Create issue ticket

考えれる3,081県の原因 65

結果を表示する: English

  • 低血糖症

    65-70 mg/dLに低下すると、血糖値を上げるホルモンであるグルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始める。 約60-65 mg/dLに低下すると、3番目の血糖値を上げるホルモン、成長ホルモンが放出される。 最後に60 mg/dL以下になると、最後の血糖値を上げるホルモン、コルチゾールの分泌が亢進する。[ja.wikipedia.org]

  • メタボリックシンドローム

    腹囲をCRPに置換した提案(2006年) 改訂NCEP-ATPIIIの腹囲をCRP0.65 mg/L以上に置換したもの。 「自覚症状の緩和」ではなく、合併症予防に目標がおかれ、動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となり、脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となる。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    50歳未満ではほぼ除外でき、60歳未満でも稀で、65歳以上がほとんどである。リウマチ性多発筋痛症の痛みは股関節、腰痛、高頚部痛、肩関節周囲痛で起こる。滑液包炎との関連がしめされている。具体的には股関節痛では転子部滑液包炎や恥腸滑液包炎、坐骨結節部滑液包炎が関与する。腰痛では腰椎棘突起間滑液包炎が関与する。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎球菌性肺炎

    予後の評価方法として、PSI、CURB-65などが存在する。 PORT severity indexによる重症度分類: CURB-65による重症度判定:… 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 肺炎球菌性肺炎は、ペニシリン系薬剤によりほぼ治療可能である。[clinicalsup.jp] 喀痰塗抹(Gram) 65歳男性、発熱、呼吸困難[info.fujita-hu.ac.jp] CAPiTA試験について 本試験は、成人を対象とした最大規模の無作為化プラセボ対照二重盲検、のワクチン有効性評価試験のひとつで、65歳以上の成人およそ85,000名が被験者として参加しました。[pfizer.co.jp]

  • アルツハイマー病

    米国では現在、65秒に1人がアルツハイマー病を発症している。今世紀半ばまでには、33秒に1人にまで加速する見込みだという。 米アルツハイマー病協会によれば、同国のアルツハイマー病患者数は現在、推計570万人だ。このうちおよそ550万人が65歳以上、約20万人が65歳未満(若年性アルツハイマー病)となっている。[forbesjapan.com] 65歳以上の10人に1人がアルツハイマー型認知症を患っている ・ 病患者の3分の2近くが女性 ・ アルツハイマー病その他の認知症を発症する可能性は高齢の白人と比べて、アフリカ系がおよそ2倍、ヒスパニック系がおよそ1.5倍高くなっている ・ 米国の死因の第6位は、アルツハイマー病となっている(65歳以上では第5位) ・ 死亡証明書に記載された[forbesjapan.com] ・ 介護者の3人に1人(34%)が65歳以上 ・ 介護者のおよそ3分の2が女性 ・ 認知症の要介護者のうち3分の1以上は、娘が介護者となっている ・ 認知症の要介護者の世話をしている人の4分の1程度が「サンドイッチ世代」。高齢の親の介護と18歳未満の子どもの世話をしている[forbesjapan.com]

  • 本態性振戦

    有病率は報告によってばらつきがみられるが、およそ人口の2.5 10%とされている 高齢者に多い(40歳以上では4%、65歳以上では5 14%以上) 明確な神経障害や病変があるものを除外するため、本態性振戦の病因は明らかなものは存在しない。[ja.wikipedia.org] 40歳以上では4% 1) 、65歳以上では5 14% 2)3) が本態性振戦の患者であるといわれています。普通、年齢とともに少しずつ悪くなっていきますが、体中がふるえてどうにもならなくなるようなことは、まずありません。[kanja.ds-pharma.jp] 本態性振戦は、高齢者に多くみられ,40歳以上では4% 65歳以上では15%以上あるといわれています。また10 30歳台にも見られ、長期的にふるえが悪化する可能性があります。 本態性振戦は、ふるえの症状の重症度により、治療が異なります。軽度で、日常生活動作に及ぼす支障が軽微な場合には内服加療や経過観察が行われます。[twmu.ac.jp]

  • 心身障害

    65歳以上75歳未満の方の場合は、これまで加入していた健康保険か後期高齢者医療保険のどちらかを選択していただくことになります。後期高齢者医療を選択しない場合は助成金の額が総医療費の1割に相当する額となります。また、65歳より前から受給している方が65歳の誕生日を迎えた場合も同様です。[city.ohtawara.tochigi.jp] ただし、申込時において64歳であった方が申込承認時(4月1日又は5月1日)において65歳になる場合は、3月31日までに札幌市へ申込書が提出された場合に限り、65歳未満である(加入要件を満たす)とみなします。[city.sapporo.jp] また、65歳を迎えて後期高齢者医療制度に加入されている場合、精神病床への入院費用も助成対象となります。[city.kawaguchi.lg.jp]

  • インフルエンザ肺炎

    65歳以上の高齢者で4価インフルエンザワクチンと23価型肺炎球菌ワクチンの同時接種の免疫原性に関する報告はなかったので、今回、世界で初めての報告になりました。[kameda.com] 65歳以上の方で、ご希望の方はご予約ください。 インフルエンザワクチン (任意接種) 費用:3,100円 インフルエンザワクチンの予約受付の開始時期につきましては、最新情報とお知らせ欄にてお知らせさせていただきます。 65歳以上の方で、ご希望の方はご予約ください。[kato-cl.jp] 歳以下の症例が全体の39%あり,死亡8例中の3例は65歳以下であった.ノイラミニダーゼ阻害薬投与群の死亡率は4.9%,非投与群14.3%であった.症例数が少なく,非対照試験であったため,インフルエンザ肺炎に対するノイラミニダーゼ阻害薬の有効性は証明されなかった.[journal.kyorin.co.jp]

  • 胆石疝痛

    アメリカでは、65歳以上の20%程度に胆石があるとされている。実際には、他の疾患のためエコーやCT、MRIなどの検査をされ、偶然発見された胆石は17年間のフォローアップ中、その8%にしか胆石関連疾患(胆のう炎や胆石嵌頓)を生じなかった。 胆石のできる場所によって正式には以下の通り称される。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    細菌性市中肺炎の原因となる頻度としては肺炎球菌が最も多く、特に65歳以上では28.1 %を占めていた。また65歳以上ではクレブシエラなどのグラム陰性桿菌による肺炎も4.4 %ほどみられている。近年では肺炎球菌のペニシリン耐性化が進んでおりPISP/PRSPは2003年の調査では59.8 %にも及んだ。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状