Create issue ticket

考えれる2,053県の原因 65

結果を表示する: Deutsch

  • 低血糖症

    65-70 mg/dLに低下すると、血糖値を上げるホルモンであるグルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始める。 約60-65 mg/dLに低下すると、3番目の血糖値を上げるホルモン、成長ホルモンが放出される。 最後に60 mg/dL以下になると、最後の血糖値を上げるホルモン、コルチゾールの分泌が亢進する。[ja.wikipedia.org]

  • メタボリックシンドローム

    腹囲をCRPに置換した提案(2006年) 改訂NCEP-ATPIIIの腹囲をCRP0.65 mg/L以上に置換したもの。 「自覚症状の緩和」ではなく、合併症予防に目標がおかれ、動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となり、脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となる。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    50歳未満ではほぼ除外でき、60歳未満でも稀で、65歳以上がほとんどである。リウマチ性多発筋痛症の痛みは股関節、腰痛、高頚部痛、肩関節周囲痛で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。腰痛では腰椎棘突起間滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)とは、脳が萎縮していく病気である。アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。「認知症」の部分は訳語において変化はないが、原語がDSM-IVでは Dementia であり、DSM-5では Major[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    細菌性市中肺炎の原因となる頻度としては肺炎球菌が最も多く、特に65歳以上では28.1 %を占めていた。また65歳以上ではクレブシエラなどのグラム陰性桿菌による肺炎も4.4 %ほどみられている。近年では肺炎球菌のペニシリン耐性化が進んでおりPISP/PRSPは2003年の調査では59.8 %にも及んだ。[ja.wikipedia.org]

  • 胆石疝痛

    アメリカでは、65歳以上の20%程度に胆石があるとされている。実際には、他の疾患のためエコーやCT、MRIなどの検査をされ、偶然発見された胆石は17年間のフォローアップ中、その8%にしか胆石関連疾患(胆のう炎や胆石嵌頓)を生じなかった。 胆石のできる場所によって正式には以下の通り称される。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎球菌性肺炎

    予後の評価方法として、PSI、CURB-65などが存在する。 PORT severity indexによる重症度分類: CURB-65による重症度判定:… 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 肺炎球菌性肺炎は、ペニシリン系薬剤によりほぼ治療可能である。[clinicalsup.jp] 肺炎は65歳以上の高齢者にとって健康を大きく損なう病気であるため、肺炎球菌予防接種はとても大切です。 平成30年度までの間は、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方が対象となり、平成31年度からは、接種日当日に65歳である方が対象となります。 定期接種の時期を逃さないように接種しましょう。[yuki.or.jp] (1)平成31 年度中に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる方 注記: 接種は該当年度の4月1日から3月31日の間であれば、誕生日を迎えていなくても受けることができます。[city.matsudo.chiba.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    この度の適応拡大により、肺炎球菌結合型ワクチンが日本で初めて65歳以上の方にも接種いただけるようになりました。[pfizer.co.jp] 接種対象年齢は65, 70, ...100歳と5歳区切りで指定されている。なお、過去にプレベナー13(下記参照)を接種したことがある場合でも、ニューモバックスNPを定期接種として受けることができる。[ja.wikipedia.org] 接種対象年齢は65, 70, ...100歳と5歳区切りで指定されている。なお、過去にプレベナー13(下記参照)を接種したことがある場合でも、ニューモバックスNPを定期接種として受けることができる [5] 。[ja.wikipedia.org]

  • 軽度の認知障害

    厚生労働省の発表によると、65歳以上の高齢者において、認知症患者の数は約462万人、MCIをもつ高齢者は約400万人と報告されています(2012年時点)。これらを合わせて約862万人となり、これは、高齢者全体の1/4の数、つまり、4人に1人は認知症もしくは軽度認知障害ということになります。[sodan.e-65.net]

  • リウマチ性多発筋痛症

    ESTIMATING PRETEST PROBABILITY 各症状の頻度 頭痛 65-80%、発熱 45-67%、動脈の異常 37-57%、眼症状 22-41%、 体重減少/食欲不振/倦怠感 20-79%、PMR 20-52%、Scalp tenderness 20-40%、 うつ症状 12-25%、jaw claudication 11[blog.livedoor.jp] 50歳未満ではほぼ除外でき、60歳未満でも稀で、65歳以上がほとんどである。リウマチ性多発筋痛症の痛みは股関節、腰痛、高頚部痛、肩関節周囲痛で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。腰痛では腰椎棘突起間滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状