Create issue ticket

考えれる1,125県の原因 7, macrotia, 虚血性心疾患

  • カルベジロール

    本態高血圧症 腎実質高血圧症 狭心症 疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全 主な副作用には めまい, 倦怠感, 低血圧, 喘息発作, 徐脈などがある。 米国での製品説明サイト Coreg CR official website[ja.wikipedia.org] それぞれの受容体阻害比率は、β1受容体遮断効力:β2受容体遮断効力 7:1 、α受容体遮断効力:β受容体遮断効力 1:8とされている。 本態性高血圧症 腎実質性高血圧症 狭心症 虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全 主な副作用には めまい, 倦怠感, 低血圧, 喘息発作, 徐脈などがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: macrotia
  • ビンクリスチン

    他に重大な副作用とされているものに、錯乱、昏睡、イレウス、消化管出血、消化管穿孔、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、アナフィラキシー、心筋、脳梗塞、難聴、呼吸困難・気管支痙攣、間質性肺炎(0.5%)、肝機能障害・黄疸(0.5%)がある。[ja.wikipedia.org] 主な副作用として、すべての抗がん剤に共通する骨髄抑制(汎血球減少(0.7%)、白血球減少(29.8%)、血小板減少(19.8%)、貧血(5.7%))、粘膜障害、脱毛のほか、末梢神経障害(神経麻痺、筋麻痺、痙攣等)(25.5%)がある。これは神経細胞において微小管輸送が重要だからだと考えられる。[ja.wikipedia.org]

    不足: macrotia
  • ジルベール症候群

    具体的に言うと、ビリルビン濃度が軽度(1.1mg/dLから2.7mg/dL)に上昇した患者では、疾患のリスクやその後の心疾患のリスクが対照に比べて低かった。[ja.wikipedia.org] 抄録 Gilbert症候群は軽症の遺伝性非抱合型高ビリルビン血症で, ビリルビンUDP-グルクロン酸転移酵素遺伝子 ( UGT1A1 ) の変異により生じる.まれな重症, 中等症のCrigler-Najjar症候群1型, II型と異なり, Gilbert症候群は人口の3 7%に存在するため, さまざまな血液疾患の3 7%にGilbert症候群[doi.org] ジルベール症候群と(TA)7/(TA)7遺伝子タイプとを有する患者で中程度に上昇したビリルビン値は、冠血管疾患と心血管疾患の両方において、(TA)6/(TA)6遺伝子タイプ(正常で変位を持たない遺伝子配座)を有する患者と比較して1/3のリスクを呈するにとどまっていた。[ja.wikipedia.org]

    不足: macrotia
  • ケタミン

    気管支拡張作用のため、気管支喘息を持つ患者にも比較的安全に使用できるが、脳血管障害、疾患、高血圧の患者にはあまり使用されない。呼吸抑制作用が弱く、患者は麻酔中でも自発呼吸を行うことが可能。呼吸抑制作用は少ないが分泌物が多くなるため注意が必要。ただし、大量では呼吸抑制が現れる。頭蓋内圧が上昇する。脳血流量が増加する。[ja.wikipedia.org] (藤井寛子) [日経産業新聞 6月7日付] 電子版トップ[nikkei.com] 2018年のシステマティックレビューは、1997年から2018年までの間に7研究を見つけ、ケタミンを使った治療によって、アルコールやヘロインやアヘンを含むオピオイドでの禁断率の上昇が認められ、2年まで追跡された研究であった。[ja.wikipedia.org]

    不足: macrotia
  • 心筋疾患

    情報提供者 研究班名 特発性心筋症に関する調査研究班 研究班名簿 情報更新日 平成2年2月10日(研究班名簿:平成30年4月更新)[nanbyou.or.jp] 通常は遺伝性であり、本症症例のおよそ7割が常染色体優性遺伝形式をとる遺伝子変異が原因である。拡張型心筋症と同様にミオシン、アクチン、トロポニン、トロポミオシンをはじめとするサルコメア蛋白質の遺伝子の突然変異が明らかにされている。[ja.wikipedia.org] HOME 病気の解説(一般利用者向け) 特発性拡張型心筋症(指定難病5) とくはつせいかくちょうがたしんきんしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.[nanbyou.or.jp]

    不足: macrotia
  • ロシグリタゾン

    7月13 14日に開催された米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会で、かねてから疾患のリスクが高いことが指摘されていたロシグリタゾン(商品名Avandia)の扱いが議論された。討論をふまえた委員33人の投票では「市場から引き上げるべき」は12票にとどまり、諮問委員会の結論としては販売続行を認める形となった。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp] 2010年7月14日、2日間の広範な審査の末、FDAのアバンディア委員会の投票結果は12票が製品回収、10票が添付文書改定および販売制限の上販売継続、7票が添付文書改定の上販売継続、3票が現状通り販売継続というものであった。[ja.wikipedia.org] 7月13 14日に開催された米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会で、かねてから虚血性心疾患のリスクが高いことが指摘されていたロシグリタゾン(商品名Avandia)の扱いが議論された。討論をふまえた委員33人の投票では「市場から引き上げるべき」は12票にとどまり、諮問委員会の結論としては販売続行を認める形となった。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: macrotia
  • セレコキシブ

    その他の心血管イベントとしては、セレコキシブ群では脳血管障害で1件、血栓症が1件認められた一方、ロキソプロフェン群では心不全、狭心症、心筋、心筋梗塞、脳出血で各1件ずつ認められ、わずかながら有意差(p 0.0442)をもってセレコキシブ群に心血管イベントの発現率が低かったことが示された。[ja.wikipedia.org] 結果 内視鏡による胃・十二指腸潰瘍発現率(主要評価項目)は、 セレコキシブ群 1.4%(1/74例) ロキソプロフェン群 27.6%(21/76例) プラセボ群 2.7%(1/37例)であった。[ja.wikipedia.org] また、トリフルオロメチル基やジフルオロメチル基が、ピラゾール3位に導入された場合、フルオロメチル基やメチル基よりも優れた選択性と阻害力を発揮する(Compound 6、7、8、9を参照)。 ピラゾールの4位は立体障害により大きく影響を受ける。すなわち、置換基のかさ高さが増大するほど阻害能は減少する。[ja.wikipedia.org]

    不足: macrotia
  • 悪性腫瘍

    -「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果- 私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・疾患・糖尿病などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。[epi.ncc.go.jp] 2010年12月7日 23:01 発信地:パリ/フランス [ ヨーロッパ フランス ] 【12月7日 AFP】アスピリン(アセチルサリチル酸)を服用することでさまざまな種類のがんによる死亡の危険性を大幅に減らすことができるとの研究が、7日の英医学専門誌「ランセット( The Lancet )」に発表された。[afpbb.com] 大津赤十字病院スタッフの放送は2011年7月3日(日)と7月31日(日)です. 放送は 日曜日 朝 8:50 8:56,夜 21:48 21:54 の2回と, 同じ週の 水曜夕 17:14 17:20,土曜夜22:45 22:51 にあります.[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

    不足: macrotia
  • 多発血管炎性肉芽腫症

    疾患(狭心症・心筋梗塞)、消化 管出血(吐血・下血)、胸膜炎 2.主要組織所見 ①E、L、Kの巨細胞を伴う壊死性肉芽腫性炎 ②免疫グロブリン沈着を伴わない壊死性半月体形成腎炎 ③小・細動脈の壊死性肉芽腫性血管炎 3.主要検査所見 Proteinase 3-ANCA(PR3-ANCA)(蛍光抗体法でcytoplasmic pattern[nanbyou.or.jp] 指定難病1 旧 有馬症候群 新 ジュベール症候群関連疾患 H30年8月15日 以下の病気の疾患名を変更し、解説を更新しました。 指定難病10 旧 全身型若年性特発性関節炎 新 若年性特発性関節炎 指定難病330 旧 先天性気管狭窄症 新 先天性気管狭窄症/先天性声門下狭窄症 H30年8月9日 以下の病気の解説を追加しました。[nanbyou.or.jp] Ann Rheum Dis 2007;66:222-7 治験情報の検索: 国立保健医療科学院 ※外部のサイトに飛びます。[nanbyou.or.jp]

    不足: macrotia
  • 頸動脈狭窄症

    急性期CEAが可能となった背景には術前後の血圧管理や出血予防ができるようになったこと、心筋の予知や管理ができるようになったこと、急性期CEAに不適な症例を除外できるようになったことなどの要因がある。特に不適な症例の除外が重要でありこれらは以下のようにまとめることができる。[ja.wikipedia.org] このデータでは低エコープラークでは周術期梗塞が7.1%でその他のプラークでは1.4%であった。症候性病変の多くは部分的にはT1強調画像で高信号を示し、低エコーを示すためこれらをすべて高危険として回避するとCASの適応はなくなってしまう。不安定プラークは決してCASの禁忌ではない。[ja.wikipedia.org] 面積狭窄率で50%を超える頸動脈狭窄症の頻度は男性で7.9%であり女性で1.3%であった。 アテローム硬化頸動脈狭窄症の原因のほとんどはアテローム硬化である。粥状硬化により動脈壁の内側に線維性肥厚、脂質沈着、線維性硬化巣、アテローム、さらに石灰沈着、潰瘍、血栓などの複合病変(プラーク)が形成され内腔が狭小化することが原因と考えられる。[ja.wikipedia.org]

    不足: macrotia

類似した症状