) 出典 [ 編集 ] 関連項目 [ 編集 ] 糖尿病[ja.wikipedia.org] ・随時血糖値 200 mg/dl あるいは75gOGTTで 2時間値 200 mg/dl の場合 ・確実な糖尿病網膜症が存在する場合 ・妊娠前にすでに診断されている糖尿病 (あるいは確実な糖尿病網膜症)のある人が、妊娠した場合 ※75gOGTTとは、ブドウ糖を溶かしたものを飲み、血糖値を測定する検査のこと。[women.benesse.ne.jp] 基準値より高い場合には妊娠糖尿病の疑いがあるため、内科を受診していただき、75g経口糖負荷試験を行って診断をしています。[asagiri-hp.or.jp]

  • 肝硬変

    が発行する限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の所得額の適用区分がエ又はオに該当する 70歳以上75歳未満 医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている 75歳以上 (※2) 後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている (※1)肝がん・重度肝硬変入院医療を適切に行うことができ、本事業[pref.aichi.jp] が発行する限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の所得額の適用区分がエ又はオに該当する方 70歳以上75歳未満 医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている方 75歳以上(注) 後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方 4.指定医療機関において肝がん・重度肝硬変による入院医療費が高額療養費[pref.tottori.lg.jp] 歳未満 医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている方 75歳以上(注) 後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方 (注)65歳以上75歳未満であって後期高齢者医療制度に加入している方のうち,後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方を含む。[pref.kagoshima.jp]

さらなる症状