Create issue ticket

考えれる3,144県の原因 75

結果を表示する: English

  • 頸動脈狭窄症

    頭蓋外頸動脈の閉塞性病変では50 75%と高頻度にTIAが生じる。NASCETで50 70%を超えると虚血性脳血管障害や眼の虚血症状を発症する危険性が高くなる。動脈解離では解離局所の痛みや解離部位の血管拡張による圧迫が原因で脳神経麻痺が起こることもある。[ja.wikipedia.org] […] cortical small infarctionやterritorial infactionは75%以下狭窄では生じにくい。頸動脈狭窄による発症は大部分が塞栓性機序とされているが、潜在的にはさまざま血行力学的な因子の影響を受けている可能性がある。[ja.wikipedia.org] 2004年にRothwellらはECSTとNASCETのサブグループ解析を行い男性、75歳以上、最終虚血発作から2週間以内がCEAの治療効果が高いという報告をした。CEAは発症後早ければ早いほど脳梗塞再発の予防効果が高いが合併症率も高くなり、遅く行えば合併症率は低くなるが予防効果も低くなる。[ja.wikipedia.org]

  • 酒さ

    日光 81% 精神的ストレス 79% 猛暑 75% 風 57% 激しい運動 56% アルコール52% 寒い天気 46% 香辛料 45% 特定の化粧品46% 熱い飲料 36% 担当は皮膚科である。 診断は発疹の典型的な外観に基づいて下され、特別な検査法はない。[ja.wikipedia.org]

  • 食中毒

    (中心温度75 で1分以上) 肉を調理する場合は、「生肉を扱う箸」(調理用の箸)と「焼けた肉を扱う箸」(食事用の箸)とを必ず分けましょう。 動物を触った後は、必ずせっけんを使用し、十分に手を洗いましょう。 バーベキューにおける食中毒・火傷に注意![city.matsudo.chiba.jp] 食中毒の原因菌は、75度以上の環境で1分以上経つとほとんどが不活化する。大きな食材では食材の中心が75度以上に1分以上ならなくてはいけない。例えば、厚さ3cm程度のハンバーグを焼く場合、中心温度が75度以上になるまでに9分近くかかるという実験結果もある。[ja.wikipedia.org] 食品は75度以上で1分以上、中心部までよく加熱しましょう。特に肉類、卵、魚介類は十分に加熱し、加熱済みの食品でも食べるときには再加熱するようにしましょう。 安全な食材を使う 消費期限を過ぎた食品は使用しないようにしましょう。 日ごろの健康管理にも配慮を 同じ食品を食べても食中毒を発症するかどうかはその人の健康状態に左右されます。[hospital.japanpost.jp]

  • 肺炎

    有病率は5%以下の児童と、75歳以上の成人が最大で、また先進国よりも途上国に5倍多い。肺炎発症者のうち、ウイルス性肺炎が2億人を占めている。 米国において肺炎は8番目の死因であった(2009年)。[ja.wikipedia.org] 病因 300を超える抗原が過敏性肺炎の誘因として同定されているが,そのうち農業,鳥,および汚染水によるものが症例の約75%を占める。抗原は一般的にタイプおよび職業によって分類される( 過敏性肺炎の例 );農夫肺はその基本型で,好熱性放線菌を含む干し草の塵埃を吸入することで引き起こされる。[msdmanuals.com]

  • 心房細動

    として1回150 mg (75 mgカプセルを2カプセル)を1日2回経口投与する。[prtimes.jp] また、症状の有無や発作性心房細動・持続性心房細動にかかわらず、 心不全 、 高血圧症 、 糖尿病 などの疾患があったり、75歳以上の人、過去に脳梗塞を起こしたことがある人は、心房細動によって 脳梗塞 を引き起こすリスクが高くなるため、血栓を予防する薬を飲むことも大切です。[saiseikai.or.jp] 自覚症状がなく、気づかないこともありますが、 75歳以上で心房細動だとわかったら、抗凝固薬を飲むなどして、脳梗塞予防に努めることが大切です 。 住吉 正孝(すみよし まさたか)先生 順天堂大学医学部附属練馬病院循環器内科教授。1981年岩手医科大学卒業。[kaigo-sodanshitsu.jp]

  • 横隔膜ヘルニア

    横隔膜ができあがるのは,妊娠2カ月半頃です.この頃は,お腹の外に一旦でていた腸がお腹の中に戻って来る時期で,穴から胸の中に腸が入り込むことになり ます.たくさんの腸が入り込むと穴のあいていない側の肺も圧迫され,肺の発達が両側とも障害され、生まれてからひどい呼吸困難を来すこととなります.横隔 膜にできる穴はどちらの側にも発生しますが,左側が75[jsps.gr.jp] 2011年に行われたわが国の全国調査では,新生児例全体の75%が生存退院し,重篤な合併奇形や染色体異常を伴わない本症単独例に限ると,84%が生存退院している 2)3) 。ことに,出生後24時間以降に発症する軽症例ではほぼ全例が救命されている。 残り4,333文字あります もっと見る 会員登録頂くことで利用範囲が広がります。[jmedj.co.jp] 5.予後 2011年に行われた全国調査では、新生児例全体の75%が生存退院し、重篤な合併奇形や染色体異常を伴わない本症単独例では、84%が生存退院している。[nanbyou.or.jp]

  • 肝硬変

    の住民税課税・非課税証明書 ※同一医療保険加入者 70歳以上75歳未満の方【所得区分が「低所得1 」または「低所得2 」の方】 本人の被保険者証のコピー 本人の高齢者受給者証のコピー 限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額認定証のコピー 本人の住民票 (抄本) 75歳以上の方【所得区分が「一般」の方】 (65歳以上75歳未満の後期高齢者医療制度[pref.ishikawa.lg.jp] が発行する限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の所得額の適用区分がエ又はオに該当する 70歳以上75歳未満 医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている 75歳以上 (※2) 後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている (※1)肝がん・重度肝硬変入院医療を適切に行うことができ、本事業[pref.aichi.jp] 肝がん・重度肝硬変の治療の研究に協力していただける 表1 年 齢 区 分 階 層 区 分 70歳未満 医療保険者が発行する限度額適用認定証、又は限度額適用・標準負担額認定証の所得額の適用区分が エ又はオ に該当する方 70歳以上75歳未満 医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が 2割 とされている方 75歳以上(注) 後期高齢者医療保険者証[pref.miyagi.jp]

  • 上気道感染症

    回以上:オッズ比(OR) 0.53; 95% 信頼区間(CI) 0.37〜0.76, P値 0.001, 質の低いエビデンス;エピソードが3回以上:OR 0.53; 95% CI 0.36〜0.80, P値 0.002,質の低いエビデンス)、急性URTIのエピソードの平均持続期間(平均差(MD) -1.89; 95% CI -2.03〜-1.75[cochrane.org] 臨床的な効果 も 微妙 【正】臨床的な効果 は 微妙 訂正頁:p167 訂正箇所:図1上のイラスト,外耳道軟骨部と外耳道骨部の中央の境界縦線の位置 【誤】 【正】 訂正頁:p182およびおまけシート 訂正箇所:小児急性鼻副鼻腔炎:抗菌薬処方Phase選択シート 【誤】CTRX 50 mg/kg/日 1日1回 点滴静注 【正】CTRX 50〜75[jmedj.co.jp] 男性60歳以上、女性75歳以上。 BUN21mg/dl以上、または脱水を認める。 SpO2 90%以下(PaO2 60mmHg以下)。 意識障害 収縮期血圧90mmHg以下 上記5項目のうち該当がなければ軽症、該当が1 2個ならば中等度、該当が3個ならば重症、該当が4 5個ならば超重症とする。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病

    血糖値の高さを確認する代表的な検査としては、 空腹時血糖値 ・ 75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT) ・ HbA1c の3つがあります。[dmic.ncgm.go.jp] 後日、病院で75g経口ブドウ糖負荷試験をしたところ、空腹時血糖値が110mg/dL、 2時間値が285mg/dL と高い値であり、糖尿病の診断となりました。 このように、75g経口ブドウ糖負荷検査2時間値(糖を飲んだ後、2時間の血糖値)が200mg/dL以上でも、やはり糖尿病型です。[dmic.ncgm.go.jp] 75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験) 糖尿病を最も確実に診断できる検査です。ただし、明らかに血糖値が高いことが推測される場合は、空腹時血糖または随時血糖を測定します。 早朝空腹時血糖値を測定後、75gのブドウ糖溶液を飲み、30分後、1時間後、2時間後の血糖値を測定します。 なお、糖尿病の診断には2時間後の血糖値を用います。[kyowa-kirin.co.jp]

  • 色素性乾皮症

    3歳までに、色素性乾皮症患者の約75%に色素斑などの皮膚症状が出現するが、大人になってから発症するものもいる。発症の早いものほど重症のA群が疑われ、皮膚がんも早く発生する。 特に合併の頻度の多い皮膚がんは基底細胞がん、有棘細胞がん、悪性黒色腫である。有棘細胞がんや悪性黒色腫は転移を起こしやすく、死亡率が高い。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状