Create issue ticket

考えれる2,922県の原因 6b

結果を表示する: English

  • ヌーナン症候群

    のうち1項目以上を満たす場合 b.1Aと2B Bのうち2項目以上を満たす場合 c.1Bと、2A Aのうち2項目以上を満たす場合 d.1Bと、2B Bのうち3項目以上を満たす場合 確定診断されたヌーナン症候群 上記確実なヌーナン症候群の要件を満たし、 PTPN11 などのRAS/MAPKシグナル伝達経路のヌーナン症候群責任遺伝子群に変異[nanbyou.or.jp] パーセンタイル未満 4.胸郭 鳩胸/漏斗胸 広い胸郭 5.家族歴 第1度親近者に確実なヌーナン症候群の患者あり 第1度親近者にヌーナン症候群が疑われる患者あり 6.その他 次の全てを満たす(男性):精神遅滞、停留精巣、リンパ管形成異常 精神遅滞、停留精巣、リンパ管形成異常のうち1つ 診断のカテゴリー 確実なヌーナン症候群: a.1Aと、2A A[nanbyou.or.jp]

  • 口内炎

    栄養の偏り、特にビタミン2,12,ビタミンCの不足、睡眠不足、過労、お酒の飲み過ぎ、ストレス、不十分な歯磨き、月経不順、胃腸障害などです。 詳しくはかかりつけの歯科医院でおたずねください。 アフタ性口内炎 大型アフタ[ha-niigata.jp] 口内炎に効果がある栄養素2つ目はビタミンB6 皮膚や粘膜を修復する働きや、糖質・脂質・たんぱく質をエネルギーに変えて疲労を回復する働きがあります。ビタミンB6は腸内で作ることができるため通常は不足しにくい栄養素といわれていますが、口内炎や肌荒れが気になる人は積極的にとるようにするといいです。[reiroukai.or.jp] 特にビタミンB2、B6は粘膜の保護や新陳代謝を高める働きがあり、レバー・納豆・牛乳・サンマ・カツオ・鶏ささみ・バナナなどに含まれます。[nippo-yakuhin.jp]

  • 貧血

    ③造血成分といわれるビタミンB 12 (レバ-、魚の血合い、納豆など)、葉酸(緑黄色野菜など)ビタミン 6 (いわし、かれい、卵黄など)、銅(貝類、レバ-、ごまなど)などと一緒に取る。 食事中の緑茶や紅茶、コ-ヒ-などは控える これらに多く含まれるタンニンが鉄と結合して鉄の吸収を悪くします。[eiyou-chiba.or.jp] 赤血球の合成を助けるタンパク質、ビタミンB6B12、葉酸、セレンなどを補給する。 赤血球膜の過酸化予防として、ビタミンC・E、ポリフェノールなどの抗酸化剤を補給する。 各食品の鉄吸収率図 知る・楽しむ 健康科学研究所 研究&実験アーカイブ スポーツ科学・栄養 5-1.スポーツ性貧血とは[glico.co.jp] 【ポイント4】 いろいろな食品をバランスよく食べる ビタミンB2、B6B12、葉酸、ビタミンCなども造血や鉄の吸収にかかせません。これらを十分に摂るには、偏食せずに3食きちんと食べることが大切です。炭水化物だけでなく、おかずをしっかり食べましょう。[sawai.co.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    それらは葉酸塩、ビタミンB 6 、およびビタミンB 12 である(上記の図1参照)。[lpi.oregonstate.edu] Pernicious Anaemia: The Forgotten Disease - the causes and consequences of Vitamin B12 Deficiency. London: Hammersmith Press. ISBN 978-1-78161-004-6.[ja.wikipedia.org] ビタミンB12の一日の必要量は極めて少なく(2.6µg)程度とされる。ビタミンB12の正常な成人の必要量は1.0µg/日で、吸収率を50%として必要な摂取量は2.0µg/日である。摂取推奨量は、1.2を乗じて2.4µg/日である。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路疾患

    A prospective study of the intake of vitamin C and vitamin B6 and the risk of kidney stones in men. J Urol 1996;155:1847-51.[ja.wikipedia.org] Intake of vitamins B6 and C and risk of kidney stones in women. J Am Soc Nephrol 1999;10:840-5. Curhan GC, Willett WC, Rimm EB, Stampfer MJ.[ja.wikipedia.org]

  • 気管支炎

    6例)(9.2%)であった。PIV1型は2011年には年間を通して検出され、PIV2型は2010年(4件)と2012年(3件)に複数検出されている。[niid.go.jp] 新生児期にはB群連鎖球菌、大腸菌等の腸内細菌、 1 2歳では、多くのウイルス、肺炎球菌・インフルエンザ菌といった細菌が多いようです。[shionogi.co.jp] 国立感染症研究所のパラインフルエンザウイルス検査マニュアルおよびLamら3) によるRT-PCR法でPIV検出を実施した。ウイルス分離にはMDCK細胞を使用した。503検体中87例(17%)からPIVが分離・検出された。型別内訳はPIV1型47例(54%)、PIV2型8例(9.2%)、PIV3型24例(28%)、PIV4型8例(4A:2例、4B[niid.go.jp]

  • 外陰炎

    B6B12) エクオールサプリメント(エクエル) 予防接種(要予約) 小児の定期予防接種 任意予防接種(自費) インフルエンザワクチン 麻疹・風疹ワクチンなど[matsumotoc.org] ( B 2 、 B 6B 12 、 ナイアシン ) ビタミンA ビタミンC 亜鉛 Lカゼイシロタ株 ビフィズス菌 脚注 [ 編集 ] 関連項目 [ 編集 ] 膣炎 カンジダ カンジダ症 外部リンク [ 編集 ] 性器カンジダ症 京都府健康対策課 水野重光、 外陰・腟カンジダ症を巡つて 真菌と真菌症 18巻 (1977) 4号 p.422[ja.wikipedia.org] b) 時として30才前半の方、0代に入った方が「更年期障害かしら」と言って来院される時があります。 この年代の人は調べてみると、殆どが更年期障害ではありません。 症状に応じて適切なアドバイスが必要になります。 c) 但し、更年期障害の時は早くからの治療の方が効果が高いという調査があります。[kotoni-ladies.or.jp]

  • 急性気管支炎

    新生児期にはB群連鎖球菌、大腸菌等の腸内細菌、 1 2歳では、多くのウイルス、肺炎球菌・インフルエンザ菌といった細菌が多いようです。[shionogi.co.jp] 2 6歳では肺炎球菌・インフルエンザ菌、肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジアが多く、学童期以降では、肺炎球菌やインフル工ンザ菌が少なくなり、肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジアが主な原因とされ、抗菌薬を投与することが推奨されています *2 。 5.[shionogi.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    (実施例1)血中sCD14-ST測定系の作製 (1-1)ペルオキシダーゼ標識抗体の調製 サンドイッチELISA系を作製するため、国際公開第2004/044005号に記載のF110-13-3抗体をペルオキシダーゼで標識した。まずF110-13-3抗体をリシルエンドペプチダーゼ(和光純薬)で切断し、F(a’)2を調製した。[patents.google.com] […] patent/EP2711709B1/en active Active 2012-05-18 ES ES12785000.6T patent/ES2634458T3/es active Active 2012-05-18 MX MX2013013391A patent/MX352621B/es active IP Right Grant[patents.google.com] 反応終了後、0.05%Tween20を含む生理食塩水で5回洗浄し、2%ラット血清、1%マウス血清、0.1%Tween20を含むPBS(pH7.4)で0.25μg/mLに希釈したペルオキシダーゼで標識したF110-13-3F(a’)2抗体を各ウエルに50μL添加した。[patents.google.com]

  • ビタミンD欠乏症

    臨床意義文献 Tamaki J,et al:Osteoporos Int 28(6):1903 1913,2017.[test-guide.srl.info] ビタミンDの研究者数名による助言の一部を挙げると、少なくとも1週間に2回、午前10時から午後3時の間に5 30分程度、顔、腕、脚、あるいは背中に日焼け止めを塗付せず日光に当たることで十分なビタミンD合成が行われ、また、2 6%の紫外線B波を放射する市販の日焼け用マシーンを適度に使用するのも効果的である[ 6, 19 ]。[ejim.ncgg.go.jp] 関連項目 骨型酒石酸抵抗性酸性フォスファターゼ(TRACP-5b) Ⅰ型コラーゲン架橋 N-テロペプチド(NTx)(骨粗鬆症) デオキシピリジノリン(DPD)(骨粗鬆症) Ⅰ型プロコラーゲン-N-プロペプチド(total P1NP) 骨型アルカリフォスファターゼ(BAP) 低力ルボキシル化オステオカルシン(ucOC)[test-guide.srl.info]

さらなる症状